現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜクラウンやGT-Rは差別化??】 消えゆく“車種専用”エンブレム 敢えて採用する理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.1

【なぜクラウンやGT-Rは差別化??】 消えゆく“車種専用”エンブレム 敢えて採用する理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロントマスクは文字通り「車の顔」。多くの車のフロントマスクには、そのメーカー・ブランドを表わす共通のエンブレムが付いている。

 ホンダ車はHマークを、スバル車は六連星エンブレムといった具合に、すべての車種にメーカー共通のエンブレムを採用しているメーカーもある。

    【売れ筋超ハイトワゴンの本命】 N-BOX スペーシアに殴り込み!! 新型タントはここが推し!!

 一方で、例えばクラウンのフロントマスクにはトヨタのメーカーロゴではなく、王冠をかたどったエンブレムが付く。これは同車専用のエンブレムだ。

 このように車種独自の専用エンブレムを採用するモデルは、実は近年減少傾向にある。そのなかで、なぜクラウンやGT-Rなどは、わざわざエンブレムを差別化しているのか?

 車やメーカーの象徴でもあるエンブレムに込められた意味を追った。

文:永田恵一
写真:編集部

現在車種別エンブレムを採用するモデルは?

現行型カローラスポーツ。フロントマスクにはカローラシリーズ共通の「C」をかたどった専用エンブレムを採用している。ただ、海外仕様はトヨタのバッジをつけている

 現行の日本車で車種別エンブレムを採用する車種は以下の通りとなる。

 トヨタの場合フロントマスクに車種別エンブレムが付くモデルは日本専用車、伝統あるモデルに付くことが多い傾向を感じる。

 また、ダイハツは、ムーヴやタントのような主力車種にはダイハツのエンブレムを採用。

 ミラトコットやウェイクといった派生車種や旧型がない新型車に車種専用エンブレムを採用する傾向があり、車種専用のエンブレムがフロントマスクに付くモデルが意外に多い。

 現行の日本車全体で見れば、フロントマスクに付くエンブレムは、やはりメーカーかブランドのモノが付くモデルが多数派で、車種別エンブレムが付くモデルは少数派といえる。

■主な車種別エンブレム採用車の一覧

【トヨタ】
カローラアクシオ、カローラフィールダー、カローラフィールダー、アルファード、エスティマ、エスクァイア、ノア、アリオン、プレミオ、マークX、クラウン、センチュリー、ハリアー

【日産】
GT-R

【スズキ】
ラパン

【ダイハツ】
コペン、ミライース、ミラトコット、キャスト、ムーヴキャンバス、ウェイク、ブーンスタイル

車種別エンブレムは減っている?

現在はスバルの六連星エンブレムを付けているインプレッサながら、2代目の初期モデルに車種専用のエンブレムを採用していた時期があった

 さて、平成以降の過去30年間で「昔は付いていたものの、現在はフロントマスクに車種別エンブレムを付けなくなった車」(車種自体が消滅したものも含む)は以下の通り。

 日本車全体で見ればホンダ、マツダ、三菱、スズキでフロントマスクに車種別エンブレムが付いていたモデルは、少なくとも筆者の記憶にはない。

 ここに日産車の減少分と、トヨタと日産の車種数減少によるマイナス分、ダイハツのプラス分を差し引きすると、「フロントマスクに車種別エンブレムが付くモデルは若干減少傾向」というのが総合的に見た現状だろう。

■車種専用エンブレムが消滅したモデル一覧(絶版車含む)

【トヨタ】
ヴィッツ、ヴォクシー(現在この2台にはネッツ店のエンブレムが付く)、カムリ(5代目モデルまで)など

【日産】
キューブ、エルグランド、ステージア(ともに初代モデルまで)、スカイライン(10代目モデルまで)、フェアレディZ(4代目モデルまで ※左右フェンダーには現在も専用エンブレムが付く)、シルビア、プレジデント、シーマ(4代目モデルまで)、セドリック/グロリア

【三菱自動車】
初代プラウディア/ディグニティ

【スバル】
レガシィ(2代目と3代目モデルの途中まで)、インプレッサ(初代モデルの途中まで、2代目モデルのごく初期)

■なぜ日産で車種別エンブレムが付くのはGT-Rのみに?

 このように日産では目下、GT-Rのみが車種専用エンブレムを採用している。

 これは1999年にゴーン体制となって以来、日産はルノーとの資本提携も含め「日本の企業というよりグローバルな企業」になったこともあり、新生日産のアピールも含めて、それぞれの車種よりも日産のブランドを強調する方が重要と判断しているためだろう。

 GT-Rにだけフロントマスクに車種別エンブレムが付く理由は、日産のシンボル的なモデルであることに加え、それまでなかったマルチパフォーマンススーパーカーというジャンルのモデルだけに、世界にGT-Rというブランドをアピールするべきと判断した結果だろう。

ブランドロゴがあるのに…なぜ車種別エンブレムを採用?

車種専用のエンブレムをフロントマスクに付けるコペン。ダイハツの「D」マークではなく、あえて差別化する狙いは?

 さて、少数派となっている車種専用エンブレムを採用する理由をトヨタとダイハツに聞いてみたところトヨタは、

「フロントマスクのエンブレムにトヨタのマークを使うのか、車種別エンブレムを使うのかというのは明確な基準はありませんが、“トヨタ”というブランドを強調したいモデルにはトヨタのマーク、車種を強調したいモデルには車種別のエンブレムを採用する方向となっています」

と回答。一方のダイハツは、

「弊社では派生車種や木で例えれば枝葉にあたるニッチ路線を狙ったクルマのフロントマスクに車種別のエンブレムを採用することが多いです。

 理由としては『新しいモデルなので認知度を高めたい』、『新しい世界観やコンセプトを強調したい』、『コペンのようなモデルではクルマの性格上、特別感を強調したい』といったことが挙げられます」

と回答。トヨタに関しては、1950年代の日本車黎明期に初代クラウンを筆頭に、コンセプトなどを含め、全体的にGMを見本にしていた感が強かった。

 当時のGMは、シボレー、ビュイック、キャデラック、現在は消滅したポンティアック、オールズモビルといったブランドに分かれており、ブランドそれぞれのエンブレムを持っていた。

 トヨタはその影響を受け、フロントマスクに車種専用エンブレムを付けるモデルが多いという説もある。

◆  ◆  ◆

 広い目で見れば「エンブレムがメーカー&ブランドなのか、車種別なのか」というのは些細な問題だろう。

 しかし、現在フロントマスクに車種別エンブレムが付くモデルは、日本専用車やダイハツのように新しいモデルなどが目立つ。メーカー&ブランドとは別のエンブレムを作る開発資源も考えれば立派なことでもある。

 その意味で、車種専用エンブレムを纏う車は、敬意を払うべき存在といえるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します