現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【自動車博へ行こう】日本の本格的なクルマ作りは、戦前の1936年、トヨダAA型から始まった

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.10

【自動車博へ行こう】日本の本格的なクルマ作りは、戦前の1936年、トヨダAA型から始まった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車博物館の楽しみのひとつに「他では見られないクルマとの出会い」がある。愛知県長久手のトヨタ博物館にはそんな出会いが感じられるクルマがずらりと並んでいる。中でもトヨタ自動車の乗用車第1号とされる「トヨダAA型」には思わず見とれてしまうことだろう。(Motor Magazine 2016年7月号より)

トヨダAA型は国産車の歴史の始まり

1930年代と言えば、アルファロメオがミッレミリアやタルガフローリオを制し、メルセデス・ベンツがグランプリを席巻し、BMWが328というスーパーマシンでル・マンなどで活躍していた時代。

欧州ではすでに自動車文化が花開いていた頃、日本では、豊田自動織機を興した豊田佐吉の息子、豊田喜一郎は「これからは自動車の時代だ」と、乗用車の開発に乗り出すところだった。80年前のことである。こうして誕生した「トヨダAA型」は、日本では製造技術もままならない時代に、1400台あまりが生産されている。その後、太平洋戦争の荒波に飲まれて自動車生産どころではなくなるが、この頃からすでにトヨタのクルマ作りは始まっていたのだ。

トヨダAA型は、1936年10月に発売されたトヨタ自動車初の乗用車。エンジンはシボレー・マスター・シリーズDAの直6OHVを参考に作り上げられ、ボディはすでに空力を取りれていたデソート・エアフロー・シリーズSEを範にデザインされていた。

こうして1500kgのボディに65psのエンジンながら3速のMTを介して実測100km/hを実現。インチ単位で設計され、ボディの塗料にはいち早くデュポン製ラッカーを用いるなど先進性にも富んでいた。また、ダッシュボードのウッドは豊川稲荷山門の欅の木目、アシストグリップは組紐を用いるなど和のテイストも盛り込んでいた。

トヨタ博物館には、当時の資料を元にトヨタ自動車の特別な部署で復刻された車両が、同時代に生まれた欧米の名車とともに並んでいる。時代背景を感じながら、トヨダAA型を見るのも楽しい。

トヨダAA型(1936年式)

主要諸元 ●全長4785mm×全幅1730mm×全高1736mm ●ホイールベース2850mm ●エンジン水冷直列6気筒OHV ●排気量3389cc ●最高出力65ps/3000rpm ●車両重量1500kg

トヨタ博物館

日本最大級の自動車ミュージアム。トヨタ創立50周年を記念して1989年に開館した。自動車の歴史を伝える施設として、今回紹介したトヨダAA型、トヨペットスーパーRHN型、トヨペットクラウンRS型、トヨペットマスターRR型をはじめ、トヨタ2000GT、1600GT、セリカなどトヨタの名車のほか、1951年式ジャガーXK120、1955年式メルセデス・ベンツ300SL、1955年式フォード・サンダーバードなど、国内外、世界の名車を約160台展示している。欧米車、日本車とりまぜて時系列に展示する常設館のほか、企画展示、日本車コーナー、ライブラリー、生活文化展示などもあり、1日ではとてもすべて見ることができなほどの充実ぶり。クルマ以外にも、芸術的なカーマスコットを展示したコーナーなどもあり、行くたびに新鮮な出会いがある。

●住所:愛知県長久手市横道41-100 
●入館料:大人1000円、シルバー500円、中高生600円、小学生400円
●休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始、開館時間9時30分~17時(入館受付は16時30分まで) 
●駐車場:あり
●問い合わせ先:☎0561-63-5151
●アクセス:地下鉄東山線藤が丘駅よりリニモに乗り換えて芸大通駅下車、徒歩5分。クルマの場合は、名古屋瀬戸道路、長久手ICより西へ0.4kmグリーンロード沿い。東名名古屋IC、名二環状本郷ICより東へ4kmグリーンロード沿い。
●展示車両は入れ替えの場合あり。

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Motor Magazine編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/11/10 16:43

    違反報告

    トヨタ博物館という名前だが、実際はトヨタ以外のクルマのほうが多く収蔵されている事実、世界のクルマの歴史を一通り学べる博物館として来年で30年。これはすごいことだと思うし、普段はトヨタに対し辛口の意見を持っている方もこの博物館のあり方に関しては、おおむね肯定的なのではなかろうか。
    他メーカを見回しても、ミュージアム的なものは増えたが、要予約で限られた人しか見学できないなど敷居の高いところも見られる。そうではなくて、もっと多くの方に見てもらえるように他メーカーの方には切磋琢磨していただきたい。
  • nan*****|2018/11/10 13:32

    違反報告

    当時ダットサンは小さく、商工省はアメリカ車に対抗しうる中型車とトラックを造れる企業を必要としていた。
    名乗りを挙げたトヨタだったが、中型車トヨダAA型は最初期の試作車では自製出来た部品は殆ど無く、機械系部品の相当数は既存アメリカ車からの流用品やったのは知る人ぞ知る所。
    しかしながら今やハイブリッドで世界をリードし、EV車の開発に取り組む。
    今尚創業者一族が経営に関わり、更に創業時のチャレンジングスピリットも生きている事は凄い事と思う。
  • la_*****|2018/11/10 15:11

    違反報告

    このトヨタ博物館のAA型復元車、皮製シート他当時の実車よりも豪華な仕立てになっているそうだ。
    タミヤ1/24を作製するときの参考とする際にはご注意を。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します