現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの人気コンパクトミニバン「ルーミー/タンク」の違いは? 気になる中古相場や燃費についても紹介

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.3

トヨタの人気コンパクトミニバン「ルーミー/タンク」の違いは? 気になる中古相場や燃費についても紹介

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「品格と艶やかさ」を追求したルーミーと、「ダイナミックさ」を表現したタンク

 トヨタのコンパクトミニバン「ルーミー」と「タンク」は共“にカスタムG-T”を最上級グレードに持つ人気車種です。今回はそのエクステリアやインテリア、中古車相場の違いについて紹介します。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 トヨタの子会社であるダイハツによりOEM供給されている「ルーミー/タンク」は、同じプラットフォームを持つ兄弟車で、当然、搭載される1リッターターボエンジンやミッションなどは共通のものを使用しています。

 そのため、両車種ともに燃費は21.8km/Lから24.6km/Lと同じ数値となっており、グレードもX“S”/X、G“S”/G、G-T、カスタムG“S”/カスタムG、カスタムG-Tと共通したラインナップ構成となっています。

 また、新車価格についても同様に、146万3400円から196万5600円とまったく一緒のプライスが付けられていますが、中古車に関してはルーミーが90万円台から230万円台、タンクは90万円台から280万円台が相場で、後者の車種ではモデリスタなどのパーツでカスタムしてある車両が多く見受けられます。

「ルーミー/タンク」の一番の違いがそのフロントフェイスのデザインにあり、ルーミーは厚みのあるヘッドランプと面を強調したグリルを備えることで「品格と艶やかさ」を追求、対してタンクは切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルの組み合わせにより「ダイナミックさ」を表現しています。

 両車両ともにカスタムグレードではメッキ加飾や専用バンパーを備えることで計4種類のフェイスが用意されてる点も、多くのユーザーから受け入れられる理由の一つかもしれません。  リア周りに関してはテールランプのカラーに違いがあり、ルーミーではレッド、タンクではクリアを採用。車両のコンセプトに添った配色が与えられています。

 ワイド感とハイテクイメージを追求したインテリアのデザインは、グレードによって異なりますが、基本的には両車種ともに共通のものが使用されています。

 2016年の12月に発売され、約一ヵ月で合計3万5000台(ルーミーが約1万8300台/タンクは1万6700台)の受注を記録した人気車種だけに、今後のモデルチェンジが気になるところです。

 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します