現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた

ここから本文です

ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた

掲載 更新 14
ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた

車にかかるお金&維持費 [2023.11.27 UP]


ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた

2023年10月の新車販売台数ランキング ヴェゼルが11か月ぶりTOP10入り

人気のヴォクシーは燃費もイケてるのか?
 トヨタ・ヴォクシーは、姉妹車のノアとともに2001年に誕生したミドルサイズのミニバン。ノアとは対照的にドレスアップ的要素の強いデザインでキャラクターに違いを付け、4代目を数える現行型に至るまで根強い人気を誇っています。

 燃費性能においては2014年発売の3代目よりハイブリッド車を導入、2022年1月のフルモデルチェンジではシステムの高効率化が図られていますが、実際にはどのくらいの燃費なのでしょうか。

 この記事では、ヴォクシーの燃費性能をリサーチ!現行型・先代型のカタログ燃費や実燃費を調べてみました!

【あわせて読みたい】

>>【プロ直伝の燃費術】自動車ジャーナリスト大音安弘が教える低燃費走行5つのコツ
>> フリードは「燃費に優れたミニバン」なのか?実際どうなのか、調べてみた


現行型・4代目ヴォクシーのカタログ燃費をチェック!

トヨタ 4代目ヴォクシー
 はじめに、現行型である4代目ヴォクシーのカタログ燃費を見てみましょう。

 カタログには「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」という区分での数値も掲載されていますが、今回は基準となる数値をピックアップしています。

ハイブリッド ガソリングレード名燃費率 グレード名燃費率S-Z 2WD 7人乗り23.0km/L S-Z 2WD 7人乗り15.0km/LS-Z E-Four 7人乗り22.0km/L S-Z 4WD 7人乗り14.3km/LS-G 2WD 7人乗り23.0km/L S-G 2WD 7人乗り15.0km/LS-G E-Four 7人乗り22.0km/L S-G 4WD 7人乗り14.3km/LS-G 2WD 8人乗り23.0km/L S-G 2WD 8人乗り15.0km/L   S-G 4WD 8人乗り14.3km/L平均値22.6km/L 平均値14.7km/L現行型ヴォクシー(90系) カタログ燃費(WLTCモード)

 現行型ヴォクシーはハイブリッド車とガソリン車をラインナップ。グレードは両方とも同じ内容となっていますが、ハイブリッド車のS-Gグレードには4WDの8人乗り仕様車が設定されていないという違いがあります。

 表の通り、ハイブリッド車はE-Four(4WD)搭載車も含めて20km/Lオーバーの良数値。一方でガソリン車は15km/L弱で、ハイブリッド車と比べると約8.0ポイントの差が。以前調査したシエンタも似たような差が生じており、近年のトヨタ車におけるハイブリッド車の高性能ぶりが表れています。


気になるヴォクシーの実燃費は!?
 上記の数値に対し、実燃費はどのようになっているのでしょうか。調査の結果、以下の通りとなりました。

ハイブリッドガソリンサンプルA17.28km/L12.39km/LサンプルB15.40km/L13.70km/LサンプルC16.80km/L13.13km/LサンプルD15.05km/L11.10km/L平均値16.13km/L12.58km/L
現行型ヴォクシー(90系) 実燃費
 ハイブリッド車は16.13km/Lで、燃費達成率は71.4%とやや低調。それでも、以前調査したフリードよりも200kg程度重い車両重量で約2.0ポイントの差であることを考えると、あながち悪い数値ではありません。

 一方で85.6%という高い燃費達成率を記録しているのがガソリン車。サンプルの中にはカタログ燃費と1.0ポイント差の数値を記録しているものもあり、ほぼカタログ通りの燃費性能が期待できます。


先代モデル(80系)のカタログ燃費と実燃費は!?

3代目 ヴォクシー
 続いて、先代モデルである3代目ヴォクシー(80系)の燃費を見てみましょう。まずはカタログ燃費から。

ハイブリッド ガソリングレード名燃費率 グレード名燃費率ZS 2WD 7人乗り19.0km/L ZS 2WD 7人乗り13.2km/L   ZS 4WD 7人乗り12.2km/L   ZS 2WD 8人乗り13.2km/L   ZS 4WD 8人乗り12.2km/L平均値19.0km/L 平均値12.7km/L先代型ヴォクシー(80系) 実燃費

 先代型は2020年4月の仕様変更際にグレード体系の整理が行われ、表のようにシンプルなラインナップに。ハイブリッド車は2WD・7人乗り仕様車のみの設定でした。

 そして実燃費は以下の通りです。

ハイブリッドガソリンサンプルA16.15km/L10.20km/LサンプルB15.62km/L11.33km/LサンプルC15.33km/L10.96km/L平均値15.70km/L10.83km/L
先代型ヴォクシー(80系) 実燃費
 先代型のハイブリッド車は、燃費達成率82.6%。今回の調査では、現行型に近い数値となりました。

 そしてガソリン車は現行型同様に85.3%と、高い燃費達成率を記録。10.0km/L台後半という数値そのものは多少心許ないものの、ほぼカタログ通りの性能であると言えます。


中古車は現行型のタマ数増加中!中古車もチェックして賢いお買い物を!
 現行型ヴォクシーは発売からもうじき丸2年を迎え、中古車市場ではタマ数が増加中。購入費用を抑えるなら中古車という選択肢も検討しておきたいところです。

