現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1ドライバーがお台場をカートで激走! 日本GP直前にアルピーヌF1チームのイベントが開催された

ここから本文です

F1ドライバーがお台場をカートで激走! 日本GP直前にアルピーヌF1チームのイベントが開催された

掲載 1
F1ドライバーがお台場をカートで激走! 日本GP直前にアルピーヌF1チームのイベントが開催された

 この記事をまとめると

■F1日本グランプリ開催に先駆けてアルピーヌF1チームのスペシャルイベントが開催された

F1日本GPに挑む角田裕毅を直撃! 「鈴鹿への意気込み」「岩佐歩夢」についても語る

■エステバン・オコン選手とジャック・ドゥーハン選手がEVカートタイムアタックを実施

■エキジビジョンとしてオコン選手によるアルピーヌA110のカートコース走行も行われた

 オコンは筑波サーキットが好きでドゥーハンはGT-Rがお気に入り

 アルピーヌが4月5日(金)から鈴鹿サーキットで開幕するF1日本グランプリを盛り上げるべく、スペシャルイベント「アルピーヌF1チーム MEET THE DRIVER」を、東京・お台場のシティ・サーキット・東京ベイで開催。レギュラードライバーを務めるエステバン・オコン選手と、リザーブドライバーのジャック・ドゥーハン選手が来場。EVカートを使ったタイムアタックや、トークセッションなどが行われた。

 トークセッションの話題は、日本の文化について。じつはオコン選手、大のドリフト好きで、なかでも筑波サーキットがお気に入りだという。

「5歳のときに友達とグランツーリスモ3で遊んでいて、筑波サーキットの存在を知りました。ゴーカート以外のサーキットで、初めて名前を覚えたのが、筑波サーキットなんです。ゲームの世界とはいえ、本当に楽しい時間を過ごすことができました」とオコン選手。

 まだ筑波サーキットに足を運んだことはないというが、オコン選手はいつかその夢を叶えたいようだ。あ、CARトップでは「筑波アタック」という名物企画がある。オコン選手には来年の日本グランプリウィークに、A110で筑波サーキットをアタックしてもらいたい!

 一方、ドゥーハン選手は将来的に日産R34型GT-Rを愛車にしたいようだ。

「6歳くらいのときに、映画『ワイルドスピード』を見てJDMとGT-Rが大好きになりました。生まれ育ったオーストラリアとロサンゼルス、そして日本でもドライブする機会に恵まれたのですが、サスペンションが素晴らしいですし、カーボンの良さが引き出されているクルマです。さらにエンジンはパワフルで、各チューニングメーカーが最大限のパフォーマンスを引き出そうと努力をしている。日本に来た際にはそういった姿勢や文化に触れることができて、幸せです。GT-Rという存在自体が憧れですし、いつか自分のパートナーに招き入れたいです」とGT-R愛を告白したのだった。

 オコンがA110Rでカート専用サーキットを爆走

 イベントの終盤には、オコン選手がA110の過激仕様「A110 Rチュリニ」でシティサーキット東京ベイをドライブした。

 シティサーキット東京ベイはあくまでカート専用に設計されているため、非常にタイトでコンパクト。さらにエスケープエリアはなく、壁はプラスチック製のブロックで仕切られている。万が一クラッシュするようなことがあれば、A110Rのボディは凹みカーボンパーツはお釈迦になってしまう……非常にリスキーな挑戦だ。

 しかしながら、さすがは世界最高峰のF1マシンをドライブする凄腕! オコン選手は最初の数ラップでA110Rのフィーリングをつかむと、限界ギリギリのドラテクを披露。ベストタイムは30秒768をマークした。あくまで参考程度だが、ドゥーハン選手がEVカートで叩き出したタイムが32秒710だったため、2秒近くもタイムを更新したことになる。

 ちなみに一般ドライバー(ルノー・ジャポン広報のSさん)が事前のデモ走行を行ったところ、タイムは45秒台だったという。1周あたりが短いサーキットでここまで差をつけるとは……現役F1ドライバーの度胸と根性、ドライビングテクニック、マジで半端ない!

 今シーズンはマシンに苦労しており、ここまでポイントを獲得できていないアルピーヌ。

 フラストレーションが溜まる序盤戦となっているが、日本グランプリでは鬱憤を晴らす戦いを見せてほしい。

こんな記事も読まれています

トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
月刊自家用車WEB
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
ベストカーWeb
地方路線バスは崖っぷち! 修学旅行のために「高速バス運休」という異常事態、もはや公金投入しかないのか
地方路線バスは崖っぷち! 修学旅行のために「高速バス運休」という異常事態、もはや公金投入しかないのか
Merkmal
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
くるまのニュース
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
レスポンス
レクサスが「小さな高級車」実車展示! 究極の自分仕様も登場!? サイズのヒエラルキーを超えた「LBX」 世界観が体験出来る場所とは
レクサスが「小さな高級車」実車展示! 究極の自分仕様も登場!? サイズのヒエラルキーを超えた「LBX」 世界観が体験出来る場所とは
くるまのニュース
クルマに「鳥のフン」が落下! 放置すると「クルマが痛む」原因にも! 落とされやすい「ボディカラー」と手軽な“対処方法”とは
クルマに「鳥のフン」が落下! 放置すると「クルマが痛む」原因にも! 落とされやすい「ボディカラー」と手軽な“対処方法”とは
くるまのニュース
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
バイクのニュース
ハースF1を離れた元テクニカルディレクターのレスタ、ガーデニング休暇後はメルセデスに加入へ
ハースF1を離れた元テクニカルディレクターのレスタ、ガーデニング休暇後はメルセデスに加入へ
AUTOSPORT web
ホンダはエンジン開発を復活させるべきだ! 名エンジン3選
ホンダはエンジン開発を復活させるべきだ! 名エンジン3選
ベストカーWeb
OAM2024人気車両コンテストグランプリは「KUHL JAPAN」の「35R-2024EIDTION WIDE BODY」に決定! メイド・イン・大阪です
OAM2024人気車両コンテストグランプリは「KUHL JAPAN」の「35R-2024EIDTION WIDE BODY」に決定! メイド・イン・大阪です
Auto Messe Web
駐車時は「ハンドル真っ直ぐ」が基本じゃないの? 高速でパトカーや作業車両がハンドルを切ったまま路肩に停めるワケ
駐車時は「ハンドル真っ直ぐ」が基本じゃないの? 高速でパトカーや作業車両がハンドルを切ったまま路肩に停めるワケ
WEB CARTOP
【クルマで行けるウマい店 Vol.2】──飲むだけで健康になれる!? 藤沢の隠れ家ジュース専門店「CHUNK Juice(チャンクジュース)」
【クルマで行けるウマい店 Vol.2】──飲むだけで健康になれる!? 藤沢の隠れ家ジュース専門店「CHUNK Juice(チャンクジュース)」
くるくら
ランボルギーニ、PHVのSUV「ウルスSE」を日本初公開 価格は3150万円から
ランボルギーニ、PHVのSUV「ウルスSE」を日本初公開 価格は3150万円から
日刊自動車新聞
テインからマツダ『RX-8』(SE3P)用車高調「ストリートアドバンスZ」が発売
テインからマツダ『RX-8』(SE3P)用車高調「ストリートアドバンスZ」が発売
レスポンス
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の会場マップ&最終タイムテーブルを公開!
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の会場マップ&最終タイムテーブルを公開!
バイクブロス
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
日刊自動車新聞
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • tnw********
    危険を察知したらハンドルでは無くブレーキで回避しろというのがスローガンでの良い活用方法だと思うが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村