現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 誕生20周年を記念したスペシャルなプリウスがあった!

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

誕生20周年を記念したスペシャルなプリウスがあった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の冬、わずか2ヵ月弱の短期間で限定販売されたプリウス特別仕様車は、縦型の大型ナビ画面やブラックのコンソールパネルなどマイナーチェンジの内容を先取りしていたような内容だった。

 11月のLAオートショーでマイナーチェンジモデルの発表が行なわれた現行プリウス。プリウスPHVと同等の縦型大型ナビ画面の設定がニュースとなっていたが、実は国内向けプリウスでは一足早く、この11.6インチのタッチパネル式ナビをはじめとする、魅力的なアイテムを標準装備した特別仕様車が販売されていたのをご存知だろうか。

    スバル・インプレッサはなぜインプレッツァと読まないの?【SUBARU IMPREZA】

 その注目のモデルは、2017年11月~12月の期間限定で注文を受け付けていた特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”。1997年に誕生し、『ハイブリッド車』という新しいジャンルを牽引してきたプリウスの誕生20周年を記念して設定されたものだ。



 豪華仕様となる上級グレード「Aプレミアム」をベースに、215/45R17のタイヤ&アルミホイールなど走りのグレードである“ツーリングセレクション”の装備をプラス。ボディカラーは、特別設定色2トーンとして、ブラックルーフにホワイト/レッドのふたつのバリエーションを設定していた。それだけでなくブラックスパッタリング塗装を施したアルミホイールなど随所にブラックを配色し、ボディカラーとのコントラストを際立たせており、ぐっと精悍なイメージを増している。



 インテリアは前述した11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを特別装備したほか、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用。また、随所にブラック加飾を施し、フロントコンソールトレーはピアノブラック加飾に艶と輝きを保つ自己治癒クリヤー仕上げ。さらにアクセントに専用レッド加飾を施したサイドレジスターなども装備していた。あまり人気がなかった白のパネルをすべて取り去った内装は新鮮なイメージ。



 また、オリジナル加飾を施した専用スマートキー、専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)が付属することも特別感を高めるポイントだ。価格はFFが385万円、4WDが404万4400円だったが、当然のようにすでに完売している。ネットで中古車をさがしてみてもいっさいヒットしないので、これから入手するのはかなり難しいと思われる。



 そして、意外に知られていない情報だが現行プリウスでは、17年11月の一部改良で上記の特別仕様車以外でも上級グレードでは11.6インチ縦型ナビがオプションで選択できるようになっていた。未来的なナビは欲しいけど、価格が高いプリウスPHVには手が出ない、という人も多かったが、実はトヨタは対応してくれていたわけだ。

 こうなると、「初期型の鋭い顔つきのフロントフェイスが好み」という方で縦型ナビを追加して買ってみようか、と思う方もいらっしゃるかと思うが、現状でトヨタのホームページでは現行プリウスの工場出荷時期目処は「販売店にお問い合わせください」となっている。通常、モデルチェンジが間近なタイミングでこうした発表がなされるだけに、国内でもマイナーチェンジしたプリウスの発売は近いのかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します