現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス

ここから本文です

アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス

掲載 6
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス

 自身が参戦するモータースポーツのためにチューニングしたクルマ「ワークス」。それを車名にしてしまった軽。それはちょっとしたセンセイションを起こしたモデルでもあった。当時の「軽」、543ccにして64PSを発揮する「アルト・ワークス」の軌跡。

文・画像/いのうえ・こーいち

アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス

■アルトの二代目に追加

1987年登場のスズキ アルトワークス。2代目アルトに追加される形でのデビューだった

 そもそものはじまりは「商用車」であった。スズキ・フロンテの商用車版という位置づけで、つまりは「節税」のために生み出された苦肉の作品、というものであったのだ。その分、価格も抑え、だんだん高価格化していった[軽」に歯止めを掛けた。

 この策が功を奏し、1979年に登場した初代アルトは売れに売れたのだった。

 それを受けて1984年にモデルチェンジ。CA71/72系と呼ばれる二代目アルトは六代目のフロンテがCB71/72系だったときのCA71/72V型だから、相変わらずというポジションであった。

 しかし、先の好調を受けて全体的には大いに改良され、商用車というよりグッと乗用車然とするものになっていた。エンジンは全車4ストロークになり、フロントにディスク・ブレーキ装着モデルも加えられていた。

 1986年7月にはマイナーチェンジを受け72系になったのだが、その前年にはアルト累計100万台を達成していた。

 そして、いよいよ1987年2月、「アルト・ワークス」の登場をみる。

■「ワークス」の真価

直列3気筒、インタークーラー付ターボチャージャのエンジンは64PSを発揮。この数字が軽自動車の出力規制値になった

 直列3気筒の4ストローク・エンジンはDOHC12ヴァルヴにインタークーラー付ターボ・チャージャを装着。そのパワーは64PSを発揮、以後、この64PSという数字がしばらく「軽」の規制値になったものだ。

 リッターあたり100PSを軽く超え、117.9PS/Lと、いうなればまったく容赦のないチューニング。まさに「ワークス」というに相応しい数字を引提げての登場であった。クルマ好きが注目しないわけがない。

 「アルト・ワークス」は一挙に3タイプがシリーズで発売になった。「RS-X」とそれのリアのディファレンシャル直前にヴィスカス・カップリングを装着して4WD化した「RS-R」、エアロ・パーツを外して廉価版とした「RS-S」。

 もちろん人気は前二者が中心だったが、あまりに過激な出立ちから、「RS-S」を楽しむ「通」もいたほどだ。

 そうでなくてもボンネット・フード上にはインタークーラーへエアを取入れるための大きなスクープが載っているというのに、前後のバンパーからサイドスカート部分をすっぽりエアロ・パーツで取り囲み、極めつけはリアゲートの一帯だ。

 見たこともないような形のスポイラーといおうか、リア・ウィンドウの周囲をそっくり囲むフレーム状のパーツがゲート上半を覆っている。

 まるで遊び半分に付けられるだけ付けてみました、というような……「だからRS-Sがいいんだよ」という声も頷ける出立ちの「アルト・ワークス」は、だからこそ忘れられないともいえよう。

[articlelink]

■ひとつの時代の象徴か

ピンクとブラックの2トーンでまとめた派手なインテリア

 室内も外観に負けてはいなかった。派手なレタリングやストライプの入った白いボディの内側は、色と数字が刺激する。鮮やかこの上ないピンクとブラックのシート、インテリア。

 そこにポジションをとって前を見ると、なんとタコメーターの数字は12000r.p.m.まで刻まれているというのに目を見張らされる。それでいて、スピードメーターは「軽」のリミット、120km/hというオトナの事情によるアンバランスも、ある意味、象徴的なものといえた。

 なによりもこの「アルト・ワークス」が「4」ナンバーの商用車登録されていることには、ひとつの時代だったという思いが拭い得ない。

 わずか1年あまりののち、1988年8月にはアルト全体が第三世代にチェンジ。アルト・ワークスは独立したモデルとなり、デザイン的にも他社と差別化が図られた。そして、1989年には新たな税制導入とともに、アルトにも「5」ナンバーがもたらされるようになったのだった。

【著者について】
いのうえ・こーいち
岡山県生まれ、東京育ち。幼少の頃よりのりものに大きな興味を持ち、鉄道は趣味として楽しみつつ、クルマ雑誌、書籍の制作を中心に執筆活動、撮影活動をつづける。近年は鉄道関係の著作も多く、月刊「鉄道模型趣味」誌ほかに連載中。季刊「自動車趣味人」主宰。日本写真家協会会員(JPS)

こんな記事も読まれています

1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
ベストカーWeb
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
ベストカーWeb
[パジェロ]の弟分がスゴかった!! 超絶頑丈な背面タイヤ仕様がカッコよかったのよ
[パジェロ]の弟分がスゴかった!! 超絶頑丈な背面タイヤ仕様がカッコよかったのよ
ベストカーWeb
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
4WDターボはランエボ&インプSTIだけじゃない! [マツダスピードアテンザ]は熱かった!!!
4WDターボはランエボ&インプSTIだけじゃない! [マツダスピードアテンザ]は熱かった!!!
ベストカーWeb
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
ベストカーWeb
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
ベストカーWeb
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
Webモーターマガジン
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
ベストカーWeb
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
FRポルシェにラングラーショート、アルピナ高騰確実!? 今ならまだ買える!! むしろ今買っとかなきゃなクルマたちイッキ見
FRポルシェにラングラーショート、アルピナ高騰確実!? 今ならまだ買える!! むしろ今買っとかなきゃなクルマたちイッキ見
ベストカーWeb
さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
ベストカーWeb
大苦戦[CX-60]も見習うべきじゃ…CX-7激安だったんじゃないか説!! 当時から先進装備マシマシ!! しかも今見ると不思議とカッコよくない!?!?
大苦戦[CX-60]も見習うべきじゃ…CX-7激安だったんじゃないか説!! 当時から先進装備マシマシ!! しかも今見ると不思議とカッコよくない!?!?
ベストカーWeb
超低い車高がカッコいいのよ!! V12が最高に気持ちいい! スーパーカーブームの火付け役[フェラーリ512BB]
超低い車高がカッコいいのよ!! V12が最高に気持ちいい! スーパーカーブームの火付け役[フェラーリ512BB]
ベストカーWeb
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
ベストカーWeb
顔つき激変! トップグレードRSも登場! 何度も言うけど[いすゞ]は[MU-X]を日本に入れてくれ!
顔つき激変! トップグレードRSも登場! 何度も言うけど[いすゞ]は[MU-X]を日本に入れてくれ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • kmq********
    タイトルひとつとってもセンスの欠片なし
    転職のススメ
  • ********
    >以後、この64PSという数字がしばらく「軽」の規制値になったものだ。

    今もですが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

106.5125.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0400.0万円

中古車を検索
アルトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

106.5125.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0400.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村