新車価格(税込)

502.2638.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

310.0618.0万円

中古車を検索

グレード情報ヒミコ

ユーザーレビュー4件ヒミコ

ヒミコ

  • 荷物がたくさん積める
  • かっこいい

平均総合評価

4.5
走行性能:
3.3
乗り心地:
4.0
燃費:
3.0
デザイン:
5.0
積載性:
2.7
価格:
4.0

所有者データヒミコ

  • 男女比

    男性
    81.8%
    女性
    9.0%

    その他 9.0%

  • 居住エリア

    1. 関東地方 36.3%
    2. 東海地方 18.1%
    3. 近畿地方 18.1%
  • 年代

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ヒミコ

平均値を表示しています。

ヒミコ

ヒミコの中古車平均本体価格

435.6万円

平均走行距離18,500km

買取情報ヒミコ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて ヒミコ

2015年1月

■2015年1月
大手自動車メーカーの生産するクルマをベースに、独特のデザイン処理を加えたクルマ作りを続ける光岡自動車が、マツダ・ロードスターのパワーリトラクタブルハードトップ仕様車をベースに開発し、2009年モデルとして35台を限定販売することになったのが卑弥呼。2008年12月から予約受注を開始した。

卑弥呼は単なるロードスターの着せ換えモデルではなく、ホイールベースをフロント側に700mmも延長し、美しさの黄金比と呼ばれているフロント7対リヤ3という理想的なプロポーションを実現。これによってロングノーズ・ショートデッキの古典的で安定感のあるスポーツカースタイルを作り上げている。

クラシカルなイメージのフロントマスクから大きな波形を描くようフェンダーからリヤへのラインは、卑弥呼ならではのものだ。ボディサイズはホイールベースが延長されたことで全長が大きく延長されたほか、フェンダー部分の造形によってボディの全幅も拡大されている。

搭載エンジンは直列4気筒2.0リッターのLF-VE型。グレードによって電子制御6速ATまたは6速MTが組み合わされる。マニュアル車は125kW(170ps)、6速AT車は119kW(162ps)のパワーを発生し、ともに189N・m(19.3kg-m)のトルクを発生する。

安全装備は運転席と助手席のSRSエアバッグやSRSサイドエアバッグシステム、EBD付きABSが全車に標準で装備され、VDCもグレードによって標準となる。

2009年9月からの2010年モデルでは手動格納式の幌仕様車を追加した。

2011年10月には誕生3周年を記念した特別仕様車を発売した。

2012年12月のマイナーチェンジでは、3色だった外装カラーに新色の「ウィッチパープルパール」を追加した全4色を設定し、「カラーオプション」(30色)を含めると合計34色がラインナップされた。同時にホワイトとブラックを基調にカラーコーディネートされた特別仕様車「モノクローム」を発売した。

2013年11月15日には新たなボディカラーの追加やグレード体系の見直しなど、マイナーチェンジを行った。

2014年9月10日にはアルドールをベースに、伊勢丹とコラボレーションして内外装に伊勢丹を代表する2種類のタータン柄を施したほか、専用18インチアルミホイール&215/35R18タイヤや専用クロコダイル調合皮シートなどを装備した特別仕様車「クレイジータイマー」を、伊勢丹新宿店限定で20台発売した。

2015年1月30日には2015年モデルを発売し、外装色を36色の設定として、ハードトップとドアミラーをブラック塗装仕上げの選択を可能とすることで「2トーンラッピング(オプション)」との組み合わせにより外装色だけで481バリエーションから選べるようにした。なお2015年モデルは15台の限定生産となっている。

2016年1月22日には価格改定を行った。

■2017年9月
光岡自動車は卑弥呼(ヒミコ)に、特別仕様車「乱(ラン)」を設定して、2017年9月2・3・9・10日の4日間、三越日本橋本店本館1階南口にて展示販売を行った。

「乱」は、三越日本橋本店が開催するイベント「GSJ PREMIUM WEEK ~Vol.2~」の連動企画として、4台限定で発売された特別仕様車。ボディカラーは、日本の伝統色である漆黒(しっこく[ブラック])と、藍鼠(あいねず[グレー])の2色を用意。それぞれのルーフパネルとボディサイドには同じく日本の伝統色である朱殷(しゅあん[レッド])を組み合わせている。また、「花吹雪」と名付けた1%未満の金色のフレークを塗布した技巧により、ボディ表面を重厚で奥深い、複雑な立体感を実現した。

インテリアは、かつて織田信長が愛用したという「片身替」をイメージした、漆黒(しっこく[ブラック])と朱殷(しゅあん[レッド])の半身ずつからなる「片身替」シートを採用。本革と合皮、ファブリックを組み合わせて、斬新かつシャープな印象に仕上げている。

また、金沢の純金箔をちりばめた専用インパネデコレーションパネルや専用の七宝焼きラジエターグリルバッヂ、甲冑の一部を連想させるアルミホイールなどを装備して、ゴージャス感を向上した。

なお「GSJ PREMIUM WEEK ~Vol.2~」とは、日本の新しい文化芸術として注目され、ゲーム音楽の世界をリードするGAME SYMPHONY JAPAN(GSJ)と、三越日本橋本店がコラボレーションするイベントだ。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。