現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ CATL(中国)・LG化学(韓国)とリチウムイオン・バッテリーの長期供給契約締結

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.19

ボルボ CATL(中国)・LG化学(韓国)とリチウムイオン・バッテリーの長期供給契約締結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌に載らない話

ボルボ・カーズ・グループは、2019年5月15日に大手バッテリーメーカーのCATL(中国)、LG化学(韓国)と数1000億円規模の長期契約を締結したと発表した。これにより、ボルボ、ポールスターの次世代モデル用リチウムイオン・バッテリーの今後10年間にわたる供給が保証されることになった。

    住友ゴム タイヤ管理システムをIoT企業と展開

電動化戦略

この契約は、今後導入されるSPA2プラットフォームと現行のCMAプラットフォームを採用する全モデルに対するグローバルなバッテリー・モジュール供給を対象とし、バッテリーを確保したことでボルボ・カーズが取り組む電動化戦略の実現に向けて大きく前進したことになる。

すでに2017年にボルボ・カーズは、2019年以降に発売されるすべての新型車を電動化するという業界をリードするコミットメントを発表している。この戦略によりボルボ・カーズは2025年までに世界で販売するボルボ車の50%をバッテリー電力を使用する完全電気自動車にすることを目指すとしている。

ーーボルボ・カーズ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン
「ボルボ・カーズの将来は電動化にあります。本日締結したCATLおよびLG化学との契約を通じ、ボルボ・カーズが電動化目標を達成するためにどれほど意欲的であるかがお分かりいただけるでしょう」と。

中国のCATLと韓国のLG化学はともに世界1、2を争うバッテリーメーカーであり、どちらの企業にも世界の自動車産業にリチウムイオン・バッテリーを供給してきた十分な実績がる。両社は、先進技術、信頼できるサプライ・チェーン、そして価格競争力を持つ点でボルボ・カーズの厳格な調達ガイドラインを満たし、特に中国におけるバッテリー供給に関しては、ジーリー(吉利汽車)グループによる、より広いスケールメリットを受けられることになる。

「本日締結した契約により、今後10年間のバッテリー供給を効果的に確保することができました。」調達担当上級副社長のマルティナ・ブーフハウザーはこのように述べ、「それぞれの地域で供給業者を2社利用できるようになると、今後のサプライ・チェーンにも柔軟性を持たせることができます」と続けた。

XC40から

ボルボ・カーズの最初のバッテリーパック組立ラインは、ベルギーのゲント工場内に建設中で、2019年末までに完成する見込みだ。このゲント工場で生産される初の完全電気自動車はコンパクトSUVのXC40だ。またゲント工場では、すでにプラグイン・ハイブリッド仕様のXC40の製造が開始されている。

現在XC40で採用されているCMAは完全電気自動車のファストバック・モデル「ポールスター2」の他、ジーリーとボルボが共同所有する姉妹ブランド「LYNK & CO」から販売されるいくつかのモデルにも採用されている。それら3モデルは、ボルボによって運営される中国の路橋工場の生産ラインで生産が開始される予定だ。

今後導入されるDセグメント用のSPA2プラットフォームは、ボルボが自社開発したSPAの次の世代の車両プラットフォームで、今後数年のうちに採用される予定となっている。SPAは自動車業界で最も先進的な車両プラットフォームの1つで、現在は90シリーズと60シリーズに採用されている。SPA2を導入する最初のモデルは、次世代のラージSUV「XC90」となる予定だ。

また2019年初め、ボルボ・カーズは今後全モデルにわたって利用する予定の数多くの改良型、あるいは新開発の電動化パワートレーンを発表した。現在のT8、T6の「ツインエンジン・プラグインハイブリッド」の改良により、すべてのモデルにプラグインハイブリッド・モデルが登場する。

中国・CATLとは

2011年に設立されたCATL(Contemporary Amperex Technology Ltd.:寧徳時代新能源科技)は、電気自動車用のリチウムイオン・バッテリーとエネルギー貯蔵システムを開発、製造する巨大電池企業だ。その他にバッテリーマネジメントシステムの開発やバッテリーのリサイクルとリユースも行なっている。

2018年のCATLの年間販売量は21.31GWh。CATLは現在の世界の電気自動車用バッテリー業界において2018年の年間出荷台数で第1位となっている。さらに2020年頃には50GWhという世界でも空前の生産規模を目指している。なおホンダ、BMWなどもCATLと供給提携を結んでいる。

中国・寧徳に本社を置き、世界各地に2万4000人以上の従業員を擁し、中国の上海、江蘇省、青海、北京、そしてミュンヘン、パリ、デトロイト、横浜などに支社がある。主なバッテリー開発工場は、中国の福建省、江蘇省、青海省にあり、ヨーロッパではドイツ・エアフルトで最新工場の完成が間近だ。

韓国・LG化学とは

LG化学(LG Chem Ltd.)は、石油化学、先端材料、エネルギーソリューションの3つの主要事業部門を持つ韓国最大の総合化学会社だ。1947年に設立され、現在世界中で3万4000人以上の従業員を擁している。化学事業では石油化学製品から高付加価値プラスチックまで、幅広い製品を製造し、化学的専門知識を活かし、電子部品やリチウムイオン・バッテリーなどのハイテク分野にもビジネスを拡大している。

電池の開発と製造に20年以上の経験を持ち、世界をリードするリチウムイオンバッテリーのサプライヤーとしての地位を確立した。携帯電話およびハイブリッド/電気自動車とエネルギー貯蔵システム(ESS)用のリチウム・バッテリーの世界的サプライヤーとなっている。

雑誌に載らない話

CATL 公式サイト
LG化学 公式サイト

ボルボ 関連記事
ボルボ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jha*****|2019/05/19 18:41

    違反報告

    爆発するよ
    ブランド毀損する
  • zoo*****|2019/05/19 21:51

    違反報告

    ボルボにはアイシンのトランスミッションやデンソーの燃料噴射装置が採用されていたけど、バッテリー分野では低コストで高品質な中国や韓国製になってしまうんですね。
    破竹の勢いのボルボに搭載されて、この二社の信頼度もまた上がってしまうでしょうね。
  • tur*****|2019/05/19 20:23

    違反報告

    BMWやホンダが搭載しているCATLはともかくとして日本でLG韓国だと一定のイメージだけしかない。
    ボルボはフォード時代から高電圧対策研究を熱心に継続しているとは言え、そのイメージはジーリー以上に遥か強固だろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します