現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった

ここから本文です

市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった

掲載 20
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった

 この記事をまとめると

■輸入車ではルーフが低いワゴンを「シューティングブレーク」と呼ぶことがある

特殊なクルマ? 明確な定義がない? 輸入車でしか聞かない「シューティングブレーク」とは

■コンセプトは貴族が狩りに出かけるときに乗るためのクルマだった

■トヨタ86にはかつて「86シューティングブレーク」というモデルが存在した

 シューティングブレークってなに?

 多くのクルマ好きは、スポーツカーやファミリーカー、ショーファーカーのように用途によってクルマを区別することが多い印象もあるが、クルマのスタイルで識別する専門用語も存在している。たとえば、コンパクトなベーシックカーに多い「ハッチバック」といえば、トヨタ・ヤリスやVWゴルフといったモデルが代表格だ。

 ほかにも、ショーファーカーに使われるような、独立したトランクを持つ4ドアのクルマは「セダン」といわれるし、同じようにトランクを有していても2ドアの場合は「クーペ」と呼ばれることが多い。また、セダンをベースにリヤまわりをハッチバック的なスタイルとして多くの荷物を載せられるようにすると「ステーションワゴン」と呼ばれたりする。

 ただし、こうした分類は明確な基準が存在するわけではない。4ドアセダンであっても、ルーフを低くしたフォルムを持つ場合は「4ドアクーペ」と区別されることも増えてきている。

 同様に、ルーフを低めるなどスタイリッシュ方向にデザインされたステーションワゴンについては「シューティングブレーク」という呼び名で区別されることが多い。メルセデスベンツCLAやVWアルテオンといったドイツ車には、シューティングブレークと名付けられたバリエーションがラインアップされているのは、ご存じのとおりだ。

 ただし、アストンマーティンやジャガーといったプレミアムクーペをベースにしたシューティングブレークが生み出された1960年代においては、2ドアクーペのボディ後半をワゴン的に変更した3ドアボディを指すものだった。車種選定からも想像できるように、貴族文化が残るイギリス社会において、まさに貴族が狩りに出かけるときに乗るためのクルマがシューティングブレークだったのだ。

 プレミアムなクーペ的なスタイリングを崩さず、なおかつ走行性能もスポイルしないまま、ラゲッジスペースを拡大するというシューティングブレークは、まさに余裕を感じさせる贅沢なジャンルとなった。

 そして、このスタイリングにおいてはルーフが延長されることで、後席スペースが広くなるという嬉しい副産物もあった。

 市販化の可能性を匂わせた1台

 そうしたメリットに注目して生まれたのが、ここで紹介する「86シューティングブレーク」。初代86をベースに2016年に生まれたプロトタイプではあるが、国産モデルとして、おそらく唯一「シューティングブレーク」と名乗ったモデルだ。

 アイディアを思い付いたのはオーストラリアのデザインスタジオだという。彼の地においてもトヨタのスポーツクーペ「86」は人気を集めていたが、立派な体躯のオージーにとっては、いかんせん後席が狭すぎるという評価だったという。

 そこでスタイリングを崩さずに後席スペースを拡大できる手はないか……と考えた末、前述したシューティングブレークの副産物的メリットを利用するというアイディアにつながったという。

 残念ながら、この86シューティングブレークはプロトタイプ止まりで終わってしまったが、テールゲートはレクサスCTのそれを利用するなど非常に現実的なアプローチによって作られていたことで、量産への期待を高めたのも事実。

 リヤまわりのボディが拡大したことで車両重量は増えてしまっているのだが、重量増の多くが後軸にかかるということもあり、トラクション性能が増していたという高評価も伝え聞くところ。

 SUVやミニバンが当たり前のなかで育ってきたドライバーからは「クーペはスポーティなのかもしれないけれど、荷物が積めないクルマ」と低評価を受けがちだが、シューティングブレークであれば、そうしたネガは解消される。GR86の次期モデルでは、こうしたバリエーションも含めて進化することを期待したい。

