現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】レクサス、ブランニューの小型クロスオーバー「UX」を発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.27

【ニュース】レクサス、ブランニューの小型クロスオーバー「UX」を発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月27日、レクサスはコンパクト・クロスオーバーのニューモデル「UX」を発表、全国のレクサス店で発売を開始した。(タイトル写真は、左がレクサス・インターナショナル・プレジデントの澤氏、右がチーフエンジニアの加古氏)

レクサスのラインアップに新たに加わった、都会派コンパクト・クロスオーバー

UXは、「Creative Urban Explorer(クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー)」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求する「CUE(きっかけ)」となることを目指した、レクサスのラインアップに新たに加わる都会派コンパクト・クロスオーバーだ。

エクステリアは、タフな力強さと俊敏な走りを想起させる大胆かつ洗練されたもの。具体的には、縦方向に厚みを持たせたボディにより、安心感のあるタフな力強さを強調している。キャビンの中心からタイヤに向かって前後のフェンダーが張り出し、俊敏な走りを予感させる。

フロントでは三眼LEDヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配し、スピンドルグリルはブロックメッシュ形状として、精悍さと力強さを表現している。リアもスピンドルをテーマとした面取り造形で、左右一体の翼形状としたリアコンビランプも特徴的だ。

インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコクピットと視覚的な開放感を両立したもの。具体的には、クロスオーバーながら低いドライビングポジションとステアリングを中心に操作系を配置している。操作系は機能ごとにグルーピングし配置されている。

フロントシートには「刺し子」をモチーフとしたキルティングや、ベンチレーション機能を持つパーフォレーションを採用している。

GA-Cプラットフォームの採用に加え、ボディの高剛性化や軽量化による低重心化で、優れた操舵安定性と操縦安定性を実現している。

パワーユニットは、2Lの直列4気筒直噴エンジン(UX200)と、それにモーターを組み合わせたハイブリッド(UX250h)の2種を搭載。トランスミッションは、前者は発進用のギアを追加したダイレクトシフトCVT、後者は電気式無段変速機となる。駆動方式は、前者は2WD(FF)のみだが、後者にはAWD(E-Four)も設定されている。

また、ほかのレクサス車同様、専用の内外装が与えられたスポーティグレード「F スポーツ」も設定されている。

安全装備では、進化した予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」の機能をさらに進化させ、車線維持支援機能などを追加した。

グレードと価格は、以下のとおり。

事前受注で、計画比6倍の5500台のオーダーが入っているというレクサスUX。
世界80カ国で販売されるグローバルなクロスオーバーだけに、今後の展開が注目される。

レクサス UX250h バージョンL(AWD) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4495×1840×1540mm
●ホイールベース:2640mm
●重量:1640kg
●エンジン種類:直4DOHC+モーター
●排気量:1986cc
●最高出力:146ps・109ps
●最大トルク:188Nm・202Nm
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:フロント横置き4WD
●タイヤサイズ:225/50R18
●車両価格:535万円(税込み)

[ アルバム : レクサスUX はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します