カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『GLC SUVからクーペに乗り換え』の口コミ

  • GLC SUVからクーペに乗り換え

    総合評価: 4.0

    投稿日:2018年7月5日

    投稿者:ルート55 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:メルセデス・ベンツ GLCクーペ
    グレード:GLC220d 4マチック クーペ スポーツ_RHD_4WD(AT_2.2) (2017年式)

    総評
    契約時の付属品は、マットを買うくらいでほとんどが標準に装備される。費用は諸経費を除けば保障プラス、メンテナンスプラス、コーティングに加え、持ち込んだレーダー探知機、ドライブレコーダーの取り付費と云ったところ。下取や値引も納得の範囲。

    クーペに買換えしてスタイルも気に入り、燃費は向上し、WTI(原油先物)の上昇に伴う軽油の値上りも限定的。

    SUVからクーペの乗り換えは大成功かな(?)
    満足している点
    GLC250 4Matic スポーツ(以下 SUV) のバックスタイルがどうしても好きになれず、2年4か月 13,000Km走行で乗換た。
    (以前の投稿: https://minkara.carview.co.jp/car/mercedes-benz/glc-class/review/detail.aspx?cid=150369

    GLC220d 4Matic Coupe Sports (以下 クーペ) にしてジーゼル音を心配したが、アイドリング時も車内にいれば気にならないレベル。ただ加速時はそれなりのガラガラ音がするが、それもしばらく運転すると慣れて気にならなくなる。

    ヘッドライトはSUV時からAUTOを選択するが、 「早め点灯」 のおかげで対向車からパッシングを受けることも。クーペではさらにそれが顕著になり、トンネルを出た後の消灯時間がずいぶん遅い。またスモールライトとテールライトが常時点灯となったが、ヤナセの話ではヨーロッパのデイライト運動の影響によるらしい。
    安全運転の趣旨から良しとしよう。

    ボディー色を人気のないカバンサイトブルーとしたおかげで納車に4か月以上を要した。SUVはポーホワイトだったが、今回は濃紺なので汚れも目立つが、夜はブラックに見えるものの、明るい昼間に見る色は気に入ってる。
    不満な点
    クーペはSUVと比べるとサイズ的に全幅 1,930㎜と 40㎜程広くなり、全長も 65㎜程長くなっているが、運転する限りはサイズアップは感じられない。ただ駐車スペースにバックで入れるのに苦戦している(アクティブパーキングアシストは使ったことがない) 。クーペの後方視界の悪さは覚悟していたが、カメラとソナーの助けなしにバックできない。この場合 360°カメラには大いに助けられる。

    ダッシュボードがSUVではステッチされた人工皮革だったが、クーペは一体成型の樹脂製なのはコストダウン目的だろうが残念。

    リアウインドウにワイパーがない。雨だと問題ないが、冬季間の降雪時には欲しくなりそう。

    タイヤは前後輪でサイズが異なる仕様となり、リアは 255/50R19とずいぶん幅広でスタイルが良く見える。ただこのランフラットタイヤのメーカーが Hankookと云うのはちと不満。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする