新車価格(税込)

585.0679.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.9218.0万円

中古車を検索

グレード情報XC70

ユーザーレビュー23件XC70

XC70

  • 最適なサイズ
  • 高速走行が快適
  • 乗り心地が良い

平均総合評価

4.7
走行性能:
4.0
乗り心地:
4.3
燃費:
2.3
デザイン:
4.2
積載性:
4.5
価格:
3.4

所有者データXC70

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. XC70 3.2 SE AWD_RHD(AT_3.2)
    2. T5 AWD クラシック_RHD_AWD(AT_2.5)
    3. T6 AWD_RHD_AWD(AT_3.0)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    FF
    10.4%
  • 男女比

    男性
    94.2%
    女性
    5.2%

    その他 0.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 50.7%
    2. 近畿地方 12.8%
    3. 東海地方 8.3%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 XC70

平均値を表示しています。

XC70

XC70の中古車平均本体価格

98.8万円

平均走行距離91,421km

買取情報XC70

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値XC70

走行距離別リセール価値の推移

XC70
グレード:
XC70 3.2 SE AWD_RHD(AT_3.2)

5年後の売却予想価格

新車価格

625.0万円

売却予想価格

35.9万円

新車価格の 6%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 53万円 45万円

36万円

新車価格の
6%

27万円

新車価格の
4%

1万km 52万円 42万円 32万円 21万円
2万km 51万円 37万円 23万円 9万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて XC70

2014年12月

■2014年12月
ボルボ・カー・ジャパンはステーションワゴンに由来するSUVのXC70に、内外装のデザインの変更や安全装備の充実化などの改良を加え、2014年モデルとして2013年8月27日に発売した。

デザインの変更ではフロント&リアバンパー、フロントグリル、テールライトのデザインを変更したほか、テールゲートにクロームトリムを採用し、新しいエクステリアカラー2色を設定した。

インテリアは3モードの選択が可能なデジタル液晶メーターパネルを採用し、本革巻/シルクメタルのステアリングホイールやパドルシフトを装備した。さらに 新デザインのシフトノブを採用し、ステアリングホイール・ヒーターを設定した。

安全装備の充実化では、ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)に、新たにサイクリストを検知する「サイクリスト検知機能」を加えたほか、シティセーフティの作動速度域を時速30kmから時速50kmに引き上げた。

バリエーションはXC70 T5 AWDのみの1グレードで、これは従来と変わらない。

2014年12月18日には一部仕様を変更し、従来「セーフティ・パッケージ」としてオプション設定していた「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)」や「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」をはじめとする安全装備・運転支援機能にリアビューカメラを加え、新たに「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」として標準装備した。

あわせてXC70初となる専用スポーツサスペンションに18インチアルミホイールと高性能タイヤを組み合わせた特別仕様車「T5 ダイナミック・エディション」を発売した。

■2015年7月
ボルボカージャパンは、上級SUVのXC70に新エンジンを搭載し、バリエーションを変更して2015年7月9日に発売した。

新たに搭載されたエンジンは、ボルボが新世代エンジンとして開発した直噴ターボ仕様エンジンで、2WDのXC70 T5クラシックに搭載される直列4気筒2.0リッターの直噴+インタークーラー付きターボ仕様は、180kW(245ps)/350N・mの動力性能を発生する。組み合わされるトランスミッションは電子制御8速ATだ。

XC70 T5クラシックのJC08モード燃費は14.5km/Lで、平成32年度燃費基準を達成し、自動車取得税60%軽減、自動車重量税50%軽減、自動車税75%軽減のエコカー減税対象車となる。

XC70 T5 AWDクラシックには従来から搭載されている直列5気筒2.5リッターのインタークーラー付きターボ仕様エンジンを改良して搭載し、187kW(254ps)/360N・mを発生する。JC08モード燃費は11.6km/Lとなる。

XC70の両モデルにはショックアブソーバーの減衰力を電子制御し、3つの異なる走行モードを選択可能なFOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシーが採用されている。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。