現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アメリカ大統領までが「美しい」だと! 習近平主席がアメリカに持ち込んだ紅旗N701は大統領車ビーストを超えたのか?

ここから本文です

アメリカ大統領までが「美しい」だと! 習近平主席がアメリカに持ち込んだ紅旗N701は大統領車ビーストを超えたのか?

掲載 20
アメリカ大統領までが「美しい」だと! 習近平主席がアメリカに持ち込んだ紅旗N701は大統領車ビーストを超えたのか?

 アメリカでAPEC首脳会議が行われたが、ベストカー的に注目したいのが、習主席が乗ってきたクルマ。わざわざ中国から運んだ車両なのだが、なんとバイデン大統領までが「美しい」とほめたたえたほどなのだ。一体どんなクルマなのか調べてみた!

文/ベストカーWeb編集部、写真/紅旗、Wikipedia(@Creative Commons)

アメリカ大統領までが「美しい」だと! 習近平主席がアメリカに持ち込んだ紅旗N701は大統領車ビーストを超えたのか?

■ロールスのデザイナーをヘッドハンティング!

紅旗の個人向け高級車「H9」

 近年、中国車といえばBYDや吉利が話題だが、要人向け車両となると紅旗の独壇場だ。紅旗とは1958年に創立された第一汽車(創業を指導したのは毛沢東!)の高級車ブランドだが、長く中国公人が乗るクルマを手がけてきた。

 そんな紅旗は、2018年にロールス・ロイスでファントムなどを手がけたチーフデザイナー、ジャイルズ・テーラー氏を引き抜き、紅旗の設計責任者(第一汽車副社長も兼務)に抜擢するなど新たな体制作りも進めている。2021年には大阪に日本初のショールームを出店したことを記憶している読者もいるだろう。

 紅旗のラインナップだが、現在は「L」「H」「Q」という3つのシリーズに大別できる。Hはパーソナルユースの高級車、Qはライドシェアなどを見据えた業務用途といった位置づけだが、なんといっても紅旗の顔といえば、公用車部門を担う「L」シリーズだ。

 Lシリーズは、1958年に誕生した紅旗の第1号車「CA72」を源流とするシリーズだが、現在はその地位をL5という大型セダンが担っている。L5のデビューは2014年で、CAシリーズの伝統とも縦スリットグリルや丸型ヘッドランプを継承したクラシカルなモデルだ。

[articlelink]

■顔つきが古めかしいL5とは違う!

一般には市販されない紅旗のフラッグシップL5

 今回、サンフランシスコで開かれたAPEC首脳会議に持ち込まれたのは、このL5をベースとした特別車両「N701」だという。

 N701の詳細は公開されていないのだが、海外メディアの報道によれば、全長は約5.4m、車重3.1トンで6LのV型12気筒エンジンを搭載するといわれている。

 防弾・防爆仕様の装甲装備車両としては軽すぎるので、この数値はオリジナルの L5のものかもしれないが(※米大統領専用車のビーストは約8トン)、ともかく中国が威信をかけて作ったクルマであることは確かだ。

 N701がL5ともっとも異なっているのはフロントマスク。50年前を思わせるようなL5の古典的な顔は大きくアレンジされ、前段でパーソナルユースと書いたHシリーズのフラッグシップ「H9」に近い顔付きが採用されているのだ。この辺りはロールスのファントムを手がけたテーラー氏が存分に腕を揮ったものと推察する。

 11月15日に行われた米バイデン大統領と習近平国家主席の首脳会談の後、大統領は習主席を見送ってクルマ寄せに停まってるN701に近づき、「Beautiful Vehicle!(美しいクルマだ)」とつぶやいた。

 対して習主席は「中国で作った紅旗です」と紹介したのだが、バイデン大統領が室内を興味深そうにのぞき込み、「私のキャデラックみたいだ。みんなはビーストって呼んでるけれど」と話す姿は、クルマ好きの心にも触れる一瞬だった。

