現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力

ここから本文です

ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力

掲載 4
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力

 ベストカー本誌の大人気連載「クルマ界 歴史の証人」。2024年3月26日号では3代目マーチのスポーツモデル「マーチ12SR」の開発秘話が掲載されている。そこで、マーチ12SRの現役オーナーであるベストカーWebスタッフが実際に所有して分かった魅力について語る!!

文、写真/ベストカーWeb編集部 小熊雄太

ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力

■本物志向を狙ったオーテックの秀作・マーチ12SR

日産 マーチ12SR(筆者のマイカー)。平成19年式の後期型で、色は後期型のみに設定されていた「パシフィックブルー」だ

 ベストカー本誌で連載中の「クルマ界 歴史の証人」。名車に携わった人物を数回にわたって特集する企画で、現在はR32型スカイラインなどの走りを担当した元日産自動車の中島繁治氏を特集。

 そんななか、中島氏特集の最終回となる2024年3月26日号では、旧オーテックジャパン在籍時に担当した1台「マーチ12SR」が取り上げられている。

 現在、マーチ12SRがマイカーの筆者としては「このクルマの素晴らしさを知ってもらえるチャンス!!」と思った次第。せっかくなので、珠玉の名車・マーチ12SRの魅力について語らせてほしい。

 マーチ12SRがどんなクルマか説明すると、3代目のK12型に設定されたMTのみのスポーツモデルで、2003年10月の発表後、2010年まで販売されていた。

 最近の日産のスポーツモデルがNISMOに集約された影響か、よく「NISMOバージョンだよね」と言われることがあるのだが、それは誤り。

 神奈川県茅ケ崎市に本社を構え、日産車に付加価値をつけた商品を手掛ける「オーテックジャパン(現日産モータースポーツ&カスタマイズ)」が開発を行った。なので、ステージアの260RSなどと同じ「オーテックバージョン」だと思っていただけるとよい。

 ベース車からはエンジンをはじめ足回りから車体剛性、シートやホイールなど一通りに手が加えられているのが特徴。

 特に、エンジンは1.2Lの「CR12DE」ベースに、高回転型のカムプロフィール、バルブスプリング、専用ピストン、軽量フライホイール、専用チューニングECUを採用という本気ぶり。

 2005年にはベース車のマーチがマイナーチェンジのタイミングで改良を実施。3ドアが廃止され5ドアのみになったことや、1.5LエンジンにCVTを組み合わせた「15SR-A」の追加、車体剛性や足回りの強化、エクステリアデザインが変更されたことなどがトピック。

 さらに、新たにポート研磨と専用のステンレス製エキゾーストマニホールドを採用。純正とは思えないほど官能的なマフラーサウンドが楽しめるようになった。

 このように、ポート研磨や専用ピストンなどチューニングカー級の内容なのにもかかわらず、通常の日産車と同様の長さのメーカー保証が付いていた。

 しかも、「限定生産モデル」ではなくカタログモデルとしてラインナップされていたことも、今考えると凄いことである。

■スペック以上の魅力がある!!

スペックだけを見ると大したことはないのだが、実際に乗ってみると気持ちいい走りが楽しめるのが12SRの魅力

 これだけ多くの変更内容がありながらも、ホットハッチとしては見た目が大人しいせいか「普通のマーチに毛が生えた程度じゃないの?」となかなか魅力が伝わりにくいマーチ12SR。

 しかしながら、実際乗ったら病みつきになってしまう魅力的なポイントが多くある。

 そのひとつが「コーナリングの楽しさ」。改良が加わった中期型以降でも最高出力は110psと決して高いスペックではないし、排気量は1240ccとライバル車に比べて低く、低速トルクも少ない。

 しかしながら、960kgの軽量な車体に、新車装着タイヤのブリヂストン「ポテンザRE-01R」を履きこなす強靭な足回りやボディにより、鋭いコーナリングが病みつきになる。

 エンジンはレスポンスが非常によく、途中で回転が引っ掛かることなく上までしっかり回るため非常に気持ち良い。ついついワインディングを走りたくなる楽しさを持っているのだ。

■今も愛され続ける理由

エアロパーツも専用開発で、高速道路を走ると効果が良く分かる。見た目の「ヤンチャ坊主」感も愛着が湧くポイント

 また、オーテックが12SRのために開発したエアロパーツも魅力。元々のマーチは空力特性的に決して優れたものではないが、フロントからリアにかけてエアロパーツを装着したことで、前後でダウンフォースを実現している。

 1日で500km以上走行することもあるが、直進安定性が高くステアリングがドッシリとしているため、とてもマーチを運転したとは思えないほど疲れない。

 そのうえで、マーチのシルエットを崩さない控えめなデザインである点も嬉しい。見た目は派手でなく、走りは本格的。新車で100万円台のホットハッチでありながら妥協しない「本物志向」な仕上がりが、マーチ12SRが長く愛される理由ではないだろうか。

 近年、国内外メーカーで多くのホットハッチが登場し、日産もマーチ NISMO SやノートNISMO Sを販売していたが、「ホットハッチだけど大人っぽい」というクルマで考えると、なかなか乗り換える先が見当たらない。

 それを裏付けるように、日産モータースポーツ&カスタマイズ主催で年に1度開催するオーテック車オーナー向けイベント「AOG 湘南里帰りミーティング」では、生産終了から10年以上経った今でも全国から多くのマーチ12SRが参加している(筆者も2022年、2023年に参加)。

 そんな多くのファンを抱える名車の生みの親が語った開発秘話については、ベストカー2024年3月26日号の「クルマ界 歴史の証人」に掲載されているので是非読んでほしい!!

