現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 楽器会社のヤマハも関わっていた! 世界に誇るトヨタ2T-G型エンジンとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイルトン・セナが乗ったF3マシンにも採用

 ハイブリッドやEVが勢力を拡大してきているとはいえ、名車の陰には常に名エンジンあり。数あるエンジンの中から、とくに名機といえるエンジンをピックアップ。今回はトヨタ・セリカ(初代)や70系カローラGTに搭載された2T-G型エンジンを振り返る。

    「低偏平タイヤ」を採用するクルマはなぜ増えた? その理由と歴史を振り返る

 1970年に登場したトヨタの2T-G型エンジン。ルーツを辿ると、“パッションエンジン”と呼ばれたT型エンジン(1.4リッター直列4気筒OHV)から始まっている。その「T型」エンジンをベースに200ccボアアップしたのが、初代カリーナ(TA12)などに搭載された「2T型」だった。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン