現在位置: > > > > > 走る宝石 予約をお願いしたのは東京モー...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『走る宝石 予約をお願いしたのは東京モーターショーが終わり数ヶ月が過ぎていました。 モーターショーではマセラティのグランツーリズモ待ちだった私は次の車の』の口コミ

  • 走る宝石 予約をお願いしたのは東京モーターショーが終わり数ヶ月が過ぎていました。 モーターショーではマセラティのグランツーリズモ待ちだった私は次の車の

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2008年10月12日

    投稿者:-

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:BMWアルピナ B3クーペ
    グレード:ビターボ(AT) (2007年式)

    総評
    走る宝石
    予約をお願いしたのは東京モーターショーが終わり数ヶ月が過ぎていました。
    モーターショーではマセラティのグランツーリズモ待ちだった私は次の車のことなんて考えもしていませんでした。たった一台だけ目に焼きついていたのが、B3のグリーンでした。展示車は内装がクリームでした。ライトに照らされたアルピナグリーンは展示場の隅で輝いていました。各社さまざまなグリーンがありますが、これほど美しく自然光でも屋内でも違った光を映し出す色は 稀だと思います。
    B5は広くて510馬力だからB3より良いに決まっていると思い込み去年購入しましたが、踏み込むと極端に速すぎて、性能と大きさのバランスはB3のほうが優れていると感じました。予約して納車まで約6ヶ月かかりました。
    満足している点
    AMGは誰でもが上手に運転できる、すごい性能の威圧的な車でした。
    だけどB3に乗って 昔の手造りAMGって本当はこんな感じだったのかな~なんて、想像しました。
    エンジンの感じはポルシェターボみたいな音で力強く、止まっている時も存在感があります。走りはまさに絹のようで、ターボが低速から効いているそうで ある所から突然にヒューヒューいう物とはまったく違います。自然の加速です。アルピナの場合は内装はスペシャルカーとして黒以外をお勧めします。路駐していてもいやな顔をされることは決してありません。
    優雅な外見とは裏腹に本格的なスポーツカーです。エンジン性能の繊細で精密な それにいつまでも乗っていたくなる様な温かさまで感じてしまいます。意のままに高性能で箱根もスゴク楽しかったです。
    ニコル青山で購入しました。営業の方も優秀ですし対応も良いです。
    不満な点
    雨の日の高速走行だけは要注意です。当たり前のことですが、横羽線の水溜りに はまり時速90㌔位で飛んでしまいました。ボディーとタイヤの隙間が狭いので水の巻き込みでボディを浮かせるような音がしてこわかったです。雨の日の横羽線の左車線は走れません。 
    納車された日にキャッツアイを踏んでパンクさせました。情けないです。時速30㌔以内のスピードで走り慣れた駅前のロータリーで緩やかなカーブでした。
    ベンツのようにいい加減な運転はしてはいけなかったのです。常に正しく、適度な緊張感を持続させながらも 真の走りの喜びを感じます。ATだから誰でもが簡単に運転できる奥様仕様の車になるAMGとは別格の車です。
    ダイヤル式のナビはM6の時に苦労しましたので後付けを条件に車の購入を決断しました。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)