現在位置: carview! > 新車カタログ > マツダ(MAZDA) > センティア > ユーザーレビュー・評価一覧 > マツダ最後のFRセダン、になるかも。

マツダ センティア 「マツダ最後のFRセダン、になるかも。」のユーザーレビュー

じゃんだらりん じゃんだらりんさん

マツダ センティア

グレード:25_LIMITED(AT_2.5) 1991年式

乗車形式:過去所有

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

マツダ最後のFRセダン、になるかも。

2015.4.24

総評
このデザインで、”4ドア・クーペ”と言われがちだが、前車のJフェリーと違い、こちらにはオトナ4人が普通に乗れた分、まっとうなセダンと思える。(クーペに近いのはJフェリーの方と言える。)

本当は、この後に、あの幻の”ユーノス1000”が控えていたので、センティアは4ドア・クーペ的な扱いでも良かったんでしょうが。

4WS付で、小回りが異様なほど効き、狭い道しかない近所での足としてもつかえたが、屋根が低い分、乗り降りが腰曲げる形になるのが避けられず、広々としたクルマ(現在のMPV)に乗り換えることになった。

現在のマツダの状況だと、再びFRの高級セダンを造る可能性は低そうだし、仮に実現しても、従来のガソリンエンジンを搭載する姿とは限らないので、クラシックな(?)マツダのセダンを味わえる最後の一台と言えるかもしれませんね。








満足している点
デザイン。エクステリアだけでなくインテリアの質感も良かった。

シートは本革でなくモケットみたいなモノだが、座り心地は上々。サスペンションがイイ仕事をしてたのか、乗り心地は、凄く柔らかいの一言。後部席からの苦情もほぼ無。
不満な点
・高速道の走行時、ハンドルが妙な動きを見せた。直進安定性が悪い訳ではないが、フィーリング的にイマイチ。4WS付でなければ、また違った印象だったかも。

・パワーウインドのモーターが高確率で壊れる。(特にリア2枚)

・ドアの内張りが壊れやすい。というか剥がれ易い。凝った曲線が多かったから建付けが難しかった?

・92年式だったので、カップの置き場に困った。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

マツダ センティア 新型・現行モデル