サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんと軽トラ&軽バンまで! 超メジャー外国人デザイナーが手掛けた意外すぎる日本車たち

ここから本文です

なんと軽トラ&軽バンまで! 超メジャー外国人デザイナーが手掛けた意外すぎる日本車たち

部分的に手掛けたモデルもあった

 ベルトーネはなくなった(2回も倒産)し、ピニンファリーナもワンオフ架装メーカーみたいになったものの、イタリアの「カロッツェリア」というのは、自動車史はもちろん、クルマ好きにとってもやはり別格の存在だ。

100周年のマツダの旧車8台があまりに名車揃いすぎて改めて驚く!

 イタ車を中心とした輸入車だけでなく、以前までは日本車もけっこう手がけていて、いすゞ117クーペやスバルのアルシオーネSVXなど、見れば頼んだだけのことはあるなと納得したりする。ただ、すべてがそうではないのが難しいところで、言われて初めて「そうなんだ」ということも。今回はそんな意外なカロッツェリアの作品をまとめてみた。

スズキ キャリイ

 1969年に出た4代目はジウジアーロの作品。角目のユニークな顔つきなだけでなく、バンは前後対象というのも凄い。というか、軽トラ&軽バンを巨匠に頼むのも凄い。

ダイハツ ムーヴ

 初代ムーヴのデザインを担当したのはイタリアのイデア。パンパーまで続くAピラーのラインなどはさすがだが、社内デザインとミックスされている。

ホンダ シティカブリオレ

 ベースは社内のデザインで、なぜかカブリオレ部分だけピニンファリーナが担当。その理由は当時、ソフトトップのデザインと設計、製作はピニンファリーナが世界トップクラスだったから(シティデザイナー談)。

 ピラーのところにピニンファリーナのバッジが付いているのだが、日本車でカロッツェリアのバッジが付いているのはこれぐらいだろう(特別仕様車は除く)。

日産 マーチ

 1982年に登場した初代は直線基調の2ボックスで、これはジウジアーロが手がけたもの。

 ただ日産が手を入れたのでフツーな感じになり、当時も斬新な印象はなかった。ちなみにこの当時のジウジアーロは似たようなデザインをふたつする傾向にあって(手抜きではないと思うが)、フィアットのウーノを同時期に手がけている。

マニアでも知らないカロッツェリアデザイン

 意外に実用車にも関係していることがわかるが、最後にかなり味が薄まっちゃった例もあげておこう。有名どころでは3代目フロンテで、ジウジアーロが担当しつつも社内で相当手を加えたことにより、巨匠が激怒という逸話がある。スケッチと市販車は確かに別物。

 もしかしたら、そもそも案自体を途中で採用していないかもしれないし、あくまでも契約に基づいた仕事なので激怒するのも考えられないという、デザイナーの声もあるにはある。

 真偽は別として、もうひとつ例をあげておくと、いすゞのジェミニでCMも話題になったいわゆるFFジェミニ。GMも含めた社内デザインとされていたが、実際はジウジアーロの案も採用されている。ただし、部分的だったことにお冠になってしまい名前を出さなかったとされる。

 そのなかで、一部だけの例でまったく知られていないだろうクルマを紹介しよう。それがホンダの初代CR-Xで、シティカブリオレの流れで契約していたピニンファリーナの案はボツ。ただ、リヤクオーターウインドの処理だけ採用されている。ちなみにピニンファリーナからのクレームはなし。

 またジウジアーロが最後のFR、4代目カローラを担当したという説が都市伝説的に流布しているが、これは間違いということが社内デザイナーの担当とトヨタの公式サイトに記されている。

ダイハツ ハイゼット

 商用軽自動車はキャリイだけかと思ったら、1999年に登場した9代目ハイゼットもジウジアーロ作。ヘッドライトまわりにその香りが感じられるかな程度で、しかもマイナーチェンジでデザインが変更されてもいる。

日産 ブルーバード

 1963年登場の2代目ブルーバード、410型はピニンファリーナの作品。ルパン三世で銭形警部の愛車としても登場して、銭ブルの愛称もあるだけに、ピニンファリーナの作品というのは比較的有名な部類か。

スズキ SX-4

 初代はフィアットとの共同開発ということも関係してか、ジウジアーロが担当した。正確には会社としてのイタルデザイン作ではある。改めて見てみると、塊感と丸みをうまく両立させているのはさすがといったところ。

トヨタ パブリカスターレット

 パブリカが取れる前のスターレットで、イタルデザイン時代のジウジアーロの作品だが、言われてみればそうかなといったところ。大きな丸目2灯のヘッドライトとトランクまわりの処理は新鮮ではある。

ダイハツ コンパーノ

 2017年の第45回東京モーターショーに出品されて話題になったのが、DNコンパーノだ。源流は1963年に出たコンパーノで、最初はライトバンで登場して、その後、ワゴン、ベルリーナ(セダン)、そしてスパイダーと立て続けに姿を現した。

 ベルリーナやスパイダーといった呼び名からもわかるように、デザインはイタリアを大きく意識したもの。実際、今はなきビニヤーレが担当(現在、商標はフォードが所有)。派手さはないものの、面と線をうまく使った美しさにビニヤーレらしさが感じられる。

 デザインというのは抽象的なものだし、スケッチがそのまま実車になるわけでもないことが、カロッツェリアのオーラが感じられない理由だったりする。また、今ではスケッチやレンダリングというとデジタルも駆使した、壮大なものだったりするが、1990年代までのスケッチは、サインペンで描いたお絵描き的なものというのが実際。

 そうなると、メーカー側でモデラーが入り込む余地があるし、「カロッツェリアに頼んでもあまりいいデザインが上がってこず、結局社内の案が採用されている」という声も聞かれるほど。日本車とカロッツェリアの求めるものの違いはあるのだろうが、いずれにしてもデザインというのは難しいものである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します