現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 毒キノコにカタツムリ! 昭和のクルマ好きが使った旧車パーツの愛称5つ

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.27
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目からイメージして呼んでいた

 自動車部品の名前は正式名の他に、見た目のイメージからユニークな呼び名がいくつかある。それらの中から、昔からクルママニアが使ってきたフレーズを5つピックアップしてみよう。

    車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

・タコ足

 タコ足とはエキゾーストマニホールドのこと。エンジンの各気筒の排気ポートから出てくる排ガスを1本に集合させる排気管。ポートから集合分までの長さは、気筒ごとにばらつきのない等長がベストで、そのパイプの長さを揃えるために、パイプがタコの足のように曲げられていることからタコ足と呼ばれている。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン