現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 700馬力超え!? オデッセイ顔「シルビア」実車展示! ロータリーエンジン搭載のハイパーカー!? ピンクラメが強烈なスゴイの現る

ここから本文です

700馬力超え!? オデッセイ顔「シルビア」実車展示! ロータリーエンジン搭載のハイパーカー!? ピンクラメが強烈なスゴイの現る

掲載 21
700馬力超え!? オデッセイ顔「シルビア」実車展示! ロータリーエンジン搭載のハイパーカー!? ピンクラメが強烈なスゴイの現る

■13Bロータリーエンジンのオデッセイ顔240SXってナニ?

 アメリカ・ラスベガスで毎年11月に開催される、世界最大級のアフターマーケットパーツの見本市「SEMAショー」。
 
 2023年10月31日から11月3日まで開かれた今回のSEMAショーではホンダ「オデッセイ」の顔をまとった「240SX(シルビアの北米仕様)」が注目を集めました。いったいどのようなクルマなのでしょうか。

【画像】「えっ…!」オデッセイ顔シルビア現る! 凄すぎる実車を画像で見る!(20枚)

 SEMAショーは1967年より主催している見本市で、クルマのカスタムやエンジンのチューニングだけでなく、さまざまな「アフターマーケット」の会社・ブランドがこのショーに集まります。

 特にここ数年ではいわゆる「25年ルール」でアメリカでの登録が解禁された日本製スポーツカーや、それよりも古い世代の旧車の出展が多く見受けられるようになっています。

 今年のSEMAショーも例年通り、さまざまなカスタムを施した日本車が数多く展示されました。

 中でも、1999年創刊のチューニング情報雑誌「パスマグ」に展示されたシルビアは来場者の注目の的となりました。

 このビルドを手がけたのはポール・サグナイ氏です。ベース車両は自身が12年以上所有している1993年型240SX(シルビアの北米仕様)ですが、日本のシルビアに近づけるために右ハンドル換装が施されています。

 また、フロントはスピリット玲の「オデビア」換装キットを使って3代目オデッセイのヘッドライトが移植されており、他のS13とは一線を画すエキゾチックな見た目が特徴的です。

 外装色はラメ入りのキャンディピンクが特徴的ですが、それ以上に中身が驚きの仕様となっています。

 ポール氏の240SXはRB25DEにボルグワーナーのEFR 7670を組み合わせて最高出力430hpを誇る仕様で、パスマグ主催の「最強のカスタムカー」を決める選手権「チューナー・バトルグラウンズ」では2023年のチャンピオンにも輝きました。

 それから程なくして、ポール氏はSEMAショー出展にあたって240SXを作り直すことを決定、マツダ「RX-7」などにも搭載されるロータリーエンジン「13B-REW」へ換装することになりました。

 チューニングはバージニア州のロータリーエンジン専門チューナー「エンジェル・モータースポーツ」が担当し、ペリフェラルポートから吸気する「ペリチューン」が施されています。

 クラッチとフライホイールはACT(アドバンスド・クラッチ・テクノロジー)製、ターボチャージャーも新たにボルグワーナーS476へと換装し、最高出力700hpを目指したいとポール氏は語ります。

 これ以外にもスロットルにはボッシュ製の82mm電動スロットルを用いたほか、電動ウォーターポンプ、そしてエンジンルームをすっきりさせるためにオルタネータを撤去など、電装品周りもアップデートされています。

 肝心の冷却系統はラジエーターを上下V字型に配置する「Vマウント化」を敢行。

 ホイールハウスより前はパイプフレーム化されているほか、ストラットタワーは和柄のひとつである「青海波」模様のようなアートも施し、魅せるエンジンルームが完成されました。

 インテリアはRB25DE時代からあまり変わらず、シートはBRIDEのZETAIIIにタカタのハーネスと王道の組み合わせです。足回りにはレイズが日産のモータースポーツ部門「ニスモ」のために手がけたLM-GT2(18インチ)が燦然と輝いています。

 ブレーキはフロント6-potキャリパーに2ピースローターを組み合わせており、強力なエンジンに見合ったブレーキ性能を誇ります。

 今回のプロジェクトはスポンサーの協力なくして実現できなかったとポール氏は語ります。

 今後もさまざまなイベントにこの240SXを展示するとしており、その度に注目を集めることでしょう。

こんな記事も読まれています

【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
WEBヤングマシン
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
くるまのニュース
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
バイクのニュース
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ベストカーWeb
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb

みんなのコメント

21件
  • wil********
    ボンネットもグリルも外した写真載せてオデッセイ顔と言われても・・・。
    それならちゃんとした写真を載せてよ。
  • myu********
    北米仕様(240SX)なら、日本仕様の180SX顔(俗にいうワンビア状態)が標準状態のはず。
    オデッセイ顔にしたと言っても、他の方のコメにもあるように、グリルをつけてボンネットを閉じた画像が見つけられませんでしたが、実際どうなのかな。

    逆に北米なら、日本仕様のS13シルビア顔にするのも良いと思うんだけど。
    もちろん北米では珍しい状態になるはずだけど、日本から見れば「普通のシルビアじゃん」ってなりますけどね(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村