 ひょっとしたら、中国製のEVが世界へ進出しようとしている現在を象徴するシーンとして、後に語り伝えられるかもしれない。

こんな記事も読まれています

叫べ「ブンブンジャー」!! 新戦隊シリーズ『爆上戦隊ブンブンジャー』に車両協力 そのクルマは“ミツオカ”だ!
叫べ「ブンブンジャー」!! 新戦隊シリーズ『爆上戦隊ブンブンジャー』に車両協力 そのクルマは“ミツオカ”だ!
乗りものニュース
トヨタ商用バンの「スゴいデッキ仕様」登場! 「実は200系です」 斬新デザインの正体とは
トヨタ商用バンの「スゴいデッキ仕様」登場! 「実は200系です」 斬新デザインの正体とは
くるまのニュース
電動キックボードって"特定小型原付"だけど、2人乗りしたらダメなの?
電動キックボードって"特定小型原付"だけど、2人乗りしたらダメなの?
バイクのニュース
ワークこだわりの最新ホイールとは? びっくりするほど細かいデザイン処理が施されていました
ワークこだわりの最新ホイールとは? びっくりするほど細かいデザイン処理が施されていました
Auto Messe Web
メルセデスのサスペンションは”動く”ぞ! 7本目のアームの正体は、セットアップの幅を広げる秘策
メルセデスのサスペンションは”動く”ぞ! 7本目のアームの正体は、セットアップの幅を広げる秘策
motorsport.com 日本版
昔はターボエンジン=悪燃費じゃなかった!? 最近NAよりもターボのほうが「低燃費」となったワケ
昔はターボエンジン=悪燃費じゃなかった!? 最近NAよりもターボのほうが「低燃費」となったワケ
WEB CARTOP
WEC開幕、王者トヨタはマシンカラーリングを一新して6シーズン連続ダブルタイトル獲得に挑む【2024 WEC プレビュー】
WEC開幕、王者トヨタはマシンカラーリングを一新して6シーズン連続ダブルタイトル獲得に挑む【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施
より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
MotoGPが予定する2027年のルール改定、新メーカー呼び込むチャンスに? アプリリアは”業界のため”なら空力制限も受け入れ姿勢
MotoGPが予定する2027年のルール改定、新メーカー呼び込むチャンスに? アプリリアは”業界のため”なら空力制限も受け入れ姿勢
motorsport.com 日本版
日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
「えっ…!」クルマでしか行けない「混浴大浴場」ドコ? 雪深い「酸ヶ湯温泉」 冬にあえて行く「雪景色ドライブ」の魅力は?
「えっ…!」クルマでしか行けない「混浴大浴場」ドコ? 雪深い「酸ヶ湯温泉」 冬にあえて行く「雪景色ドライブ」の魅力は?
くるまのニュース
ベントレー日本登場60周年! 10台限定の特別なクルマ 新型「アズール ニンバスコレクション」日本初公開
ベントレー日本登場60周年! 10台限定の特別なクルマ 新型「アズール ニンバスコレクション」日本初公開
VAGUE
さらにマニアックにサスセッティングを行いたい人必見! モータースポーツ総合エンターテイナーの濱原颯道がサスペンションの油面とオイルとローフリクションを徹底解説
さらにマニアックにサスセッティングを行いたい人必見! モータースポーツ総合エンターテイナーの濱原颯道がサスペンションの油面とオイルとローフリクションを徹底解説
バイクのニュース
やります!「MAZDA FAN FESTA」、第1弾は4月にSUGOで開催
やります!「MAZDA FAN FESTA」、第1弾は4月にSUGOで開催
レスポンス
【デグナー】から2024年春夏の新作!新デザインのMA-1タイプ、ブラウンのレザーパンツ、フード付きのレザージャケットなど  
【デグナー】から2024年春夏の新作!新デザインのMA-1タイプ、ブラウンのレザーパンツ、フード付きのレザージャケットなど  
モーサイ
アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力
アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力
ベストカーWeb
雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】
雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】
Auto Messe Web
60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要
60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

20件
  • kat********
    会談相手がわざわざ自国から持ち込んで見せてくれた車に対して酷いこと言う訳ないじゃん。
    リップサービスか本心かは知らんが。
  • 葛葉恭次
    欧州車は成功者とかほざいてたアホがいたけど…

    中国要人もやっぱり自国の国産車なんだ☆
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

5680.06780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.07700.0万円

中古車を検索
ファントムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

5680.06780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.07700.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村