サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 旧型カローラも需要がある!? 新型カローラ登場後も旧型モデルが併売される意外な理由とは

ここから本文です

■新旧カローラが併売される理由はボディサイズの拡大にあった

 2019年9月にトヨタ「カローラ」がフルモデルチェンジしました。これまで「カローラアクシオ」という名称だったセダンはカローラに、ワゴンタイプの「カローラフィールダー」は「カローラツーリング」として販売されています。

トヨタ 新型「カローラ・アルティス」発表! カローラ初となるHV投入

 新型カローラ/カローラツーリングはボディが3ナンバーサイズに拡大され、TNGAプラットフォームを生かした低重心なシルエットや車体のワイド感が表現されたスポーティなデザインが採用されました。

 一般的には、新型モデルが登場すると、旧型モデルは生産を終えます。

おすすめのニュース

サイトトップへ