現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダのレトロモダンワールドを堪能!! 新しくなったCX-5は超オシャレ!! 

ここから本文です

マツダのレトロモダンワールドを堪能!! 新しくなったCX-5は超オシャレ!! 

掲載 4
マツダのレトロモダンワールドを堪能!! 新しくなったCX-5は超オシャレ!! 

 2023年9月、マツダの屋台骨となっているCX-5が商品改良を実施した。さらにここ数年、世代を超えて注目されている“レトロとモダンの融合”という世界観を取り入れた特別仕様車を新たに発表。どちらも2023年10月中旬から発売を開始する。マツダが提案する新たな世界観をのぞいてみよう。

※本稿は2023年9月のものです
文/ベストカー編集部、写真/中里慎一郎、MAZDA
初出:『ベストカー』2023年10月10日号

マツダのレトロモダンワールドを堪能!! 新しくなったCX-5は超オシャレ!! 

■充実の標準装備とオシャレなデザインで魅力向上!!

2023年9月に商品改良が行われたマツダ CX-5。手前が「Field Journey」、奥が「Sports Appearance」

 CX-5は今回の改良で、各グレードのキャラクターを際立たせる変更と、メーカーオプションおよび標準装備の見直しを行い、よりユーザーが選択しやすい機種・装備体系となった。

 グレード体系は、これまで設定されていたLパッケージとプロアクティブが廃止となり、下で紹介するレトロスポーツエディションを含めた6つとなった(右表参照)。

 デザイン面では、スポーツアピアランスとエクスクルーシブモードが、CX-8が採用している縦基調ブロックメッシュパターンのフロントグリル(ピアノブラック)を採用し、プレミアム感をより強調。

 フィールドジャーニーは、グリルのコーディネート変更に加え、シートデザイン変更やエアコンルーバーなどのカラー変更をすることで、機能性と仕立てのよさをより感じさせることを狙っている。

 車両本体価格は、約5万~約23万円高くなったが、これまでオプション設定だったものが標準装備になったこともあり、実質の値上げ幅としてはそれほど大きくはない。

■「レトロモダン」という新たな提案

2023年9月、新たに追加された特別仕様車「Retro Sports Edition」。手前からマツダ3、CX-30、CX-5(写真のマツダ3のみ北米向け車両)

 昨年、ロードスターとジルコンサンドメタリック(鋳造の砂型に使う砂をモチーフにしたアースカラー)を組み合わせた、レトロ感のあるカフェレーサーのようなテイストを提案したマツダ。今回は、その世界観をより多くのモデルに拡大する特別仕様車を発表した。

 今回、レトロモダンとスポーティさを融合した「レトロスポーツエディション」が設定されたのはマツダ3、CX-30、CX-5。

 エクステリアはジルコンサンドメタリックをイメージカラーとして(北米では1色のみだが、日本向けは8~9色のなかから選択可能)、ドアミラーやホイール、シグネチャーウイングをブラックで統一している。

 インテリアは、タンよりわずかに鮮やかなテラコッタ色の合成皮革と、ブラックのスエード調生地のレガーヌを組み合わせたコーディネートで、スポーティさを感じさせる。マツダ3とCX-30はデコレーションパネルにもレガーヌを採用し質感を高めている。

 商品改良でグレード体系が見直されたCX-5では、スポーツアピアランスとブラックトーンエディションの間に入る、スポーツ志向のグレードとして位置づけられる。

【番外コラム】販売不振のe-SKYACTIV Xはマツダ3専用エンジンに!

CX-30とマツダ3で設計が異なることも廃止の大きな要因に

 マツダ3とCX-30の機種体系が見直され、CX-30に設定されていたe-SKYACTIV Xは廃止となり、マツダ3(5ドアハッチバック・4WD)の専用エンジンとして生き残るのみとなった。

 マツダが長年研究し、ようやく市販化にこぎつけた火花点火制御圧縮着火技術を採用したエンジンなだけに、ファンとしては寂しさを感じると思うが、マツダいわく培われた技術はラージ商品群の直6エンジンなどに活かされているそうだ。

●マツダ CX-5 諸元表
・グレード:XD Field Journey
・全長:4575mm
・全幅:1845mm
・全高:1690mm
・ホイールベース:2700mm
・車両重量:1690kg
・エンジン:2.2L、直列4気筒ディーゼル+ターボ
・最高出力:200ps/4000rpm
・最大トルク:45.9ps/2000rpm
・トランスミッション:6速AT
・WLTCモード燃費:16.6km/L
・価格:383万9000円

こんな記事も読まれています

幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
レスポンス
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
AUTOSPORT web
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
くるまのニュース
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクのニュース
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
AUTOSPORT web
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス

みんなのコメント

4件
  • smv********
    今のマツダのラインアップの中でモデルチェンジから7年過ぎたCX-5が一番魅力がある。最近のマツダはMX-30とかスカイアクティブXとか失敗が多い。ロータリーEVも極めて微妙な感じだし。FRセダンと出して経営が傾くのか心配だ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.8405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.8405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村