現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【200万円台でベンツBMW買うならどれ!?】 いま「買い」のオススメ輸入車 5選

ここから本文です

【200万円台でベンツBMW買うならどれ!?】 いま「買い」のオススメ輸入車 5選

掲載 更新
【200万円台でベンツBMW買うならどれ!?】 いま「買い」のオススメ輸入車 5選

「輸入車は価格高め」。クルマ好きならずとも、なんとなくイメージできることかもしれない。

 でも、中古車なら憧れのあのクルマに、しかも200万台でも手が届くかもしれない!? ということで、安くて日々の足としても申し分のないオススメ輸入車5台をピックアップ(一部新車も含む!)。

【C-HR ハリアー セレナを200万円以下で!!】 厳選! 現行人気モデルの中古車 8選

 選んでもらったのは、現在はBMW330e、ボルボXC60、スバル360など7台を所有し、これまでの車歴は70台を超える自動車ジャーナリストの国沢光宏氏だ。

(新古車ってなんだ? という方はこちらの記事をご参照ください!)

※本稿は2019年5月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号

■メルセデス ベンツ CLA

「とりあえず乗ってみたい輸入車」といえば、ベンツとBMWが2トップだと思う。ということでベンツからいきましょう。お薦めは圧倒的に「新古車」(最近は「登録済み新車」と呼ばれる)。

CLAの新車価格は400万円オーバーだが、ディーラー使用だけで数千km走行の新古車なら280万~300万円程度で出回っている

 特にベンツの場合、在庫整理のため新古車の発生多く、しかもお買い得。もちろん新車の値引きだって大きいのだけれど、今回「200万円台の新車か新古車」ということなので、必然的に新古車になります。

 ベンツにもBMWにもいえるコトながら、濃い味を持っているのは後輪駆動車。クルマ通じゃなければCLAというチョイスも悪くないけれど、できればCクラスをプッシュしておく。

 自動ブレーキに代表される安全デバイスだって後輪駆動のほうが高い性能を持つし。

 とはいえ、200万円台であればCLAの新古車となる。

 ベンツなら何でもいいというなら面白いチョイスかと。

[usedcar-search carname="CLAクラス" limit="2"]

■BMW 118d

人気のディーゼルターボ搭載の118d。新車で300万円台中盤のモデルが、新古車なら290万円程度で探せる

 BMWは3シリーズがフルモデルチェンジしたため、200万円台だと先代型になってしまう。ということから、118dなどいかがだろうか。シャシーは旧世代の3シリーズであり、BMWの味を持っている。燃費もよく、毎日の足として使うのも悪くない。

 ただ室内が少しばかり狭い。後輪駆動にこだわらなければ広いキャビン持つ218dなんかいかがでしょう。

[usedcar-search-2 carname="1シリーズ" limit="2"]

■ルノーカングー

 クルマ通にお薦めしたいのがルノーカングー。このクルマ、日産向けにOEMしてほしいと思うくらい面白い。新車価格もフル装備で249万円だからリーズナブルだ。

車内が広く、スライドドアで便利なハイトワゴン。新車価格は249万9000~259万9000円

 もともと商用車として開発されたためラゲッジスペースは広大。1.2Lターボながらマニュアル車を選べば案外元気よく走ってくれます。輸入車に珍しいスライドドアなので、小さい子どものいるファミリーにも向く。

[usedcar-search-3 carname="カングー" limit="2"]

■シトロエン C3

 私が真剣に購入を考えたのはシトロンC3。3気筒1.2Lターボ+6速ATというパワーユニットを搭載し、過不足なく走ってくれます。それでいて燃費よし! 毎日の足として使うなら最高でしょう。

シトロエンのオシャレでユニークな新世代デザインが魅力的。新車価格は219万~245万円

 加えてシトロエンのWRカーのベースモデルというあたりがラリー好きとしちゃ嬉しい。新古車なら諸費用込みで230万円あれば買えちゃうからお手頃です。

ボルボ S60

 最後はギリギリ現行モデルということでボルボS60を挙げておきたい。このクラスでディーゼルエンジン搭載してるモデルが新古車なら200万円台なのだからステキです。

クラシックのD4またはT3の走行距離が数十kmの新古車が290万円程度で出回っている

 キャビンスペースも「見た感じの質感」も自動ブレーキなどの安全装備もすべて満足できるレベル。新型S60が発売される前のセールなら、面白い買い物になると思う。チョイ乗りが多い人ならガソリンのT3など快適かと。


◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

こんな記事も読まれています

TARO’S WORKSがトラックタイヤ用トルク管理ソリューションを提案予定…IAAE 2024
TARO’S WORKSがトラックタイヤ用トルク管理ソリューションを提案予定…IAAE 2024
レスポンス
留任か更迭か。内部調査を受けるホーナー代表に起こり得る3つのシナリオと、レッドブルF1への影響
留任か更迭か。内部調査を受けるホーナー代表に起こり得る3つのシナリオと、レッドブルF1への影響
AUTOSPORT web
【このM3 Evoなんぼ?】見るからに厳つい「BMW M3 Evo(E30)」 そのスポーティさこそがBMWのDNAだ!
【このM3 Evoなんぼ?】見るからに厳つい「BMW M3 Evo(E30)」 そのスポーティさこそがBMWのDNAだ!
AutoBild Japan
【ハーレー】「ハーレーダビッドソン福岡」が移転し3/2グランドオープン
【ハーレー】「ハーレーダビッドソン福岡」が移転し3/2グランドオープン
バイクブロス
詳細待ちきれない!ホンダ「新型スポーツハッチバック」6速MTめちゃ速仕様!? 反響続々「RS」2024年秋発売に向けて爆期待
詳細待ちきれない!ホンダ「新型スポーツハッチバック」6速MTめちゃ速仕様!? 反響続々「RS」2024年秋発売に向けて爆期待
くるまのニュース
クルマと比べてバイクにはどんなメリットがあるのか?
クルマと比べてバイクにはどんなメリットがあるのか?
バイクのニュース
アウトドアを全力で楽しむ:スバル・フォレスター「ブーストギア」パッケージ…東京オートサロン2024
アウトドアを全力で楽しむ:スバル・フォレスター「ブーストギア」パッケージ…東京オートサロン2024
レスポンス
隣の「ジムニー」が小さく見えるスズキ「エブリイ」発見! 10インチリフトアップの本格アウトドアな1台のカスタムとは
隣の「ジムニー」が小さく見えるスズキ「エブリイ」発見! 10インチリフトアップの本格アウトドアな1台のカスタムとは
Auto Messe Web
先代で極めたスポーティさは苦手な人もいた!? 新型スイフトが目指したものをデザイナー陣に直撃した
先代で極めたスポーティさは苦手な人もいた!? 新型スイフトが目指したものをデザイナー陣に直撃した
WEB CARTOP
ジープは積み重ねるため!? ランクルは安全面を考慮! そんな意味があったのかと思わず膝を打つ「クルマの形状」3つ
ジープは積み重ねるため!? ランクルは安全面を考慮! そんな意味があったのかと思わず膝を打つ「クルマの形状」3つ
WEB CARTOP
パトカーや救急車が後ろから近づいてきた! 焦らず避ける「シーン別」緊急車両への進路の譲り方とは
パトカーや救急車が後ろから近づいてきた! 焦らず避ける「シーン別」緊急車両への進路の譲り方とは
WEB CARTOP
トラックや除雪機などにも使用ってマジか! 最強コーティング「RAPTOR」とは【大阪オートメッセ2024】
トラックや除雪機などにも使用ってマジか! 最強コーティング「RAPTOR」とは【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?
人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?
WEB CARTOP
フィアットが次期パンダ/ティーポの試作モデルを公開、7月の 125 周年記念式典で正式発表か!?
フィアットが次期パンダ/ティーポの試作モデルを公開、7月の 125 周年記念式典で正式発表か!?
Webモーターマガジン
マクラーレン史上初のハイパフォーマンス・ハイブリッド・コンバーチブル! 「アルトゥーラ スパイダー」が発表、ハイブリッドオープンエアの刺激を新定義
マクラーレン史上初のハイパフォーマンス・ハイブリッド・コンバーチブル! 「アルトゥーラ スパイダー」が発表、ハイブリッドオープンエアの刺激を新定義
LE VOLANT CARSMEET WEB
CL250/500用「Aerovisor(エアロバイザー)車種別キット」がデイトナから登場!
CL250/500用「Aerovisor(エアロバイザー)車種別キット」がデイトナから登場!
バイクブロス
ブレンボがタイに初となる生産拠点を開設
ブレンボがタイに初となる生産拠点を開設
バイクブロス
フィアット『パンダ』次期型を示唆、コンセプトカー発表
フィアット『パンダ』次期型を示唆、コンセプトカー発表
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

617.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.0627.0万円

中古車を検索
CLAクラス シューティングブレークの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

617.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.0627.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村