現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜ?】クルマのサイズ分けと年々大きくなる理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は2018年4月に有料配信したメルマガを無料公開したものです。
メルマガ登録はこちらから

日本のクルマ・マニアといわれる人は、クルマのサイズに拘る人が少なくない。ニューモデルが出るたびに、サイズが「大きくなった」と否定的に語る人が多いのも毎度のことだ。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2019/06/12 18:32

    違反報告

    金払ってまで読むような記事ではないね。

  • axb*****|2019/06/12 18:28

    違反報告

    >日本のマニアが求める全長4m、5ナンバーサイズのクルマに高回転型エンジンを積んだMT車といった存在は、グローバル商品にはなりえない

    むしろ海外の方がこれに該当する車を販売しているよ。
  • the*****|2019/06/12 18:20

    違反報告

    前モデルよりも小さくなると進化しているように見えないからでしょう。

    ゴルフは年々肥大化しているが、一方では初代ゴルフのサイズに近いポロを出してダウンサイジング化も推進した。
    そのポロも年々肥大化して、最新モデルではゴルフとプラットフォームを共有する始末。
    初代ポロのサイズは現在up!が死守しているが、次期モデルでどこまで肥大化するか、ある意味で楽しみ。
    将来的にup!がゴルフのサイズまで肥大化したら、その下のモデルを出すかも?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン