現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの「スライドドアSUV」!? 全長4.3mのコンパクトボディ! “ミニランクル”感もある「Tjクルーザー」市販化の可能性は?

ここから本文です

トヨタの「スライドドアSUV」!? 全長4.3mのコンパクトボディ! “ミニランクル”感もある「Tjクルーザー」市販化の可能性は?

掲載 12
トヨタの「スライドドアSUV」!? 全長4.3mのコンパクトボディ! “ミニランクル”感もある「Tjクルーザー」市販化の可能性は?

■完成度の高いコンセプトモデル「Tjクルーザー」とは

 いまだに留まるところを知らないクロスオーバーSUV人気。人も荷物も載せやすいボディ形状に、車高が高く見晴らしが良いために運転もしやすいなど、マルチに使えるメリットが多いことで、一度使ったらその便利さに他のボディ形状に乗り換えにくくなるというのもうなずけるところです。

【画像】「えっ…スゴい!」斬新スライドドアSUV「Tjクルーザー」を画像で見る(18枚)

 そんな使い勝手の良いクロスオーバーSUVにも、意外にも備わっていない装備が存在しています。それがスライドドアです。

 狭い所でも開閉が可能なだけでなく、開口部も広いため、ジュニアシートやチャイルドシートを使用する際も無理なく乗せ降ろしができるなど、多くのメリットがあります。

 しかしこのスライドドアを備えたSUVは、オールラウンドミニバンとして知られる三菱「デリカD:5」や、軽自動車のスーパーハイトモデルにSUVテイストをプラスしたモデル程度にしか存在しないのです。

 しかし、過去には市販化目前ともいわれた完成度を誇る、スライドドアを備えたSUVのコンセプトモデルが発表されたことがありました。それが、2017年の東京モーターショーでトヨタが発表した「Tjクルーザー」です。

 車名のTjクルーザーとは、アクティブに“使い倒せる”TOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使われてきた「クルーザー」を加えて力強さを表現したもの。

 スクエアでタフさを感じさせるボディデザインと、力強さを感じさせる大径ホイールの組み合わせが印象的な1台です。

 無骨なデザインから大き目なボディサイズを想像しますが、実は全長4300mm×全幅1775mm×全高1620mmで、「C-HR」や「ヤリスクロス」と大差ない比較的コンパクトなサイズをしています。

 近年はプレーンで角張ったデザインの商用バン「プロボックス」をベースにSUVテイストをプラスするカスタマイズも流行しているため、Tjクルーザーはそのトレンドをいち早く取り入れたモデルといえるかもしれません。

 通常時は大人4人がしっかり座ることができる室内空間を確保していますが、助手席側の前後シートは荷室床面と同じレベルでフルフラットにすることが可能で、サーフィンのロングボードなど約3mまでの長尺物を車内に積載できます。

 この辺りは同じく助手席側がフルフラットになるホンダの「N-VAN」や、サーフボードを車内に積むことも考慮した「エレメント」などを彷彿とさせるものとなっていました。

 当時の発表では、プラットフォームは次世代のTNGAプラットフォームを使用し、パワートレインは2Lクラスのエンジンにハイブリッドシステムをプラスしたもの。そして駆動方式は、前輪駆動および4輪駆動とアナウンスされていました。

 なお、ホイールベースは2750mmであり、これらの情報を統合すると現行型のひとつのモデルが浮かび上がります。

 それが5代目「プリウス」です。

 プラットフォームは50系「プリウス」のものをブラッシュアップさせたTNGAプラットフォームで、搭載エンジンは2Lのハイブリッド。そしてホイールベースの2750mmも合致するのです。

 さらに2021年12月に開催された「バッテリーEV戦略に関する説明会」では、「コンパクトクルーザーEV」と呼ばれる初代「ランドクルーザー」や「FJクルーザー」のテイストを盛り込んだバッテリーEVも公開されており、これらはスライドドアこそ備わらないものの、電動化技術を取り入れたSUVモデルであることは間違いありません。

 また、先日公開された新型「ランドクルーザー250」の発表会では、さらなるランドクルーザーシリーズの拡充も示唆されました。

 すでに発表されている同シリーズとは明らかに異なる2台のSUVのシルエットも現れ、これが「Tjクルーザー市販化につながるモデル、もしくはコンパクトクルーザーEVの市販版ではないか」という憶測も呼んでいます。

 そしてトヨタの関連企業であるアイシンは、2022年11月にSUVにも搭載可能な新リンク式パワードアという新たなパワースライドドアシステムを発表しており、2024年の市場投入を目指すとも発表しています。

 この時に示されたイメージ画像には、Bピラーの備わらない大開口部のものが使われており、Tjクルーザーが市販される場合は、ピラーレスのより使い勝手の高いスライドドアが採用される可能性もありそうです。

 いずれにしても2017年の東京モーターショー以降、現時点では正式な発表は一切ないTjクルーザーですが、当時から完成度の高さは随一だったため、ぜひとも市販化を期待したいところです。

こんな記事も読まれています

将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
乗りものニュース
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
バイクブロス
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
くるまのニュース
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
バイクブロス
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
バイクブロス
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
レスポンス
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
Auto Messe Web
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
AutoBild Japan
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
AUTOCAR JAPAN
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
くるまのニュース
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
レスポンス
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
くるまのニュース
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
AUTOSPORT web
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ベストカーWeb

みんなのコメント

12件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村