サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ渾身の新コンセプトが空回り気味…いいクルマなのに!! MX-30の魅力と長所と課題

ここから本文です

 屋台骨であるCX-5を中心に、SUVラインアップを充実させているマツダ。2022年4月には、新型クロスオーバーSUV「CX-60」の日本仕様も公開になっている。

 だが、独特のコンセプトとメカニズムが魅力の「MX-30」は、販売がよろしくない状況だ。2022年の販売台数は、1月170台、2月268台、3月295台と、その他の同社SUVはおろか、2シータースポーツであるロードスター(月販平均で1000台(2022年1月~3月)は売れている)にさえ、遠く及んでいない。

マツダ渾身の新コンセプトが空回り気味…いいクルマなのに!! MX-30の魅力と長所と課題

 なぜMX-30は売れていないのか。

おすすめのニュース

サイトトップへ