現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 正統派セダンとして復活なるか!? 新型カムリ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.10

正統派セダンとして復活なるか!? 新型カムリ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや車種の個性が表れるのは、デザインやメカニズムだけとは限らない。例えば、収納スペースもそのひとつ。ユーザーが少しでも使いやすいように創意工夫が凝らされている。そのこだわりをチェックしてみた。

 1980年に初代モデルが登場し、現行型は通算で10代目となる。TNGAに基づいて、内外装からメカニズムに至るまで全面刷新。日本では下火のセダンの復権を託された。なお、国内ではハイブリッドのみが販売されており、エンジンは世界トップクラスの熱効率(41%)を誇り、燃費は最良で33.4km/ℓ(JC08モード)を達成する。18年8月の一部改良に合わせて、スポーティな内外装に仕立てた「WS」が追加された。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

インテリアに溶け込む自然な配置

 レザーや木目で仕立てられた上質なインテリアには、ひっそりと目立たないように収納スペースが設けられている。いずれもオーソドックスなもので、日常生活に困らないだけの容量は確保されている。手に触れる感触や蓋の滑らかな開閉など、フォーマルなセダンのツボを見事に押さえている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します