現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「アウディTT」が25歳に! アウディ博物館で特別展示へ

ここから本文です

「アウディTT」が25歳に! アウディ博物館で特別展示へ

掲載 2
「アウディTT」が25歳に! アウディ博物館で特別展示へ

アウディ・ミュージアム・モービル、夏の展覧会で"TTモデル"を記念特別展示。名前の由来となった「ツーリスト トロフィー」ほか多くの車両を展示

「アウディTT」は25年前にデビューし、デザイン史にその名を刻んだ一台だ。それから四半世紀が経ち、アウディ・トラディションは「State of the ArTT」展で、この象徴的なスポーツカーを称えている。2023年7月24日(月)から9月24日(日)まで、インゴルシュタットのアウディミュージアムモービルでユニークなショーケースを見ることができる。

「脱炭素に一番近い”屋久島”」でアウディが「未来の島づくり」への参画を発表!

TTの先祖の中で、必ず展示しなければならない1台がある。1995年の「ショーカー」だ。アウディはこの年の9月にフランクフルトで開催された「IAA」で、このスタディカーを発表した。そしてすぐに、このクルマはそのまま量産されるべきだという世論が明確になり、1995年末にアウディTTクーペの生産が決定された。そして1998年、生産は開始された。

【写真6枚】TTは"最高の表面とラインを備えた、運転可能な彫刻"! 

アウディでエクステリアデザイナーを務め、この研究を量産化につなげたトルステン・ヴェンツェル氏はこう振り返る。「私たちにとって最大の賞賛は、業界紙がスタディからシリーズモデルにほとんど変更がないことを、高く評価してくれたことです。もちろんプロポーションを含め、シリーズバージョンの技術仕様のため、いくつかのディテールを変更しなければなりませんでしたが」。自らも初代TTを所有するヴェンツェル氏にとって、TTは現在も変わることなく、"最高の表面とラインを備えた、運転可能な彫刻"なのである。


アウディTTは、伝統的な名前を持つ革新的なモデルだった
インゴルシュタットに本拠を置くこの自動車メーカーは、当時、新型スポーツカーにアウディの慣例から意図的に逸脱した名前を付けた。「TT」というモデル名は、マン島で開催される伝説的な「ツーリスト・トロフィー」を彷彿とさせるものである。ネッカーズルムに本拠を置いていた自動車メーカー「NSU」は、すでに「NSU TT」によって1960年代にマン島で成功を収めたモータースポーツ・ブランドであり、アウディはこのNSUとのつながりを確立したのだ。

そして4つのリングを持つブランドは、アウディTTのネーミングに、この二重のリファレンスを用いたのである。キュレーターのシュテファン・フェルバー氏は、「夏の展示では、TTの歴史の中でも特別なモデルを展示しています。たとえば1954年の「NSU Rennfox」は、TTアルスターで優勝し、のちのNSUモデル「Quickly TT」や「NSU Prinz TT」の名前の由来となったモーターサイクルだ。この系譜を通じて、アウディTTの前身でもあり、ブランドを決定づけた革命的なモデルでもある。

こんな記事も読まれています

ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
AUTOSPORT web
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
乗りものニュース
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
くるまのニュース
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
バイクのニュース
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
AUTOSPORT web
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
AUTOSPORT web
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
AUTOCAR JAPAN
スズキの良心がつまってる!! 一家に一台なら薦めたい万能「ソリオ」の魅力と実力
スズキの良心がつまってる!! 一家に一台なら薦めたい万能「ソリオ」の魅力と実力
ベストカーWeb
バブル時代のトヨタ「マーク II」や「チェイサー」に人気が集まる! ネオクラを維持するには「ないモノは作るの精神」で
バブル時代のトヨタ「マーク II」や「チェイサー」に人気が集まる! ネオクラを維持するには「ないモノは作るの精神」で
Auto Messe Web
EVは満充電だと「回生ブレーキ」が利かなくなる!? 下り坂で注意すべき「回生失効」とは?
EVは満充電だと「回生ブレーキ」が利かなくなる!? 下り坂で注意すべき「回生失効」とは?
WEB CARTOP
【MotoGP】ホンダ・レーシング、桒田レース運営室室長が四輪部門へ異動。後任にはダカールなどで手腕発揮の本田太一氏が就任
【MotoGP】ホンダ・レーシング、桒田レース運営室室長が四輪部門へ異動。後任にはダカールなどで手腕発揮の本田太一氏が就任
motorsport.com 日本版
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
AUTOCAR JAPAN
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
くるまのニュース
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

518.0793.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8770.0万円

中古車を検索
TT クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

518.0793.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8770.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村