現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

ここから本文です

ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

掲載 更新 5
ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

 価格もサイズもリーズナブルでありながら、楽しさや趣味性も備えるコンパクトSUV。人気があるのも納得のカテゴリーだが、これからも続々と新車が登場する。お待ちかねのあのクルマから、意表を突いたあんなクルマまで、注目の最新情報をお届け!!

※本稿は2023年9月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

■ヒット間違いなしの小さな大物

第4のランクルはコンパクトサイズで登場。初期のランクルのイメージを引き継ぐモデルとなる(ベストカー編集部作成の予想CG)

 300、250、70(復活)に続く第4のランドクルーザ―として話題のランクルミニ(仮称)。以前のスクープ情報で確定的デザイン情報を掲載したところ、大反響となった。

 ランクル250をジャストサイズに縮めたかのようなデザインは大人気確実。意外と早く、2024年中には登場するとの情報が入っている。

 パワーユニットは純ガソリンエンジンとハイブリッドになるとのことで、その詳細は不明だが、排気量は1.8~2.5Lクラスが予想される。

 ボディサイズはカローラクロスの全長と全幅に、より高い全高となるイメージで、具体的には全長4500×全幅1825×全高1850mm前後。まさに日本の道にジャストのサイズ感だ。

 ランクル250では廃止となった背面タイヤを備えるなどワイルド系SUVの雰囲気を前面に押し出すランクルミニ。ランクルの名前を使う限り、当然、雰囲気だけでなく本物の悪路走破性も備えることになる。

■インドからやってくるエントリーSUV

ヴェゼルの背を高くしたサイズ感で登場。最低地上高は220mmを確保

 ホンダにも出番を待っているコンパクトSUVがある。2023年6月にインドで発表されたエレベイトがそれ。2024年春にWR-Vという車名で日本導入されるとの情報だ。

 全長4312×全幅1790×全高1650mmのサイズは、ヴェゼルより全長が18mm短く、全幅が同じで、全高は60mm高いというもの。ホイールベースは2650mmなのでヴェゼルより長く、その上のZR-V(2655mm)に近い。

 サイズだけを見ているとホンダのSUV群のなかでの位置付けが難しく思えるが、このクルマはエントリーモデル。価格も3車のSUV群のなかで最もリーズナブルなものになるだろう。

 エレベイトはインドで生産し、日本に輸入される。インドでのエンジンは121ps/14.8kgmの直4、1.5L・NAのみだが、日本市場でそれだけでは商品力として弱く、ヴェゼルと同じ1.5L・e:HEVも設定されそうだ。

 予想価格は1.5Lガソリンで220万円から、e:HEVで270万円から(ともにFF)で、4WDも用意される。インテリアの質感も高く、若年層の人気を獲得できそうなクルマである。

■コンパクトSUVもBEVの時代

スズキとの共同開発で登場するbZ1X。進化型のBEV専用プラットフォームe-TNGAで基本性能を向上させるほか、新機軸の装備も満載となる

 これからのコンパクトSUVには当然、電気自動車(BEV)も増えてくる。

 まずスズキのeVX。2023年1月にインドで世界初公開されたクルマで、スズキのBEV世界戦略車の第1弾。2025年までに市販化すると発表しており、海外市場がメインだが、日本への導入も期待される。

 サイズは全長4300×全幅1800×全高1600mmで、エスクードを少し大きくしたくらいのサイズ感。60kWhのバッテリーを搭載し、インドMIDOモードで550kmの航続距離を持つ。まず海外で発売し、日本へは2025年秋以降のデビューとなりそうだ。

 2025年にはトヨタからもBEVのコンパクトSUVが登場。スズキとの共同開発によるBEVで、bZ4Xの弟分にあたるbZ1Xとして登場することになりそうだ。

 日産からはリーフのクロスオーバー仕様が登場。2023年秋のジャパンモビリティショーに出展する予定となっている。

こんな記事も読まれています

鬼セマ“酷道”見違える変化!? 「名阪国道」と表裏一体の「非名阪」国道25号が大改良 大型も通れる…!!
鬼セマ“酷道”見違える変化!? 「名阪国道」と表裏一体の「非名阪」国道25号が大改良 大型も通れる…!!
乗りものニュース
【PA飯】首都高「八潮PA」の限定メニュー実食 「ちゃんぽん店」の「かつ丼」は「謎味」だった!?
【PA飯】首都高「八潮PA」の限定メニュー実食 「ちゃんぽん店」の「かつ丼」は「謎味」だった!?
バイクのニュース
マツダが新型「すごいロードスター」発売! 見た目変わった!? 大幅改良の反響は?
マツダが新型「すごいロードスター」発売! 見た目変わった!? 大幅改良の反響は?
くるまのニュース
【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
レスポンス
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
ベストカーWeb
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
Auto Messe Web
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
WEB CARTOP
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
日刊自動車新聞
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
レスポンス
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
くるまのニュース
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • TEI********
    もちろんGA-KやC使ってランクルの名はないでしょう、トヨタさん?
  • tmo********
    モノコックじゃねえだろうな。ランクル名乗るならちゃんとしろよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

510.0800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

888.01950.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー300の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

510.0800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

888.01950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村