現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 進化した日本のスーパーカー!──ホンダ NSXの改良モデル新登場!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

進化した日本のスーパーカー!──ホンダ NSXの改良モデル新登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月の登場以来、400台以上(日本国内)のオーダーを受けた現行NSX。車名別の2000万円以上のスーパースポーツカテゴリーでは販売台数ナンバーワンという。そんな人気モデルの改良版が発表された。

初代から受け継ぐ開発コンセプト「人間中心のスーパースポーツ」のもと、エクステリアおよび走行性能を中心にブラッシュアップした。新しいNSXは「New Sports eXperience」をテーマに掲げる。

    計画の2倍売れてるNSXが改良 価格は変わらず2370万円

まずエクステリアはワイド&ローなスタイルはかわらない。しかし、フロントグリルを従来のシルバーからボディ同色に変更したほか、フロントとリアのメッシュパーツは従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更した。これによりクオリティ感を向上し、また、よりスポーティなルックになったという。

ボディカラーは「サーマル オレンジ・パール」を新たに追加した。これは、初代NSXのプレミアムカラーであった「イモラオレンジ・パール」にインスピレーションを得たもの。

「鮮やかなオレンジによって、NSXのエキサイティングなドライビングイメージを表現した」と話すのは開発責任者の水上聡氏。“カリフォルニアに昇る朝日をイメージした”とうたう同色の輝きはまぶしい。この彩度は塗装技術の進化によるところ大だという。

なお、オプション設定の「カーボンセラミックブレーキローター」のブレーキキャリパーにも新色としてオレンジがくわわった。

インテリアは、これまでブラックカラーのみだったフルレザーシートにレッドカラーを追加。また、レザー×アルカンターラのコンビシートは新たにダークブルーの「インディゴ」を設定した。そして、オプションだったアルミ製スポーツペダル&フットレストを標準化した。

走行性能について水上氏は「操る喜びを進化させた」と言う。

具体的には、コンチネンタル社製の専用タイヤは剛性を高めるなど改良、また、前後スタビライザーなどの剛性も高め、旋回性能が上がったそうだ。

搭載するパワーユニットはおなじ3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン+モーター。制御システムを熟成させ、ハンドリングと安定性をより高次元で両立したという。また、走行モードを任意で設定出来る「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」は、各モードの制御を最適化した。

水上氏は続けて「走り出しからよりフラットな姿勢を実現した。コーナーでは、しっかりリアに荷重を乗せて脱出出来る」と話す。これには、NSXの4WDシステム「スポーツハイブリッド SH-AWD」の駆動配分制御の熟成が寄与するともいう。

新型NSXの価格はこれまでとおなじ2370万円。本日、10月25日から申し込みの受け付けを開始、発売は2019年5月を予定する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します