現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ ZR-Vのスポーティさを昇華&新型N-BOX/N-BOXカスタム用パーツが「無限」から登場! 体験してみた

ここから本文です

ホンダ ZR-Vのスポーティさを昇華&新型N-BOX/N-BOXカスタム用パーツが「無限」から登場! 体験してみた

掲載 10
ホンダ ZR-Vのスポーティさを昇華&新型N-BOX/N-BOXカスタム用パーツが「無限」から登場! 体験してみた

■スポーティさを高めたZR-V無限パーツ装着車

 毎年恒例となっているワークスチューニンググループ合同試乗会が、モビリティリゾートもてぎ(栃木県茂木町)を会場に開催されました。これは自動車メーカーとの関わりが深いワークスチューニングメーカーが一堂に会するもので、今回は無限、TRD、NISMO、STIの4メーカーが参加しました。

「ヴェゼルよりイケてる!」ホンダ新型SUV「N7X」に「カッコ良い」の声多数!

 自動車メーカーとの関係性が深いだけあり、発売直後のモデルに対応するアイテムをいち早くリリースできるだけでなく、老若男女が乗ることを想定して自動車メーカーがあえてマイルドな特性としていた部分や、コストの関係で手を入れられなかった部分など、コアな部分をフォローしてくれているのもワークスチューニングメーカーならではと言えるでしょう。

 今回は、ホンダ車のカスタムパーツなどを開発・製造する無限(M-TEC)が手掛けた車両を紹介していきます。

 ホンダワークスとして長い歴史を誇る無限は、2023年7月に発売して以来、好調な販売を続けているクロスオーバーSUVのZR-Vと、10月に発売したばかりの新型N-BOX/N-BOXカスタムの3台を用意しました。

 ZR-Vには無限らしいスポーティさを高めるこだわりを込めたフロント、サイド、リアのスポイラーが装着されており、テールゲート上部にはガーニーフラップが装着されていますが、これはエアロパーツを装着した状態での前後バランスを考え、ダウンフォースを発生させることでリアの接地感を向上させるものとなっているとのことです。

 また今回の車両には純正と比較して1インチアップとなる19インチの「MDC」ホイールや、4本出しのスタイルがスポーティなスポーツエキゾーストシステム(Zグレードのガソリン車およびハイブリッド車用)、パフォーマンスダンパーなどの機能パーツも装着されていました。

 試乗は大雨の中のサーキットコースで、クロスオーバーSUVであるためそこまで期待せずにコースインしたのですが、いい意味で期待を裏切られる結果に。

 元々走りの質感やポテンシャルの高さが評価されているZR-Vではありますが、ところどころコースに川が流れるほどの悪天候の中でも非常に安定した走りを見せ、コーナリング中もステアリングを切ったらそのまま修正も不要という正確なハンドリングを見せてくれました。

 これは走行時に車体へ発生する振動を吸収し、不快な微振動や走行ノイズを低減することによって快適性と操縦安定性を向上させるパフォーマンスダンパーが効いていると思われ、前後セットで14万3000円(税込み)という価格ながら、マストで装着したいアイテムのひとつと言えるでしょう。

■ほかのN-BOXと差別化を図りたいと考えるユーザーに最適な新型N-BOX無限パーツ装着車

 続いては新型が登場したばかりのN-BOX/N-BOXカスタムの無限パーツ装着車をチェック。新型はフロントバンパーの下部の形状が標準車とカスタムで同じだったということで、フロント用はロアスポイラーとアンダースポイラーの2種類を用意(今回は標準車にロアスポイラー、カスタムにアンダースポイラーを装着)。

 さらにサイドスポイラーやグリルガーニッシュ、カスタム専用のリアアンダースポイラー、テールゲートスポイラーロアガーニッシュに、デカール類など、幅広いアイテムを用意したほか、MDYアルミホイールは新色の「ブラッククリアミラーフェイス」を追加しています。

