現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型トヨタ・スープラのルーツを物語る車両型式の変遷

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sar*****|2019/03/02 07:45

    違反報告

    カムリもセリカだった。
  • kan*****|2019/03/03 16:55

    違反報告

    新型スープラは2シーターであり、これはBMWのZ4を流用したからそうなってしまったのだが、やはりスープラはその系譜からして+2でいいから4シーターで行くべきだったと思う。
    直6エンジンに拘るあまりなのかどうか分からないが、トヨタほどの大メーカーがスポーツカーの一つも自力で作れないのかと。マツダやダイハツほどの規模でも自力で作れるのに、である。
    せっかくスバルとコラボした実績があるのだから、スバルのボクサー6気筒エンジンを生かしたモデルを出せなかったのかと、今更ながらに思うのである。
  • mog*****|2019/03/02 06:42

    違反報告

    良い記事でした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します