こんな記事も読まれています

モナコGPの予選は2組に分けるべき? トラフィックに泣いたQ1敗退アロンソが提案「素晴らしいものになる」
モナコGPの予選は2組に分けるべき? トラフィックに泣いたQ1敗退アロンソが提案「素晴らしいものになる」
motorsport.com 日本版
誰が乗る!?「朝2:45の始発便」誕生のワケ ただ“日本一早い便”ではない! 超早朝便のニーズとは?
誰が乗る!?「朝2:45の始発便」誕生のワケ ただ“日本一早い便”ではない! 超早朝便のニーズとは?
乗りものニュース
スバルが「新型SUV」公開! 迫力エアロで“めちゃ速そう”な「GTエディション」! 2リッター水平対向エンジン搭載の「新クロストレック」に反響も! 比で登場
スバルが「新型SUV」公開! 迫力エアロで“めちゃ速そう”な「GTエディション」! 2リッター水平対向エンジン搭載の「新クロストレック」に反響も! 比で登場
くるまのニュース
スポーツ、クルーズ、クールさの三位一体。インディアンモーターサイクル「101スカウト」は良質なファンバイクだった
スポーツ、クルーズ、クールさの三位一体。インディアンモーターサイクル「101スカウト」は良質なファンバイクだった
バイクのニュース
トヨタ、WRC4連勝をかけて地中海の離島サルディニアへ。「岩を避けて走ることが鍵」とラトバラ代表
トヨタ、WRC4連勝をかけて地中海の離島サルディニアへ。「岩を避けて走ることが鍵」とラトバラ代表
AUTOSPORT web
航続距離約45kmアップ!! マッチも乗る水素カローラが大幅進化!! カギを握る「異形燃料タンク」とは
航続距離約45kmアップ!! マッチも乗る水素カローラが大幅進化!! カギを握る「異形燃料タンク」とは
ベストカーWeb
ベスパ『LX125』2024年モデルを発売…ミニマルでクラシックなDNAを受け継ぐ
ベスパ『LX125』2024年モデルを発売…ミニマルでクラシックなDNAを受け継ぐ
レスポンス
新型クラウン第5の刺客 「クーペ」を発売することの意義とブランド価値
新型クラウン第5の刺客 「クーペ」を発売することの意義とブランド価値
ベストカーWeb
スズキ「スイフト」で3ナンバーを取得した理由とは? カスタム沼にはまったのはオートバックスでの出会いがはじまりでした
スズキ「スイフト」で3ナンバーを取得した理由とは? カスタム沼にはまったのはオートバックスでの出会いがはじまりでした
Auto Messe Web
EVの中古はバッテリーの劣化が心配……は10年前の情報を元にした論調! いまやバッテリーの劣化対策も進んでいた!!
EVの中古はバッテリーの劣化が心配……は10年前の情報を元にした論調! いまやバッテリーの劣化対策も進んでいた!!
WEB CARTOP
角田裕毅、ミディアムで11番手「良い初日。ブレーキングに改善の余地はあるが、ペースはいい」/F1モナコGP
角田裕毅、ミディアムで11番手「良い初日。ブレーキングに改善の余地はあるが、ペースはいい」/F1モナコGP
AUTOSPORT web
ハース痛恨! モナコGPの予選失格。新しいリヤウイングに違反見つかり、最後尾からの決勝スタートに
ハース痛恨! モナコGPの予選失格。新しいリヤウイングに違反見つかり、最後尾からの決勝スタートに
motorsport.com 日本版
マッチこと近藤真彦氏がトヨタ新「GRカローラ」で走った! 「トヨタと日産の壁なく参加」 液体水素エンジンの進化もスゴかった!?
マッチこと近藤真彦氏がトヨタ新「GRカローラ」で走った! 「トヨタと日産の壁なく参加」 液体水素エンジンの進化もスゴかった!?
くるまのニュース
「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
motorsport.com 日本版
テインの純正互換ショック「EnduraPro」シリーズにシエンタHVなど5車種の適合が追加
テインの純正互換ショック「EnduraPro」シリーズにシエンタHVなど5車種の適合が追加
レスポンス
岡山で最大級EVイベントを開催! 最新EVを体験 5月26日
岡山で最大級EVイベントを開催! 最新EVを体験 5月26日
レスポンス
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
くるまのニュース
航続距離が短い電動バイクって不便? 意外と大丈夫?
航続距離が短い電動バイクって不便? 意外と大丈夫?
バイクのニュース

みんなのコメント

4件
  • ネイトン
    名車だな
  • まほほん
    これは見た目が普通のマーチとほぼ同じだから
    変な目で見られにくいと思う。他の車、例えば
    コルトラリーアートやブーンX4は見た目に力が
    入りすぎている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

3.8254.0万円

中古車を検索
マーチの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

3.8254.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村