現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル「新型フォレスター」“米”で初公開! 日本仕様はどうなる!? いつ導入!? 6年ぶり全面刷新の「ミドルサイズSUV」はどんなクルマ?

ここから本文です

スバル「新型フォレスター」“米”で初公開! 日本仕様はどうなる!? いつ導入!? 6年ぶり全面刷新の「ミドルサイズSUV」はどんなクルマ?

掲載 21
スバル「新型フォレスター」“米”で初公開! 日本仕様はどうなる!? いつ導入!? 6年ぶり全面刷新の「ミドルサイズSUV」はどんなクルマ?

■スバル新型「フォレスター」日本はどうなる?

 スバルが2023年11月中旬に開催された「2023年ロサンゼルスオートショー」で、新型「フォレスター」(北米仕様車)を世界初披露しました。

【画像】超カッコイイ! スバル新型「フォレスター」を 画像で見る(30枚以上)

 新型は、グリルと左右のヘッドライトがつながったような力強いデザインが採用されています。

 エンジンは、最高出力170馬力の2.5リッター水平対向4気筒エンジン。もちろん4WDで、シチュエーションによって最適な制御を行う「X-MODE」を採用。ほかにも2ピニオン電動パワーステアリングに電動ブレーキブースター、そしてフルインナーフレーム構造のボディ、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ、3眼となった最新のアイサイトが搭載されています。

 また、19インチのアルミホイールにリヤバンパー下に足を入れると自動で開閉するバックドア、そしてハーマンカードンのプレミアムオーディオ、開閉式のパノラミック・ムーンルーフなども用意されています。

 とはいえ、これらのメカニズムの多くは、スバルの技術的フラッグシップとなる「レヴォーグ」が2020年に登場したときに採用されたもの。「レヴォーグ」で使われた技術が、新型「フォレスター」にも展開されたというような内容となっています。

 ただし、今回の発表は北米仕様車です。日本向けには、違った仕様になるはず。では、日本では、どのような仕様になるのでしょうか。

 そのヒントとなるのが、現行モデルの内容でしょう。現行「フォレスター」には、1.8リッター直噴ターボと、2リッターのハイブリッドという2つのパワートレインが使われています。駆動方式はすべて4WDです。

 そうした現状に鑑みれば、日本に投入される次世代「フォレスター」も、全グレードで4WDであるのは間違いないはず。ただし、2.5リッターのエンジンだと、これまでよりも税金が高くなってしまいます。

 それよりも、現在の「レヴォーグ」に搭載されている1.8リッター直噴ターボであれば、税金も安く、パワーも同じ180馬力。また、日本はハイブリッドの人気が高いという地域柄もありますから、現在の2リッターのハイブリッド版も継承されるかもしれません。つまり、パワートレインは現行モデルと同じ編成になると予想できます。

 次にアイサイト。これはスバルの大きな魅力となる装備ですから、当然、日本にも最新バージョンが投入されるはず。それも車格の高い「フォレスター」ですから、渋滞時のハンズオフ機能も欲しいところです。

 ほかに、ハーマンカードンのプレミアムオーディオは、現行モデルにも用意されていますから、新型でも、オプションとして存在するのは確実。同様に、19インチのアルミホイールとムーンルーフも、オプションとして入ってくる可能性は大でしょう。

 最後に気になるのは価格です。現行モデルは306~374万円。これに対して、新型はいくらになるのでしょうか。

 ここでヒントにしたいのは、新型「フォレスター」と、メカニズムの多くを共有する2020年に登場した「レヴォーグ」です。現行の「レヴォーグ」の価格は、先代よりも全体に50万円以上も上昇しています。そういう意味では、同じように新型「フォレスター」も価格アップはやむを得ないのではないでしょうか。もしも、50万円ほどのアップであれば350万円から420万円。このところのインフレを考えると、もう少し高くなる可能性もあります。実際の価格がどうなるかは、正式発表を待ちましょう。

 ちなみにスバルの現在の購入後の納車までの時間は、ほぼ全車が2か月ほど。コロナ禍による生産の乱れは、現在は収まっているようです。新型「フォレスター」も、急いで申し込めば、それほど長く待たずとも手に入りそうな気配。欲しい人は、大急ぎでディーラーに相談してみるのが良いでしょう。

こんな記事も読まれています

【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web

みんなのコメント

21件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8398.0万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村