現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「日産はスカイラインをあきらめません」の回答がコレか!? インフィニティ・ビジョンQ50に期待しかない!

ここから本文です

「日産はスカイラインをあきらめません」の回答がコレか!? インフィニティ・ビジョンQ50に期待しかない!

掲載 52
「日産はスカイラインをあきらめません」の回答がコレか!? インフィニティ・ビジョンQ50に期待しかない!

 この記事をまとめると

■日産は2023年10月にコンセプトモデル「インフィニティ・ビジョンQe」を初公開した

後席も使えてバカッ速って控えめに言って最高じゃないか! 国産4ドアの稀少なホットモデル4台

■ビジョンQeはインフィニティQ50(=日本名スカイライン)を示唆するモデルと予想されている

■R34型以降のスカイラインの歴史と「ビジョン Qe」の見どころを紹介する

 コンセプトモデル「ビジョンQe」はスカイラインなのか?

 2023年10月にその存在が明かされ、2024年2月にワールドプレミアされる「インフィニティ・ビジョンQe」の容姿は、次期スカイラインと無関係とは思えないものだ。当初発表されたなかには、そのクロスオーバーSUV版と思われるモデルもあったものの、ちゃんとセダンもあったので、スカイラインがSUVのみになってしまうことはなさそうで安心したファンは少なくないだろう。

 若い人にはピンとこないかもしれないが、スカイラインは中高年の日本人にとって特別なクルマだ。そのスカイラインが、2021年6月に一部新聞で開発の中止が報じられた際には、星野朝子副社長が「そのような意思決定をした事実は一切ございません。日産はスカイラインをあきらめません」と異例なまでの反応を示した。

 開発の中止が報じられるのもわからなくない。スカイラインが売れていないのは事実だ。筆者の父も愛車としていた、「ケンメリ」と呼ばれる4代目のC110型は、1972~77年に国内でじつに67万台超を販売した。

 ところが近年は、年間で1万台に遠く及んでいない。寂しい限りだが、比較してどうこういう話でもないが、とにかく昔はすごかったと認識してもらえればよいかと思う。

 スカイラインが大きな転機を迎えたのは、R34からV35になったときだ。昔ながらの雰囲気を残したR34は売れ行きが芳しくなく、打ち切りに近い形で発売から3年半という短命に終わった。そのR34が、いまやGT-Rだけでなく普通のGT系でも、驚くほどの高い相場となっているのは皮肉な話だが……。

 V35は本来、スカイラインになる予定ではなかった。ところがR34の一件を受けて、日本ではスカイラインと名のることになった。世に出るやいなや、是か非かが大いに論じられたものだが、これこそが今回のインフィニティ・ビジョンQeの始祖となる、インフィニティG35である。

 続くV36は、V35のコンセプトを踏襲する形で世に出てきた。V35には否定的な声が大きかった日本でも、V36ではそれほどでもなく、スカイラインはこれでいくという方針をあらためて見て取れたように思う。

 インフィニティQ50にEQGがラインアップされるかどうかは未定

 次のV37もV36の延長にあったことには違いないが、顔立ちがV36とだいぶ雰囲気が変わり、往年のハコスカを感じさせるものがあったのが印象的だった。

 一方で、インフィニティのバッジを付けて日本でも販売されたことは物議をかもした。日産としては、スカイラインをプレミアムブランドとして位置づけるためにインフィニティのバッジを付けたという旨のちょっと苦しい弁明をしていた。

 ところが2019年のマイナーチェンジで、日本向けのスカイラインのみ、R35GT-Rに似た専用のフェイスが与えられた。このデザインがQ50の流麗なフォルムに似合うとは思えず、個人的には歓迎しかねたのだが、日産は日本のスカイラインファンを大事にしているという意思表示、メッセージだった。

 2023年には登場から10年を迎えようというV37に、スカイラインNISMOが登場するという、思ってもなかったサプライズもあり、ファンは大いに色めきだった。

 10年も経てば次期モデルに関する情報があってもおかしくないが、スカイラインにもこれまでなかったわけではない。2018年のデトロイトショーで発表された、「インフィニティQインスピレーション」がそうだ。

 最先端の自動運転技術と可変圧縮比の「VCターボ」エンジンを搭載した次期プレミアムセダンとしており、それをもとにする市販車が2021年頃には出るのではないかという情報もあった。

 ところが、自動車をとりまく状況が急激に変わって電動化が求められ、さらにはご存じのとおりコロナ禍や半導体不足の問題が巻き起こった。本来であれば出ていたかもしれない次期インフィニティQ50=スカイラインは出直しを図ることになり、かくして出てきたのが、「ビジョンQe」だ。

 インフィニティ初となる完全BEVのコンセプトモデルであり、フラッグシップセダンらしい風格を感じさせるファストバックのスタイリングからは、前出のQインスピレーションとの共通性も見て取れる。そこに、インフィニティのBEVとしてのエッセンスが盛り込まれている。

 流麗で低くワイドなフォルムのボディは、すべて1本に集約される彫刻的なラインで構成されており、LEDで周囲を縁取った新しい大きな「ダブルアーチグリル」が目を引く。前後にインフィニティならではのゴールドに輝くデジタルピアノキーライトも印象的で、足もとにはマシンドフィニッシュのホイールが組み合わされる。

 ボディ表面で光と影が際立ち、よりゴールドのイルミネーションを引き立てているブルーとゴールドを組み合わせたボディカラーは、インフィニティの新しいビジュアルアイデンティティを反映したものだという。

 スペックについては明らかにされておらず、詳しいことはおいおい発表されていくようで、Q50=スカイラインにもBEVがラインアップされるかどうかはわからないが、ビジョンQeが見せた世界観が大なり小なり関係していることは間違いなさそうだ。

こんな記事も読まれています

全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
motorsport.com 日本版
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
月刊自家用車WEB
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
くるまのニュース
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
モーサイ
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
バイクブロス
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
月刊自家用車WEB
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
バイクブロス
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
日刊自動車新聞
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
くるまのニュース
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
VAGUE
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
motorsport.com 日本版
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
@DIME
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
バイクのニュース
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
Webモーターマガジン
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
THE EV TIMES
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

52件
  • ********
    スカイラインはR34で終わってるw
    ゴーンのせいで失望しかないNISSAN
  • kag********
    コンセプトでこんなひどいデザインできるってある意味凄いよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村