現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「C-HR」にブラック&ブラウンの2スタイルで特別仕様車設定

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.3

トヨタ「C-HR」にブラック&ブラウンの2スタイルで特別仕様車設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは「C-HR」に「G」「G-T」をベースとしたブラック系とブラウン系、2種類の特別仕様車を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、2018年12月3日より発売を開始した。

    トヨタ「C-HR」を一部改良し1.2Lターボ車に2WD車追加

特別仕様車 G“Mode-Nero”、G-T“Mode-Nero”は、イタリア語で“流行の黒色”を意味する“Mode-Nero(モード-ネロ)”の名称通り、内装をブラック基調とし、クールな印象を高めた仕様とした。
シート表皮にはアクセントカラーとしてクールグレー(本革部)を採用、インストルメントパネルアッパー(上部)やコンソールボックスなどをブラックとしている。
また、外装にはブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを特別装備し、さらにクールでスポーティなイメージを創出している。



一方、特別仕様車 G“Mode-Bruno”、G-T“Mode-Bruno”は、同じくイタリア語で“流行の茶色”を意味する“Mode-Bruno(モード-ブルーノ)”が示すように、内装をブラウン基調とし、上質な印象を高めた仕様とした。
シート表皮やインストルメントパネルアッパー、コンソールボックスにはダークサドルタン(ブラウン系)を配色。
また、外装にはフロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すことでおしゃれな仕様としている。



その他、バックカメラ(※1)とリヤクロストラフィックアラート(RCTA)を特別装備し、後退時の安全運転をサポート。
外板色においては、モノトーンのブラッキッシュアゲハガラスフレーク(※2)、ツートーンのダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン(※3)など4色の特別色(※4)を含む全11色を設定した。
※1:映像を映すためには、販売店装着オプションのナビゲーションが必要
※2:特別仕様車 G“Mode-Nero”、G-T“Mode-Nero”に設定
※3:特別仕様車 G“Mode-Bruno”、G-T“Mode-Bruno”に設定
※4:上記ほか、ツートーンのメタルストリームメタリック×ブラックマイカ、メタルストリームメタリック×ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(特別仕様車 G“Mode-Nero”、G-T“Mode-Nero”に設定)

【メーカー希望小売価格(単位:円)】


※北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない

C-HR 車両情報(トヨタ)
C-HR 特別仕様車 G“Mode-Nero”/G“Mode-Bruno”/G-T“Mode-Nero”/G-T“Mode-Bruno” 車両情報(トヨタ)

トヨタ C-HR 関連情報
トヨタ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します