『少しおたくな未来志向デザイン… FFになったカローラの兄弟車スプリンターのファイブ・ドア・ハッチバックでした。アニメ好きな友達が購入しました。その友達』 トヨタ スプリンターシエロ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > スプリンターシエロ > 口コミ・評価一覧 > 少しおたくな未来志向デザイン… FFになった...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『少しおたくな未来志向デザイン… FFになったカローラの兄弟車スプリンターのファイブ・ドア・ハッチバックでした。アニメ好きな友達が購入しました。その友達』の口コミ

  • 少しおたくな未来志向デザイン… FFになったカローラの兄弟車スプリンターのファイブ・ドア・ハッチバックでした。アニメ好きな友達が購入しました。その友達

    総合評価: 4.0

    投稿日:2008年3月27日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ スプリンターシエロ
    グレード:1.5 Gサルーン (1989年式)

    総評
    少しおたくな未来志向デザイン…
    FFになったカローラの兄弟車スプリンターのファイブ・ドア・ハッチバックでした。アニメ好きな友達が購入しました。その友達の好きだったアニメは「超時空要塞マクロス」で、“リン・ミンメイ”が好きなタイプでした。シエロのハッチデザインはまるでUFOを連想させるほど斬新でした。今だったら、かなり受け入れられると思いますが、デビューするのが早過ぎたのかもしれません。ファイブ・ドアですから実用性はかなり高いのは言うまでもありません。リヤに比べてフロント・デザインはボクシーな直線基調の高級車然としていました。当時は、マイカーと言えばセダンが主流でオデッセィからなるミニバンはまだ無く、ステーションワゴンもカリブがある程度で、その他は営業バンが存在するのみでした。そんな時代ですから奇抜なデザインよりは、少し新しくオーソドックスなデザインが受けていたのですから、早く出過ぎた残念なクルマだと思います。
    満足している点
    ○スタイリッシュなリアデザイン。
    ○実用性のあるファイブ・ドア。
    ○クラスを超えた高級感ある室内。
    ○マークⅡ並みの赤み掛かった高級感あるシート。
    ○カローラ、スプリンターが時代の流れから、とうとうFRからFF駆動に変更。
    ○世界初のハイメカ・ツインカムが登場。(技術賞受賞)
    不満な点
    ○FFになったシャーシ。(FRでいて欲しかった)
    ○早く誕生し過ぎた為、デザインが受け入れられ無かった。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする