現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた

ここから本文です

話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた

掲載 13
話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた

新型車比較・ライバル車対決 [2023.12.01 UP]


話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた
 11月16日、ホンダの新型SUV「WR-V」が公開された。先行特設サイト(https://www.honda.co.jp/WR-V/new/)が公開され、そのスタイリングが確認できる。ホンダには、すでにZR-V、ヴェゼルというコンパクトSUVが存在するが、今回はこれらに加えてWR-Vが加わっている。WR-Vはどのようなポジションなのか、一見するとややわかりにくいと感じるひともいるだろう。ここではWR-Vに近い存在のヴェゼルと比較しつつ、その概要を紹介していきたい。

人気も実力も文句なし!「買い時コンパクトSUVベスト4」


ホンダ WR-Vってどんなポジションなの?

WR-V
 ホンダ WR-Vは、インドで販売されているコンパクトSUV「エレベイト」を日本向けに仕立てたモデルである。コンパクトなボディと力強いデザインは、日本でも需要を見込めると判断され、晴れて日本でも発売が決定した。ホンダのSUV(日本市場向け)は、2022年12月にCR-Vが生産終了したため、現在はZR-Vとヴェゼルのみ。そのなかでもヴェゼルはボディサイズが近く、身近なライバルとなる。なお、WR-Vの発売は2024年春なので、もう少しだけ先となりそうだ。


昔ながらの無骨なデザインのWR-V

WR-V
 ボディサイズを比較すると、全長および全幅はヴェゼルとほぼ同サイズ。しかし全高は、ヴェゼルの1580mmに対し、WR-Vは1650mmと高めとなっている。ヴェゼルは都会的なクロスオーバー志向が強いが、WR-Vはクロカン的なデザインを目指したのが大きな違い。これは外観デザインにも表れており、タフネスさを強調したフロントグリルが大きな特徴だ。特に最上級の「Z+」グレードでは、ベルリナブラックのフロントグリルやシャープシルバー塗装のルーフレールガーニッシュ、ドアロアーガーニッシュ、クロームメッキドアハンドルなどのアクセントが施されており、力強い外観に仕立てられる。


ヴェゼル
WR-Vヴェゼル全長4325mm4330mm全幅1790mm1790mm全高1650mm1580mm
クラストップレベルの居住性を誇るWR-V

WR-V
 ホイールベースを比較すると、ヴェゼルの2610mmに対し、WR-Vは2650mmと40mmも長い。全高が高いこともあり、ヴェゼルよりも室内空間は広々としている。これは同セグメントのSUVのなかでもとりわけ広い。また、ラゲッジルームは458Lとクラストップレベルの値を誇り、スーツケース4個、ゴルフバッグ2個を収納可能。使い勝手もヴェゼルを上まわっている。


ヴェゼル
 また、WR-Vのインパネまわりはブラックで統一され、スポーティさを感じさせる。上級グレード「Z」と「Z+」では、プライムスムース×ファブリックのコンビシート、本革巻ステアリング&セレクトレバー、7インチTFIメーターなどで質感が高められている。


静粛性はハイブリッドのヴェゼルが有利

ヴェゼル(パワートレイン)
 パワートレインを比較すると、WR-Vは1.5L 直4を搭載するのに対し、ヴェゼルは1.5L 直4のほか、1.5L 直4ハイブリッド(e:HEV)も設定される。またWR-Vには4WD車が設定されない。燃費や静粛性にこだわるならヴェゼルのほうがおすすめだが、シンプルなガソリン車として使うならWR-Vでも十分だろう。


両者とも先進装備が充実

WR-V
 WR-V、ヴェゼルともにホンダセンシングを導入しており、どちらも安全性は抜かりなし。具体的には、急アクセル抑制機能を導入し、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を予防する。そのほか、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、誤発進抑制機能、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線維持支援システム(LKAS)などが盛り込まれている。


