現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 気がつけば日本車も衝撃的なパワフルさに! 国産ハイパワー車ランキングTOP5

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.12

気がつけば日本車も衝撃的なパワフルさに! 国産ハイパワー車ランキングTOP5

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんとNAエンジンモデルもランクイン

 ひと昔前までは日本車の最高出力は280馬力が自主規制値となっており、輸出仕様ではそれ以上のパワーが出ている車種であっても日本国内で販売されるモデルについては280馬力に抑えて販売されていた時期があった。

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

 それが撤廃されたのは2004年6月のことであり、最初に280馬力を超えた国産車はホンダ・レジェンドの300馬力であった。それから15年の時が流れ、国産車もハイパワーモデルが多くリリースされている。そこで今回は、現行モデルの中で最高出力の高いTOP5をご紹介しよう。

 5位:日産フェアレディZ NISMO/355馬力

 ベース車でも334馬力を発生するVQ37VHR型エンジンをNISMOチューンによって355馬力まで引き上げられたのがフェアレディZ NISMOだ。もちろん、エンジンだけではなく足まわりからボディ補強まで専用のチューニングが施されており、その価格に見合ったハイパフォーマンスモデルに仕上がっている。なお、このモデルが過給機の付かないNAエンジンとしては現行国産車最強となっている。

 4位:トヨタ・センチュリー/431馬力

 ハイパフォーマンスとは程遠いキャラクターを持つ新型センチュリーだが、じつはシステム最高出力431馬力を誇るモデルでもある。ベースは先代レクサスLSに搭載されていた5リッターV8+ハイブリッドシステムのものを流用しているが、センチュリー専用にリファインがなされており、約2.4トンもある巨体を音もなく加速させる実力を秘めているのである。

 やっぱり日本が誇るスーパーカーがワンツー!

 3位:レクサスRC F/477馬力

 レクサスのスポーツグレードであるFシリーズ。中でも2ドアクーペモデルであるRC Fのスポーツ度はかなり高い場所に位置していると言えるだろう。477馬力を発生する2UR-GSE型エンジンはLC500やGS Fにも搭載されているが、RC Fはそれらに比べて50kg~100kg以上軽量となっていることから、そのポテンシャルの高さが伺い知れるところだ。

 2位:ホンダNSX/581馬力

 V6ツインターボエンジンと3基のモーターによるホンダ独創のメカニズム、SPORT HYBRID SH-AWDを組み合わせたNSXはまさにハイテクの塊と言ったところ。システム最高出力は581馬力を誇るが、低速域ではモーターの強大なトルクを感じることができるため、実感としてはもっとパワーがあるように感じる場面もあるほどだ。

 1位:日産GT-R NISMO/600馬力

 現行国産車の中で最もハイパワーを誇るのが、日本が世界に誇るスーパースポーツ、日産GT-RのNISMOだ。職人が一台一台手組みで仕上げるVR38DETT型エンジンは、ベース車ですら570馬力と圧倒的なパワーを発生しているが、NISMOはさらに30馬力も上乗せした600馬力を発生させている。驚くべきはそこまでハイパフォーマンスにもかかわらず、ベース車と同様のメーカー保証がついている点だろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小鮒康一)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します