現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまも、プジョー/シトロエンの主力。開発コード「Prince」、BMWとの共同開発によるエンジン――EPシリーズ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.23

いまも、プジョー/シトロエンの主力。開発コード「Prince」、BMWとの共同開発によるエンジン――EPシリーズ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ EP6 “THP270”シリンダー配列 直列4気筒排気量 1598cc内径×行程 77.0mm×85.8mm圧縮比 11.0最高出力 200kW/6000rpm最大トルク 285Nm/1750rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 ディーゼルに傾注するあまりガソリンエンジンが陳腐化したPSAと、クライスラー製に変わる新しいMINI用横置きエンジンを求めていたBMWの思惑が噛み合い、共同開発に至ったシリーズ。開発コードは「Prince」。1.4ℓNAと1.6ℓのNA/ターボがあり、ボアは77.0mmで共通。BMW用として縦置きもラインアップした。

    日本でもおなじみだったルノー日産の2.0ℓディーゼル――M9R

 とくに搭載車種が多岐に渡るのが1.6ターボで、150psから270psまで車種によって過給圧を変えて使用する。BMWとの共同開発ということで、筒内燃料直接噴射や可変バルブタイミング“VALVETRONIC”、可変容量オイルポンプという現代的なメカニズム要素を網羅。ターボチャージャーはツインスクロール型を採用、1/4番気筒と2/3番気筒のふたつの排気流路とし、それぞれをタービンに送り込むことで排気干渉をなくしている。

 すでにMINIのエンジンはBMW内製の3気筒に完全移行したため、使用するのはプジョー&シトロエンのみ。しかし本系列以外には直列3気筒の1.0/1.2ℓしかガソリンエンジンの手持ちがないPSAにとっては、広範なラインアップを一手に引き受ける汎用エンジンとして現役。後継エンジンのアナウンスもないことから、Euro6適合の上しばらく主力エンジンの座にとどまる模様だ。

■ EP6 “THP165”
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1598cc
内径×行程 77.0mm×85.8mm
圧縮比 11.0
最高出力 121kW/6000rpm
最大トルク 240Nm/1400rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

■ EP6 “THP208”
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1598cc
内径×行程 77.0mm×85.8mm
圧縮比 11.0
最高出力 153kW/6000rpm
最大トルク 300Nm/3000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zaw*****|2019/02/25 17:59

    違反報告

    最新のEP6ターボエンジンはパワフルで燃費も良く低回転からトルクがあり扱いやすい(さすがに1.2Lには燃費で負けるけど)改良を重ねて故障も少なくなっている
    使い続ける意味はあるよ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します