現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車の指定空気圧 なぜ高くなった? 変わるタイヤの「傾向」と2つの理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛車の「指定空気圧」を意識したことはあるでしょうか。タイヤには最適な空気圧があり、自動車メーカーは車種・タイヤサイズごとに「指定空気圧」を決めています。

 ほとんどの国産車は、運転席ドアの内側に指定空気圧が記載されているので、チェックしている方も多いでしょう。

    【酷暑と電化でバッテリー上がり急増中!!!】寿命を延ばすコツとトラブル回避術

 近年、この指定空気圧が高い車が増えてきています。

 昔は指定空気圧が180~200kPa(1.8~2.0キロ)程度の大衆車が一般的でしたが、最近では230~240kPa(2.3~2.4キロ)という車も頻繁に見かけるようになってきました。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン