現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ボクらの時代録】2010年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。ホンダCR-Z ( ZF1型)の鮮烈ハイブリッド・パフォーマンス

ここから本文です
【ボクらの時代録】2010年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。ホンダCR-Z ( ZF1型)の鮮烈ハイブリッド・パフォーマンス
写真を全て見る(8枚)

地球に優しいスポーツ、そこが新しい!

 ホンダCR-Zは、デザインとメカニズムの両面で「ハイブリッドスポーツ」の印象が強い。シビック・タイプRに対して30mm下げたヒップポイントは、ペダルを高い位置にセットした関係で、足を前に伸ばした運転姿勢になる。360mmの小径ステアリングを含めて、スポーツマインドの演出は絶妙である。

【復刻版カタログ】2010年の日本カー・オブ・ザ・イヤー/ホンダCR-Zの肖像

 1.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたCR-Zは、パドルシフト付きCVTのほか、6速MTが選べる。MT仕様はハイブリッドカーの高い潜在能力を放っていた。
 街中を流すシーンでは、低回転におけるモーターアシストが効果的だ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

メルセデス開幕戦初日にワンツーも……ラッセル「まだフェルスタッペンは先にいる。調子に乗っちゃいけない」
メルセデス開幕戦初日にワンツーも……ラッセル「まだフェルスタッペンは先にいる。調子に乗っちゃいけない」
motorsport.com 日本版
光岡自動車創業55周年モデル「M55コンセプト」 市販化を決定
光岡自動車創業55周年モデル「M55コンセプト」 市販化を決定
日刊自動車新聞
ホンダ「新型プレリュード」登場へ 22年ぶり復活「2ドアスペシャルティクーペ」は20年代半ばに“発売”? 公開から未だ反響絶えず
ホンダ「新型プレリュード」登場へ 22年ぶり復活「2ドアスペシャルティクーペ」は20年代半ばに“発売”? 公開から未だ反響絶えず
くるまのニュース
半世紀以上前の「ハコスカ」を米国で発見!? オークションに登場した日産スカイライン「GT-R仕様」の落札価格とは
半世紀以上前の「ハコスカ」を米国で発見!? オークションに登場した日産スカイライン「GT-R仕様」の落札価格とは
VAGUE
電動バイクレース『MotoE』2024年シーズンに参戦する注目ライダーを紹介
電動バイクレース『MotoE』2024年シーズンに参戦する注目ライダーを紹介
バイクのニュース
300馬力超えは反則だろ! 初期型オーナーが新型と徹底比較!! 新型GRヤリスの8速ATはもはや”神のシフト”ってマジ!? 
300馬力超えは反則だろ! 初期型オーナーが新型と徹底比較!! 新型GRヤリスの8速ATはもはや”神のシフト”ってマジ!? 
ベストカーWeb
BMW新型「5シリーズ ツーリング」に日本初導入の電気自動車が加わった! ディーゼルは890万円、BEVは1040万円から
BMW新型「5シリーズ ツーリング」に日本初導入の電気自動車が加わった! ディーゼルは890万円、BEVは1040万円から
Auto Messe Web
【クシタニ】が【46works】とコラボで2024春夏アパレルを製品化!オーセンティックラインの「K-2431W 46worksアーカナジャケット」など  
【クシタニ】が【46works】とコラボで2024春夏アパレルを製品化!オーセンティックラインの「K-2431W 46worksアーカナジャケット」など  
モーサイ
「MotoGPマシンのようなカウルに」ホンダ新型CBR1000RR-Rファイアブレードが3月発売、エンジン、フレーム、空力特性を改良!
「MotoGPマシンのようなカウルに」ホンダ新型CBR1000RR-Rファイアブレードが3月発売、エンジン、フレーム、空力特性を改良!
モーサイ
人は明るい所をより注視してしまいがち!|長山先生の「危険予知」よもやま話 第23回
人は明るい所をより注視してしまいがち!|長山先生の「危険予知」よもやま話 第23回
くるくら
BYD、「BYD ATTO 3」にカラオケなどのアプリを追加できるアップデートを実施 内外装にも新たなカラーを追加
BYD、「BYD ATTO 3」にカラオケなどのアプリを追加できるアップデートを実施 内外装にも新たなカラーを追加
月刊自家用車WEB
総勢217台のキャンピングカーが集合!大阪キャンピングカーショー2024開催間近!
総勢217台のキャンピングカーが集合!大阪キャンピングカーショー2024開催間近!
月刊自家用車WEB
2024年F1開幕を前にホンダが異例の発表、参戦60周年を記念してさまさまなイベントを企画
2024年F1開幕を前にホンダが異例の発表、参戦60周年を記念してさまさまなイベントを企画
Webモーターマガジン
日産の斬新「コンパクトワゴン 2人乗り仕様」がすごい! 世界に8台の超絶激レア「キューブ」 200万円で
日産の斬新「コンパクトワゴン 2人乗り仕様」がすごい! 世界に8台の超絶激レア「キューブ」 200万円で
くるまのニュース
フェルスタッペン、バーレーンGP初日6番手も心配なし「接戦の予選は楽しいだろうね!」
フェルスタッペン、バーレーンGP初日6番手も心配なし「接戦の予選は楽しいだろうね!」
motorsport.com 日本版
プラマック・レーシング、F1開幕の地で体制発表会を実施。デザイン一新でMotoGP戴冠狙うマルティンとモルビデリが参戦
プラマック・レーシング、F1開幕の地で体制発表会を実施。デザイン一新でMotoGP戴冠狙うマルティンとモルビデリが参戦
AUTOSPORT web
ヒョンデの話題のEV「コナ」&「アイオニック5」に乗れる! 6都道府県で試乗会を開催
ヒョンデの話題のEV「コナ」&「アイオニック5」に乗れる! 6都道府県で試乗会を開催
THE EV TIMES
横浜ゴム 2024年シーズンのモータースポーツ活動計画を発表。トップカテゴリーからグラスルーツまで幅広く供給
横浜ゴム 2024年シーズンのモータースポーツ活動計画を発表。トップカテゴリーからグラスルーツまで幅広く供給
Auto Prove

みんなのコメント

4件
  • sti********
    パワーはなかったかもしれないけど、コンパクトなクーペで、ハイブリッドで、MT。コンセプト的には素晴らしい。ZF2はモーターのパワーもアップして、速くなりましたよ。
  • bel********
    二代目CR-Xを思わせるデザイン及び名称故に、この車を見た人は過大な期待をしてしまったのでしょうね。スポーティーな車程度なら問題ない性能だっただろうけど、スポーツカーをイメージするといまいちな所があったのでは?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索
CR-Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村