現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「パッソ」を発売 さらに安全に、さらにオシャレに生まれ変わったコンパクトカー

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11

トヨタ新型「パッソ」を発売 さらに安全に、さらにオシャレに生まれ変わったコンパクトカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■パッソがオシャレになって安全性能も強化

 トヨタは2018年10月10日、コンパクトカーの「パッソ」をマイナーチェンジして発売しました。デザインの質感向上を図るとともに、歩行者を検知してブレーキをアシストする衝突回避支援システム」を設定し、安全装備を強化しています。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ラインナップは「X」を基本にしたS/LパッケージS/Gパッケージ、「MODA」を基にした「Gパッケージ」が用意されており、それぞれに2WD/4WDが設定されています。

 デザインでは、スマートかつ上質な装いの「MODA」シリーズは、大開口のフロントグリルや、L字型の「フォグランプベゼル」でワイド感を強調し、大胆かつ上質な印象となっています。

 さらに「MODA Gパッケージ」には、上質さが際立つ15インチのアルミホイール、フォグランプベゼルに配したLEDイルミネーション、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットした「ドレスアップパッケージ」が新設定されました。 「Xシリーズ」はフロントグリル上部に添えたシルバー塗装のアクセントで、シンプルかつシャープな印象となっています。

 今回の「パッソ」マイナーチェンジでデザインについて、トヨタの国内企画部 西 祐太朗氏は「こだわりのデザイン、豊富なカラーリングを用意しましたので、ファッションを選ぶようにクルマを選んで欲しいです。若者に向けて「オシャレパッソ」というテーマで展開していきます」と語っていました。

 安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献する「オートハイビーム」などをパッケージ化した「衝突回避支援システム スマートアシストIII」と、前後方向障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。

 さらに、真上から見ているように周辺映像をナビゲーション画面に表示する「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージを設定し、先進安全装備が大幅に進化しています。

 また、トヨタはオシャレに生まれ変わった新型「パッソ」の発売に伴い、若者に人気のファッションブランド「ハニーミーハニー」と帽子ブランド「CA4LA(カシラ)」との限定オリジナルコラボアイテムを展開すると発表されました。

 キャンペーンの期間は「ハニーミーハニー」が10月13日から11月30日、「CA4LA」は11月26日から12月28日となっていて、全国のトヨタカローラで限定オリジナルコラボアイテムの販売を実施します。

 なお、今回の新型「パッソ」発表会ではタレントの「鈴木奈々」さんと、お笑いトリオ「ジャングルポケット」が登場して、会場を盛り上げていました。

 新型「パッソ」の価格(消費税込)は、124万2000円から186万8400円となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します