現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.20

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本市場のハイブリッド車に変化が見えてきた

世界的にクルマの電動化が進んでいると言われている。当初は「電動化=100%電気自動車」といった誤解もあったが、欧州発トレンドの電動化はハイブリッド(HEV:Hybrid Electric Vehicle)、プラグインハイブリッド(PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle)、そして電気自動車(EV:Electric Vehicle)のすべてを含んだものであり、まずはHEVの拡大から始まり、PHEVを普及させるというのが現状。

    もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載車』を総額2ケタ万円で手に入れる

すぐさま、ほとんどの新車がEVになるというわけではない。その意味では、HEV大国といえる日本の自動車市場は、トレンドを先取りしているともいえる。その日本市場においてHEVのバリューに変化が見え始めてきた。


48年ぶりに販売台数で首位に立った日産

2018年上半期(1~6月)の登録車販売ランキングにおいて、日産車として48年ぶりに「ノート」がトップに立ったというニュース(1970年上半期「サニー」以来)は、まだまだ記憶に新しい。けっして新しいモデルではないノートが売れているのは、2016年のビッグマイナーチェンジによりシリーズハイブリッドの「e-POWER」を搭載したことがきっかけだ。

日産「e-POWER」はHEVが燃費優先のシステムではなく、電動化がシームレスでトルクフルな走りにつながることをアピール、一気に人気モデルとなった。パッケージなどは変わらないマイナーチェンジながら電動パワートレインの新搭載によって売れるようになったという事実は、日本がHEV大国であるのは市場ニーズに応えたからだ、というロジックを裏付けるものでもあった。

もちろん、日本市場が「ハイブリッドでなければ売れない」といわれるようになったきっかけは、トヨタの「プリウス」にある。長らく、販売トップとしてHEV市場を牽引してきたプリウスは、まさにHEVーの代名詞といえる。実際、2018年上半期の登録車販売ランキングを見ても、ノート、アクア、プリウスというHEVモデルがトップ3になっている。


ハイブリッドでは当たり前、さらなる価値が求められている時代に

しかし、HEVであることが商品力という時代は終わりに近づいているのかもしれない。上半期の販売データを前年比でみると、ノートが87.1%、プリウスは70.2%と大きく落ち込んでいる。アクアについては103.1%と伸びているので、HEVが嫌われ始めたとまではいえないが、電動化による評価ポイントが下がってきていると感じる。2018年7月単月での販売ランキングでは、なんとプリウスはヴィッツやカローラに抜かれて5位にまで落ちているのだ。ノートにしても前年比90.5%で、じつは2018年になってから前年比を割り続けている。

こうした販売データは、HEVであることは当然となり、さらに価値を加えることが求められる時代になったことを如実に示している。電動化において何歩も先を行っている日本市場において起きたこの変化は、世界的トレンドの行く末を示しているのだろうか。

文:山本晋也
自動車コミュニケータ・コラムニスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します