こんな記事も読まれています

なぜ人気なのか……? まだまだ続くの? いまさら聞けないSUVブーム!
なぜ人気なのか……? まだまだ続くの? いまさら聞けないSUVブーム!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
WEB CARTOP
アルピーヌ初のBEVモデル「A290」の実車を確認! 手の内に入りそうなスペックはまさに次世代ホットハッチ!!
アルピーヌ初のBEVモデル「A290」の実車を確認! 手の内に入りそうなスペックはまさに次世代ホットハッチ!!
WEB CARTOP
マツダ6の復活にワクワクしかない! 北京で公開された「EZ-6」の衝撃的なカッコ良さをデザインのプロが分析!!
マツダ6の復活にワクワクしかない! 北京で公開された「EZ-6」の衝撃的なカッコ良さをデザインのプロが分析!!
WEB CARTOP
アメリカンマッスルまでEV化かよ……でもじつはローパワーFFなんて世代もあった「ダッジ・チャージャー」の歴史を振り返る
アメリカンマッスルまでEV化かよ……でもじつはローパワーFFなんて世代もあった「ダッジ・チャージャー」の歴史を振り返る
WEB CARTOP
ハンドリング 乗り心地 ダウンサイジング 過給エンジン……日本車が越えられないと言われ続けてきた「壁」
ハンドリング 乗り心地 ダウンサイジング 過給エンジン……日本車が越えられないと言われ続けてきた「壁」
ベストカーWeb
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
WEB CARTOP
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
くるまのニュース
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
スペーシアが5月の新車販売でトップに! N-BOXの首位陥落の理由は「ダイハツの不正問題」と「WR-Vの好調」にあり
スペーシアが5月の新車販売でトップに! N-BOXの首位陥落の理由は「ダイハツの不正問題」と「WR-Vの好調」にあり
WEB CARTOP
マツダ新型「ステーションワゴン」!? 美麗スタイルで「マツダ6ワゴン」復活? 待望の「EZ-6ワゴン」予想CGに期待高まる
マツダ新型「ステーションワゴン」!? 美麗スタイルで「マツダ6ワゴン」復活? 待望の「EZ-6ワゴン」予想CGに期待高まる
くるまのニュース
アウディRS6やフェラーリ599は買い時? 今なら半額!な有能「中古」モデル(2) 高速ワゴン/スーパーカー編
アウディRS6やフェラーリ599は買い時? 今なら半額!な有能「中古」モデル(2) 高速ワゴン/スーパーカー編
AUTOCAR JAPAN
新型フリードに乗ったらシートもラゲッジも格段に進化! 価値は室内空間にアリ!!
新型フリードに乗ったらシートもラゲッジも格段に進化! 価値は室内空間にアリ!!
WEB CARTOP
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
WEB CARTOP
2024年版 欧州の「格安車」 10選 装備や性能は? 新車で買える最新モデル
2024年版 欧州の「格安車」 10選 装備や性能は? 新車で買える最新モデル
AUTOCAR JAPAN
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」買うなら年収はいくら必要? 価格未公表の「超人気モデル」を手に入れるために“お金よりも必要なもの”とは?
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」買うなら年収はいくら必要? 価格未公表の「超人気モデル」を手に入れるために“お金よりも必要なもの”とは?
VAGUE
今見ても美しい!! 5ドアクーペルックのBMW3シリーズ320iグランツーリスモ試乗プレイバック
今見ても美しい!! 5ドアクーペルックのBMW3シリーズ320iグランツーリスモ試乗プレイバック
ベストカーWeb
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

20件
  • まっつん
    アルテッツァジータで爆死してるからなあ
  • mrf********
    ホンダにもあったよね? シューティングブレーク。
    アコードエアロデッキだっけ。 2ドアのワゴンが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.9847.8万円

中古車を検索
86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.9847.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村