 2023年11月現在、グーネットには約7,000台のヴォクシーが登録されており、あなたの希望に見合う一台がきっと見つかるはず。次の愛車探しの際には、グーネットでお気に入りの一台を探してみてはいかがでしょうか。

ヴォクシーの中古車登録台数:6,925台(2023年11月現在)

【あわせて読みたい】

https://www.goo-net.com/magazine/contents/buyers-guide/194829/

こんな記事も読まれています

リカルド「本当の位置でなくてもトップは気分が良かったよ。Q3進出と入賞を目指していく」:RB/F1第1戦木曜
リカルド「本当の位置でなくてもトップは気分が良かったよ。Q3進出と入賞を目指していく」:RB/F1第1戦木曜
AUTOSPORT web
北関東の大動脈「新4号国道」まだまだ進化? 巨大な橋台ドーンと出現 変貌する「圏央道の前後」
北関東の大動脈「新4号国道」まだまだ進化? 巨大な橋台ドーンと出現 変貌する「圏央道の前後」
乗りものニュース
箱根駅伝のトヨタ車に続いて「東京マラソン2024」ではポルシェが先導…なぜ? 自動車メーカーが駅伝やマラソン大会をサポートする理由とは?
箱根駅伝のトヨタ車に続いて「東京マラソン2024」ではポルシェが先導…なぜ? 自動車メーカーが駅伝やマラソン大会をサポートする理由とは?
VAGUE
「あれ…給油口どこだっけ?」 “車に乗ったまま”判別できる「覚えておくと便利」な確認方法に「知らなかった」「代車あるある」の声も
「あれ…給油口どこだっけ?」 “車に乗ったまま”判別できる「覚えておくと便利」な確認方法に「知らなかった」「代車あるある」の声も
くるまのニュース
メンテのお供「パーツクリーナー」 便利だけど使う場所には要注意!!
メンテのお供「パーツクリーナー」 便利だけど使う場所には要注意!!
バイクのニュース
やっとホンダが本気出してきた!! WR-Vが安くていいぞ!! こういうの、こういうのがいいんです!!
やっとホンダが本気出してきた!! WR-Vが安くていいぞ!! こういうの、こういうのがいいんです!!
ベストカーWeb
デルタフォースの新作ホイール誕生! オーバーランダーの三菱「デリカD:5」によく似合う変則10本スポークは多彩な車種に展開予定
デルタフォースの新作ホイール誕生! オーバーランダーの三菱「デリカD:5」によく似合う変則10本スポークは多彩な車種に展開予定
Auto Messe Web
FF車なのに後輪に巻いてスタック……笑い事じゃなくコレ現実! タイヤチェーンのアレコレをイチからおさらい
FF車なのに後輪に巻いてスタック……笑い事じゃなくコレ現実! タイヤチェーンのアレコレをイチからおさらい
WEB CARTOP
マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か
マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か
motorsport.com 日本版
フェラーリ499P、2025年までに“ジョーカー”導入か「2024年後半の投入も、不可能ではない」
フェラーリ499P、2025年までに“ジョーカー”導入か「2024年後半の投入も、不可能ではない」
AUTOSPORT web
ポップでオシャレ、装備も充実:タウンエースベースのバンコン『コット』…ジャパンキャンピングカーショー2024
ポップでオシャレ、装備も充実:タウンエースベースのバンコン『コット』…ジャパンキャンピングカーショー2024
レスポンス
ラゴンダ復活計画「完全に死んだ」 英アストン マーティン 高級EVブランド立ち上げ中止
ラゴンダ復活計画「完全に死んだ」 英アストン マーティン 高級EVブランド立ち上げ中止
AUTOCAR JAPAN
予選3番手ラッセル、メルセデスのパフォーマンスアップを実感「決勝は接戦になるだろう……マックス以外がね」
予選3番手ラッセル、メルセデスのパフォーマンスアップを実感「決勝は接戦になるだろう……マックス以外がね」
motorsport.com 日本版
「令和のケンメリ」発売! レトロな「新型スポーツカー」 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡“M55の展示反響”多く市販化へ 2025年に
「令和のケンメリ」発売! レトロな「新型スポーツカー」 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡“M55の展示反響”多く市販化へ 2025年に
くるまのニュース
「EVやめます…」 米アップル、自動車開発中止か AI部門に2000人異動? 山あり谷ありプロジェクトに終止符
「EVやめます…」 米アップル、自動車開発中止か AI部門に2000人異動? 山あり谷ありプロジェクトに終止符
AUTOCAR JAPAN
2024年も優勝なるか!? 横浜ゴムが「FORMULA DRIFT JAPAN」開幕戦に参戦するWRC王者カッレ・ロバンペラ選手をサポート
2024年も優勝なるか!? 横浜ゴムが「FORMULA DRIFT JAPAN」開幕戦に参戦するWRC王者カッレ・ロバンペラ選手をサポート
レスポンス
角田裕毅「予選トップ10に入れるよう改善できると確信」チームは「FP2での失速の原因を調べる」:RB/F1第1戦木曜
角田裕毅「予選トップ10に入れるよう改善できると確信」チームは「FP2での失速の原因を調べる」:RB/F1第1戦木曜
AUTOSPORT web
レースファンを魅了する、本物志向。最新マシンをレゴ流に再現した新モデルを3月1日に一挙発売
レースファンを魅了する、本物志向。最新マシンをレゴ流に再現した新モデルを3月1日に一挙発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

14件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

309.0358.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8632.4万円

中古車を検索
ヴォクシーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

309.0358.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8632.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村