 日本で一番売れている車種だけに、ほかのN-BOXと差別化を図りたいと考えるユーザーも少なくないため、どれかひとつのアイテムをチョイスするだけでも変わったことが一目でわかるようなデザインとなっており、装着車の印象はノーマルとは大きく変わるものとなっていました。

 またN-BOXカスタムには、ZR-Vにも装着されていたパフォーマンスダンパーの試作品が装着されており、サーキット内の周遊路で乗ってみたところ、明らかにフロアに伝わる微振動が低減され、ハンドリングが良好になっていることが感じ取れました。

 もともと新型となって乗り心地が大きく向上したことが評価されているN-BOXではありますが、パフォーマンスダンパーを装着することでその長所がさらに伸ばされている印象で、予定されている2023年度中の発売が待ち遠しい逸品となっています。

関連タグ

こんな記事も読まれています

2030年には、5兆円規模のマーケットになる可能性大! トヨタが狙う「水素で未来をかえていく」取り組みとは?
2030年には、5兆円規模のマーケットになる可能性大! トヨタが狙う「水素で未来をかえていく」取り組みとは?
月刊自家用車WEB
日産、自動運転モビリティサービスを2027年度から開始へ…土井常務「気軽に移動できるどこでもドア目指す」
日産、自動運転モビリティサービスを2027年度から開始へ…土井常務「気軽に移動できるどこでもドア目指す」
レスポンス
新しいホンダのアフリカツインが登場した!
新しいホンダのアフリカツインが登場した!
GQ JAPAN
ヒョンデ モビリティ ジャパンが、コナとアイオニック5の試乗会を2024年3月2日(土)より6都道府県で順次開催
ヒョンデ モビリティ ジャパンが、コナとアイオニック5の試乗会を2024年3月2日(土)より6都道府県で順次開催
Webモーターマガジン
フェラーリ、昨年苦しんだ”風の問題”で大きく前進? ルクレール「レッドブルは強いけど、僕たちも昨年よりずっと強くなっている」
フェラーリ、昨年苦しんだ”風の問題”で大きく前進? ルクレール「レッドブルは強いけど、僕たちも昨年よりずっと強くなっている」
motorsport.com 日本版
【ロイヤルエンフィールド】 大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
【ロイヤルエンフィールド】 大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
バイクブロス
スズキ「新型ジムニー」2024年登場なるか? スクエアデザイン×「5連グリル」の“新モデル”投入を示唆 欧州登場の新型EVに期待
スズキ「新型ジムニー」2024年登場なるか? スクエアデザイン×「5連グリル」の“新モデル”投入を示唆 欧州登場の新型EVに期待
くるまのニュース
オールブラックがカッコいい&美しいー!!! XC60プラグインハイブリッドモデル特別仕様車「Black Edition」参上!!!
オールブラックがカッコいい&美しいー!!! XC60プラグインハイブリッドモデル特別仕様車「Black Edition」参上!!!
ベストカーWeb
日産「レパード」といえば『あぶない刑事』! 「パトランプを常備」する全国から集まったファンの情熱に脱帽でした
日産「レパード」といえば『あぶない刑事』! 「パトランプを常備」する全国から集まったファンの情熱に脱帽でした
Auto Messe Web
黄色すぎるトヨタ新「ハイエース」初公開! 丸目2灯が印象的! 走るスタジオの正体は? ハイエーサーって誰?
黄色すぎるトヨタ新「ハイエース」初公開! 丸目2灯が印象的! 走るスタジオの正体は? ハイエーサーって誰?
くるまのニュース
5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
レスポンス
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
LE VOLANT CARSMEET WEB
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

10件
  • che********
    試乗記になってますが、ライターは記名してほしいです。
    編集部なら編集部でよいので
  • m_k********
    無限も軽と腰高SUVしか対象車がなければやる気スイッチ入らんだろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.9434.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

243.7423.0万円

中古車を検索
ZR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.9434.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

243.7423.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村