現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 男性の意見を鵜呑みにすると大後悔! 女性が乗るクルマ選びで必ずチェックすべきポイント8つ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.28

男性の意見を鵜呑みにすると大後悔! 女性が乗るクルマ選びで必ずチェックすべきポイント8つ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分に合ったクルマかどうかはクルマに詳しくなくても確認できる

 女性の皆さんは、クルマの購入を検討する時に、誰に相談しますか? やっぱりお母さんよりはお父さん、女友達よりは彼氏や旦那さまと、男性を頼りにする人が多いのではないでしょうか?

    わかってる感抜群! 運転女子にオススメしたい「ほどほど」スポーツモデル5選

 もちろん、それも間違ったことではありません。だいたいの相場や価値、比較すべきクルマのことなど、男性の方がそういった情報を持っている場合が多いですからね。

 ただ、そうした意見を鵜呑みにするのはちょっと待って! クルマそのものの良さや男性から見た良さと、女性が実際に乗って、使ってみて良いかどうかは、別の問題です。

 運転しやすさは、その人の体型や体力、経験値といったものがちゃんとクルマと合うかどうかも影響しますし、服装や靴の違い、持ち込む荷物、行く場所や買うものなど、いろんな要素が絡みます。「女性がクルマをどう使うか」や「女性がクルマのどこに不満や不安を抱くか」を熟知している男性というのは、なかなかいません。やはり最後は、自分自身でしっかりチェックして、納得のいくクルマを購入して欲しいなと思うのです。

 1)ドライビングポジション

 そんな女性に必ずチェックして欲しいポイントはまず、ここがOKなら8割は大丈夫と言ってもいいくらい重要な、運転ポジションがしっかり取れるかどうか。とくに小柄な女性はここがキモです。

 シートの前後スライド機能だけでなく、上下の高さ調整、リクライニング、ハンドルの位置を前後・上下に変えられるチルト&テレスコピックという機能。これらが付いていて、なるべく目線が高い位置から周囲を見通せて、足と腕が軽く曲がるくらいの位置で、お尻と背中がぴったりと背もたれにつくように座れて、ヘッドレストの一番上が頭のてっぺんと同じくらいの高さにくること。これが適正な運転ポジションなので、できるかどうか、しっかりチェックしてくださいね。

 できていないと、狭い道で車両感覚が掴めなくてぶつけてしまったり、車庫入れがしにくい、長時間の運転で疲れやすいなど、いろんなデメリットが生まれてしまいますよ。

 2)運転席からの視界

 そして2つめのチェックポイントは、その適正な運転ポジションで座った時に、前後左右の視界がしっかり取れているかどうか。とくに後方や斜め前・後ろの死角が大きいと、歩行者や障害物が発見しにくくなったり、車線変更がしにくかったりして、運転中の不安も大きくなってしまいます。最近はバックモニターなど、視界の確保を助けてくれる装備も充実していますが、夜間や雨の日などはどうしても見づらくなり、いつでも当てにできるものではありません。基本として、自分の目でちゃんと安心感のある視界が確保できるクルマにしましょうね。

 3)乗降性

 3つめは、スカートやパンツなどいろんな服装をし、髪型や靴もその日によって変わる女性ならではのチェックポイントとして、乗り降りのしやすさ。ドアのグリップは握りやすいか、開け閉めの重さはどうか、開口部はどれぐらいか。そして、乗り込むときにどれぐらい頭や腰をかがめるか、足の抜けはいいかどうか。手をかけやすい場所があったり、足を乗せるところに段差がないかどうかも重要ですし、腰痛持ちさんなら、負担がかかりにくいかどうかもチェックしておきたいですね。

 4)ハンドルの重さ

 そして4つめは運転中のチェックポイントとして、ハンドルの重さ。女性は軽い操作感の方がいいんでしょ、と思っている男性が多いのですが、じつは直線の幹線道路や高速道路を走っている時など、少し重厚感があって安定していたほうが、女性はリラックスして運転できるのです。ユルユルと軽すぎると、ギュッと必要以上に力を入れて握ってしまい、万一の時にとっさのハンドル操作がしにくかったり、疲れやすくなってしまうことがあります。

 車庫入れの時や交差点を曲がる時など、軽い操作感が嬉しい場面ではちゃんと軽く、安定感が欲しい場面ではガッシリとするハンドルが理想的。そうしたチューニングをしているクルマもたくさんあるので、乗ってみてチェックしたいところです。

 体格や力が違う! あくまで本人が触ってチェックすべき

 5)インターフェースの使いやすさ

 もう一つ、忘れがちだけどチェックして欲しいポイントが5つめ、インターフェースの使いやすさです。ナビ画面やエアコンの操作、スマホとつなげるかどうかなど、今はそうした機能が加速度的に変化していく過渡期なので、自分の感性に合うかどうかは大事。爪を伸ばしてネイルをしている女性ならば、その状態でも操作しやすいかどうかなど、ちゃんとチェックしておきたいところです。

 6)シートアレンジ

 そして6つめは、子育て世代の女性ならばとくに外せない、シートアレンジのしやすさ。ここで勘違いしてはいけないのが、シートアレンジの「豊富さ」ではないということ。クルマのアピールポイントとして、どんなにいろいろできることを謳っていても、普段の生活で頻繁に使うのは、後席を倒してフラットにすることくらい。ミニバンなら跳ね上げ格納ですね。この操作が一見カンタンにできそうでも、じつは復帰させるのがめっちゃ重くて大変とか、いちいちヘッドレストを外さなきゃいけないとか、実際にやってみないとわからないのです。

 さらに、荷室側からの操作だけで完結するのか、リヤドア側にまわって操作しないとダメなのか。その逆もしかり。子供が小さいうちは、抱っこしたまま操作しなきゃいけない場面も出てきますので、軽さと簡単さは本当に重要です。

 7)リヤゲートの開閉

 さらに7つめのチェックポイントは、荷室のリアゲートが開け閉めしやすいかどうか。ミニバンだととくに、小柄な女性にはゲートが高すぎて手が届かないとか、手動だと重すぎて閉められないとか、意外にクルマを購入してから「あれっ?」と気づくパターンも多いところ。最近はパワーテールゲートや、足の動作で開け閉めできるハンズフリー機能も増えてますので、もし高さや重さがネックなら、そうした装備を付けるのもアリですね。

 8)掃除のしやすさ

 さて、最後になりますが、8つめのチェックポイントは長く愛着を持って乗り続けるために、掃除がしやすいかどうか。これも大切な機能なんです。たとえば軽自動車などに多いピアノブラックのインパネは、指紋などの皮脂汚れがすごく目立ちます。デコボコしたスイッチがあると掃除がしにくいのですが、タッチパネルならエンジンを切った状態でサッと拭き掃除ができるんですね。なので、この場合はタッチパネルのクルマを選ぶとストレス半減。

 シートも撥水加工があればいつまでも綺麗な状態を保ちやすいし、荷室のフロアも同じです。子供が部活をやっていたり、キャンプやスキーなどアクティブな趣味を持つ女性なら、なおさら掃除のしやすさはチェックしておきたいですね。

 そんなわけで、女性ならではのチェックポイントを8つご紹介しました。ただ、街中を走っていて一目惚れしたとか、デザインやボディカラーが大好きとか、そうしたトキメキも、女性にとってはとても大切な要素だと思っています。なので、チェックポイント全てが完璧なクルマというと、なかなか難しいかもしれませんが、自分の優先順位をつけて、なるべく多く当てはまるクルマを見つけよう、くらいの感覚で大丈夫。ぜひ、運命の1台と出会って欲しいなと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP まるも亜希子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します