現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スポーツカーも“ぶつからないクルマ”へ──新型スバルBRZ試乗記

ここから本文です

スポーツカーも“ぶつからないクルマ”へ──新型スバルBRZ試乗記

掲載 12
スポーツカーも“ぶつからないクルマ”へ──新型スバルBRZ試乗記

一部改良を受けたスバル「BRZ」は、MTモデルの運転支援装備が大幅にアップデートされた! 小川フミオがリポートする。

MT車ならではの制御課題

誰にも受け入れられることを目指す!──新型スズキ スイフト詳報

スバルといえば、楽しめるクルマづくりで知られる。いっぽうステレオカメラを使った運転支援システム「アイサイト」と呼ぶ、看板技術ゆえスバル車を選ぶひとも少なくない。

どっちも欲しいひとのために、2023年9月22日、スポーツクーペ「BRZ」(と、トヨタ「86」)のマニュアル変速機モデルに、ついにアイサイトが標準装備された。

現行BRZおよび86の発表は、2021年4月だから、ようやく、と喜ぶひとも少なくないのでは。ここではBRZを中心にアイサイトの説明をしよう。

スバルが開発を担当したアイサイトは、すでにご存知の人が多いと思うけれど、歩行者や自転車や車両との衝突回避を手助けしてくれるシステム。

最新の「バージョン3」において、その効果は「追突事故発生率0.06%」と、スバルではしている。すごい! と、あらためて感心したのは、今回のアイサイト搭載MTモデルで、衝突回避テストを体験したとき。

先行車に見立てたバリアに向かって、20km/hで、ブレーキペダルを踏まずに突っ込むテストだ。

「クラッチペダルのことは気にしないでください」と、同乗してくれたスバルの開発者に言われたとおり、運転した私が意識したのは、20km/hまで速度を上げることと、そのあとアクセルペダルに載せた足の力を抜くこと。

よく言われるのだけれど、追突のとき、アクセルペダルを踏み続けているドライバーは少ないそうだ。だいたい「あっ!」と、気づいてブレーキペダルを踏むなど減速するが、間に合わないで追突するという。

はたして、私は、アクセルペダルからほぼ足を離したまではいいが、ブレーキングしないまま、バリアへと突っ込んだ。すると、目の前いっぱいにバリアが拡がっていき、ついに「やばい!」と、思った瞬間、ガンッとブレーキがかかった。バリアとの間隔は約1m。これは設定通りという。

BRZは操縦する楽しさを前面に押し出したモデルだけれど、マニュアル変速機搭載車と同時に発表されたオートマチックモデルには、当初からアイサイトが設定されていた。

「オートマチック車で効果がしっかり検証出来たので、次はマニュアル車で、という順番です」

開発を担当したスバルのADAS(自動運転)開発部の大郷道夫は、会場でそう説明してくれた。

「マニュアル車の場合、アイサイトで急停止すると「エンストしたらどうする?」とか「停止時、自動的に車両がブレーキ保持をしたほうがいいか? するとしたら何秒が適当か?」といった課題がありました」

くわえて、衝突せずに停止したのはいいが、そのあと、自動で作動したブレーキをどのぐらい保持するのか、細かく時間も検討したとのこと。はたして、マニュアル車なので車両が動き出して接触、などという二次事故を防ぐために、一定時間、ブレーキ圧は保持される。車両側がブレーキ圧を保持している状態が続いている間、警告音が鳴っている。ドライバーはそれに気づいて、(あらためて)ブレーキペダルを踏めばよい。

いっぽう、「安全性ばかりを優先した開発ではなかった」と、スバル商品開発本部の小林正明プロジェクトジェネラルマネージャーは説明する。

「運転を楽しんでいただくスポーツカーですから、ドライバーはなるべく自然なフィールでもって運転していただきたいという思いが第一にありました。レーンチェンジとかステアリングホイール操作にはシステムが介入しないようにしています」

BRZについては、同時に「STI Sport」というスポーツグレードが追加された。魅力的なクルマなので、最後に紹介しておこう。

STIチューニングによる専用サスペンション(新採用ダンパーのダンパーを含む)により応答性の高いハンドリングを目指した仕様だ。ゴールド色のブレーキキャリパーはブレンボ製。

この足まわりは硬いだけでなく、しなやかさがセリングポイントだけあって、かなり良い。

さらに内外装も専用装備が充実。ドラミラーとルーフアンテナをブラックにしたことをはじめ、高輝度のダークメタリックの18インチ径アルミホイール装着。エアロパッケージやパフォーマンスマフラーやBBSホイールなどをオプションで注文出来る。

BRZは(86とともに)、きっと、ドライブの楽しさは継続維持されて、かつ、いざというときの安全性の高いスポーツクーペになったのだ。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 編集・稲垣邦康(GQ)

関連タグ

こんな記事も読まれています

[15秒でわかる]メルセデスAMG『A45 S 4MATIC+』限定仕様…クラス初のボディカラー
[15秒でわかる]メルセデスAMG『A45 S 4MATIC+』限定仕様…クラス初のボディカラー
レスポンス
マセラティ『グランカブリオ』新型、2月29日デビューが決定
マセラティ『グランカブリオ』新型、2月29日デビューが決定
レスポンス
「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
モーサイ
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
AUTOSPORT web
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
レスポンス
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
AUTOSPORT web
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
AUTOSPORT web
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
ベストカーWeb
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
Auto Messe Web
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
AUTOSPORT web
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
Auto Messe Web
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
レスポンス
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
グーネット
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
レスポンス
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
ベストカーWeb
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
ベストカーWeb
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
ベストカーWeb

みんなのコメント

12件
  • j_n********
    経済的に買えないのでグランツーリスモで乗っていますが、下手なのでぶつけてばかりいます。
  • 欲しいのですが、人生最最後に10年共にするチャンスがあるかどうか?と思ってます。50過ぎのオッさんですので定年時...
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0550.0万円

中古車を検索
BRZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0550.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村