現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 80年代のスバル「ドミンゴ」のパッケージがいま欲しい! 国産初の「7人乗り」1リッターワンボックスワゴンでした【カタログは語る】

ここから本文です

80年代のスバル「ドミンゴ」のパッケージがいま欲しい! 国産初の「7人乗り」1リッターワンボックスワゴンでした【カタログは語る】

掲載 10
80年代のスバル「ドミンゴ」のパッケージがいま欲しい! 国産初の「7人乗り」1リッターワンボックスワゴンでした【カタログは語る】

リッタカークラスのワンボックスでは唯一の存在だった

「スバル ドミンゴはどうでしょう?」 と編集部からなかなか渋いリクエストをいただいた。早速、2004年7月に発行された『富士重工業50年史』の資料編を引っ張り出して改めて調べてみると、(当然のことだが)載っていた。

今なら爆売れ間違いなしの「車中泊キャンパー」を知ってる? スバル「ドミンゴ アラジン」の先取り過ぎた装備とは

国産初の7人乗り1Lワンボックスワゴンとして開発

同書のドミンゴの箇所にはコンパクトな年表も載っていたので転記しておくと、

1983年10月 発売 1986年6月 1.2L発売 1986年8月 GX発売(フルタイム4WD) 1988年2月 フルタイムフリーランニング式4WD発売 1994年6月 フルモデルチェンジ実施 1996年4月 アラジン発売

とあった。ちなみに国内販売台数は11万8029台、国内生産台数は17万8317台。車名の由来はスペイン語で「日曜日」の意。「楽しい日曜日のための車」の意を込めたネーミングとも書かれている。

このドミンゴだが、「国産初の7人乗り1Lワンボックスワゴン」として企画されたクルマだった。冒頭で「なかなか渋い」などとドミンゴに失礼な表現をしてしまったが、クルマとしては、当時のリッターカークラスのワンボックスワゴンでは唯一の存在として、なかなかどころか、かなり貴重なクルマでもあった。

サンバー トライをベースに作られたドミンゴ

クルマの成り立ちそのものは、当時の軽ワンボックスワゴンの「サンバー トライ」をベースに作られたモデル。参考までにドミンゴとサンバートライの足まわりのスペックを比べてみると、ホイールベースは1805mmと同じで、トレッドもドミンゴが4WD車/2WD車共通で前後とも1210mmなのに対し、サンバートライは4WD車で前後とも1205mm、2WD車で前後とも1215mm。タイヤがラジアルかクロスプライかの違いなどはあるものの、基本的には共通となっている。

搭載エンジンは水冷直列3気筒1L(997cc)の新開発ユニットEF10型。4サイクルのバランサーシャフト付きSOHCは、軽量コンパクトで静粛性が高く低燃費が特徴となっており、翌年登場の「ジャスティ」にも搭載された。もちろん56ps/8.5kgmの動力性能は軽のサンバー トライ(28ps/4.3kgm)に対してほぼ倍のアドバンテージがあったことはいうまでもない。またサンバー トライ同様のリアにエンジンを搭載する車両レイアウトを採用していた点も見逃せない。

ハイルーフを採用する外観スタイルは、ドミンゴはフロントセクションと前後バンパーのストローク方向のサイズを増すなどし、軽自動車規格のサンバー トライに対し全長は215mm長い3410mmの設定。全幅はサイドモールの厚み分がプラスされ1430mmに。全高(サンルーフ付きで1900mm)はほぼ変わらずといったところだ。

車中泊からトランスポーターまで「使える」クルマだった

もちろん最大の売りだった7人乗りが可能という点と、そのことによる実用性の高さをフルに生かした使い勝手のよさは魅力だった。カタログにも「ウルトラバリエーションシート」とのうたい写真で紹介しているが、当時、ひとクラス上のワンボックスワゴンにもヒケを取らない展開だ。

なかでも「フロント回転対座シート」はセカンドシートの背もたれを前倒しにしてテーブルとして使うパターン。さらにフロントシートを対座にしたままセカンドシート~サードシートまでを寝かせたフルフラット状態、またはサードシートを前方にチップアップさせて4名+ラゲッジスペースとした状態など。

ドミンゴの場合はボディはハイルーフが標準だったため、頭上空間にはゆとりがあった。そのうえで多彩なシートアレンジを活用すれば、今でいう車中泊も何なくこなせ、トランスポーターとしてなら7人が乗れるわけだから、じつに「使える」クルマだったのである。

なおこのドミンゴが登場したのは筆者がまだ駆け出しの編集者だった頃。とあるRV誌の取材で富士山麓あたりにロケに出かけた記憶があるが、そのときにかなりのダート路で実際の「走り」の撮影をしたのだった。もちろん参加スタッフで7名フル乗車状態を再現しての走りの撮影で、駆け出しの筆者はたしか自ら進んでサードシート(それも3人がけの中央)に乗り込んだ。