価格はヴェゼルよりも手頃な250万円以下

WR-V

ヴェセル
 WR-Vの価格は現段階で公開されていないが、250万円以下のコンパクトSUV市場に投入されるという。ヴェゼルの新車価格帯は239万9100円~341万8800円だから、それよりもさらに下の価格帯。他社のライバルでいえば、トヨタ ライズに近いプライスとなるようだ。リーズナブルで実用性の高いコンパクトSUVとして、ホンダ WR-Vは魅力ある選択肢となりそうだ。発売の2024年春が待ち遠しい。


ほかにもこんな記事が読まれています
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/by-vehicle-type-information/207766/https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/by-vehicle-type-information/207847/https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/by-vehicle-type-information/207857/

こんな記事も読まれています

2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「ミアータ」登場! 「GT」仕様アリの「コンパクトスポーツカー」“540万円超え”に嘆きの声も…米に登場
2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「ミアータ」登場! 「GT」仕様アリの「コンパクトスポーツカー」“540万円超え”に嘆きの声も…米に登場
くるまのニュース
STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
レスポンス
基本骨格はほぼ同じ……なのにハリアーがクラウンスポーツに一体感が劣るワケって? トヨタのプレミアムSUVを直接比較
基本骨格はほぼ同じ……なのにハリアーがクラウンスポーツに一体感が劣るワケって? トヨタのプレミアムSUVを直接比較
ベストカーWeb
タイヤの平均価格が前年同月比で8%、店頭では7%、ネットで10%上昇
タイヤの平均価格が前年同月比で8%、店頭では7%、ネットで10%上昇
@DIME
3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
レスポンス
「最も多い違反」&「最も反則金が高い違反」って何? 最新「違反取締り状況」から見えた「意外な現状」とは
「最も多い違反」&「最も反則金が高い違反」って何? 最新「違反取締り状況」から見えた「意外な現状」とは
くるまのニュース
自動車アフターマーケットの展示会「IAAE2024」、東京ビッグサイトで開幕 過去最大の418社・団体が出展
自動車アフターマーケットの展示会「IAAE2024」、東京ビッグサイトで開幕 過去最大の418社・団体が出展
日刊自動車新聞
バイクとクルマのいいとこどり! おきがるトライク「APtrikes125」2024年モデルが発売!
バイクとクルマのいいとこどり! おきがるトライク「APtrikes125」2024年モデルが発売!
バイクブロス
アルピーヌ、F1開幕戦は”予想通り”の後方フィニッシュ。18位ガスリー「皆で団結している。辛抱強くあることが必要」
アルピーヌ、F1開幕戦は”予想通り”の後方フィニッシュ。18位ガスリー「皆で団結している。辛抱強くあることが必要」
motorsport.com 日本版
旧車趣味に必要なものはガレージにパーツに……ってそれだけじゃ維持できない! じつは「主治医」が何よりも大切だった
旧車趣味に必要なものはガレージにパーツに……ってそれだけじゃ維持できない! じつは「主治医」が何よりも大切だった
WEB CARTOP
スーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。GT300は年間エントリーより2台少ない25台の参加に
スーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。GT300は年間エントリーより2台少ない25台の参加に
motorsport.com 日本版
320馬力×6速MTだと!? ホンダ新型「超速ハッチバック」登場! めちゃ戦闘力強化された「インテグラ タイプS」に「ほしい」反響多数
320馬力×6速MTだと!? ホンダ新型「超速ハッチバック」登場! めちゃ戦闘力強化された「インテグラ タイプS」に「ほしい」反響多数
くるまのニュース
F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
motorsport.com 日本版
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
レスポンス
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
くるまのニュース
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
VAGUE
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
ベストカーWeb

みんなのコメント

13件
  • ara********
    ちょうどインド車欲しいなって思ってたので助かります
  • KAMEINO
    ここのコメント欄はいつも誹謗中傷ばかりで低次元な奴らばかりなので一切参考にしてない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.9261.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

64.4381.8万円

中古車を検索
ヴェゼルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.9261.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

64.4381.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村