ドライバーはその記事のレポーター氏で、運転にはまったく心配は要らなかったが、ダート路を走るドミンゴのサードシートで、頭と身体を前後左右上下にたいそう揺さぶられながら「まあ7人が乗れるクルマではあるけど……」と複雑な思いで撮影が早く終わるのを祈った経験がある。

カメラマンからの要請でみんな楽しそうな表情をするように……とのことになり、記憶が正しければ当時のTVCMの演出を真似て「ドミンゴ、ドミンゴ!」と掛け声を上げ、そのちょっと引きつった顔が当時の某RV誌の誌面に載ったような気がする。

こんな記事も読まれています

【愛知県 小牧市】50年以上愛され続ける、変幻自在のナポリタン【寄り道したいご当地グルメ】
【愛知県 小牧市】50年以上愛され続ける、変幻自在のナポリタン【寄り道したいご当地グルメ】
グーネット
「軽くなった」ホンダの最新RC213Vに満足のミル。セパンではさらに別エンジンを投入予定/バレンシア公式テスト
「軽くなった」ホンダの最新RC213Vに満足のミル。セパンではさらに別エンジンを投入予定/バレンシア公式テスト
AUTOSPORT web
デニム仕様のMINIが誕生!デニムファクトリー青木被服がコンセプトカーをプロデュース
デニム仕様のMINIが誕生!デニムファクトリー青木被服がコンセプトカーをプロデュース
グーネット
個性あふれるマイカーに変身!カーラッピングサービス「ハレバル」登場
個性あふれるマイカーに変身!カーラッピングサービス「ハレバル」登場
グーネット
クルマ選び気持ち優先はまずい!?? 運転に自信がない・苦手な人が乗ってはいけないクルマとはどれ?
クルマ選び気持ち優先はまずい!?? 運転に自信がない・苦手な人が乗ってはいけないクルマとはどれ?
ベストカーWeb
レクサス 軽井沢に急速充電ステーション開設 BEVオーナー向けプログラムのサービスを拡充
レクサス 軽井沢に急速充電ステーション開設 BEVオーナー向けプログラムのサービスを拡充
グーネット
次期「R36GT-R」になる!? 1360馬力の超ド級スペック!! 日産「ハイパーフォース」市販版は全固体電池搭載BEVで28年登場か!?
次期「R36GT-R」になる!? 1360馬力の超ド級スペック!! 日産「ハイパーフォース」市販版は全固体電池搭載BEVで28年登場か!?
ベストカーWeb
18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
Auto Messe Web
DS4 スポーツ性とプレミアム感を高めた特別仕様車「パフォーマンスライン」発売
DS4 スポーツ性とプレミアム感を高めた特別仕様車「パフォーマンスライン」発売
グーネット
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
グーネット
【コラム】世界への挑戦へ。宮田莉朋に聞くヨーロッパ挑戦の舞台裏と送るエール
【コラム】世界への挑戦へ。宮田莉朋に聞くヨーロッパ挑戦の舞台裏と送るエール
AUTOSPORT web
この楽しさは「リアル」 世界初の電動ドライバーズカー ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
この楽しさは「リアル」 世界初の電動ドライバーズカー ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
AUTOCAR JAPAN
トヨタ、国内再導入の『ランドクルーザー“70”』を発売。3ナンバーで480万円
トヨタ、国内再導入の『ランドクルーザー“70”』を発売。3ナンバーで480万円
AUTOSPORT web
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
AUTOSPORT web
【F1第23戦無線レビュー(1)】「ありがとうフランツ。さあ、やってやろう!」トスト代表のラストレースで角田が感謝
【F1第23戦無線レビュー(1)】「ありがとうフランツ。さあ、やってやろう!」トスト代表のラストレースで角田が感謝
AUTOSPORT web
王者バニャイアや弟アレックスが感じたM.マルケスのドゥカティ初ライド/バレンシア公式テスト
王者バニャイアや弟アレックスが感じたM.マルケスのドゥカティ初ライド/バレンシア公式テスト
AUTOSPORT web
「60分で出てください」高速道のトラック向け“短時間駐車マス” 東北道SAでも運用開始 「確実に駐車できる機会を」
「60分で出てください」高速道のトラック向け“短時間駐車マス” 東北道SAでも運用開始 「確実に駐車できる機会を」
乗りものニュース
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • 衝突安全性を考えるとこのサイズで7人乗りは難しいかな
  • 本当に今欲しいのは、ドミンゴでなくアラジンでは?
    今出せば売れると思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

107.7178.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

118.8118.8万円

中古車を検索
ドミンゴの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

107.7178.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

118.8118.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村