現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場

ここから本文です

「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場

掲載 39
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場

■展示された謎の「コンパクトセダン」の正体は

 トヨタのタイ法人は、2023年11月30日から12月11日まで開催の「タイ国際モーターエキスポ2023」でさまざまな車両を出展しました。
 
 その中には「ユーザーの幸せを追求する商品」と銘打たれた、日本では見慣れないコンパクトセダンも展示されています。これは一体どのようなクルマなのでしょうか。

【画像】エアロ仕様もカッコいい! これがトヨタの新「小型セダン」です(49枚)

 このコンパクトセダンの名は「YARIS ATIV(以下、ヤリスエイティブ)」。2022年8月にタイで販売が開始したモデルで、日本で展開されているコンパクトカー「ヤリス」に近しい車名を持ちますが、中身は全く異なる存在です。

 日本のヤリスは2020年にフルモデルチェンジ。従来の「ヴィッツ」が4代目へと全面刷新したタイミングにあわせ、海外名として使われていたヤリスに車名変更して登場した5ドアのハッチバック。

 一方、今回タイで展示されたヤリスエイティブは独立したトランクを持つ4ドアのコンパクトセダンとなり、東南アジアの諸外国でも「ヴィオス」や「ヤリスLセダン」などの車名で展開されている海外専売モデルです。

 ヤリスエイティブのボディサイズは、全長4425mm×全幅1740mm×全高1480mm。

 これは日本で展開される「カローラセダン」よりも小さいサイズで、狭い道での取り回しの良さが伺えますが、新開発プラットフォームが採用したことでゆったりとくつろげる後部座席や使いやすいラゲッジスペースを実現しました。

 ヤリスエイティブのエクステリアは、近年欧州を中心に流行しているクーペのように流麗なファストバックスタイルが特徴。

 またフロントフェイスは大開口のロアグリルによって存在感を主張し、シーケンシャルウインカーを備えたLEDヘッドライトが先進的な印象を高めています。

 インテリアでは、合成皮革のシートやレッドステッチを採用した仕様も用意された上質な仕上がりで、9インチタッチスクリーンディスプレイや64段階調整可能なアンビエントライトを搭載し高級感も楽しめます。

 搭載するパワーユニットは全グレードとも、最高出力94馬力・最大トルク11.2kg-mを発揮する1.2リッター直列4気筒エンジンにCVTが組み合わせたもの。

 また全車速アダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールドなどの先進運転支援技術も採用されています。

※ ※ ※

 このヤリスエイティブの価格は54万9000バーツ(約230万円)から69万9000バーツ(約294万円)です。

 比較的安価に抑えた価格やデザインの良さから、もし日本で販売されても人気モデルとして支持を獲得するのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
カー・アンド・ドライバー
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
くるまのニュース
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
WEBヤングマシン
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
くるまのニュース
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
ベストカーWeb
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
ベストカーWeb
TEAM ZEROONE、2台のZニスモGT4とともに充実の体制でスーパー耐久ST-Z挑戦へ
TEAM ZEROONE、2台のZニスモGT4とともに充実の体制でスーパー耐久ST-Z挑戦へ
AUTOSPORT web
いやーよくがんばったよRVRマジで!! 国内終了でもしやアウトランダー超えの質感の持ち主エクスフォースが後継か!?
いやーよくがんばったよRVRマジで!! 国内終了でもしやアウトランダー超えの質感の持ち主エクスフォースが後継か!?
ベストカーWeb
Kids com Team KCMG、関口雄飛をチームコーディネーター兼リザーブドライバーに起用。カラーリングは一新
Kids com Team KCMG、関口雄飛をチームコーディネーター兼リザーブドライバーに起用。カラーリングは一新
AUTOSPORT web
2輪レース業界に加賀山就臣が伝えたいこと。全日本ロードで「日本の4メーカーに本気でもう1回戦ってほしい。必ず盛り上がる」
2輪レース業界に加賀山就臣が伝えたいこと。全日本ロードで「日本の4メーカーに本気でもう1回戦ってほしい。必ず盛り上がる」
AUTOSPORT web
2024年ル・マン24時間エントリーリスト発表。ハイパーカー23台、初参戦の宮田ら日本人は8名が出場へ
2024年ル・マン24時間エントリーリスト発表。ハイパーカー23台、初参戦の宮田ら日本人は8名が出場へ
AUTOSPORT web
実はオールラウンダーな仕事⁈ お客様の命を預かる重責も……知られざるディーラー整備士の一日に迫る!!
実はオールラウンダーな仕事⁈ お客様の命を預かる重責も……知られざるディーラー整備士の一日に迫る!!
ベストカーWeb
日産「減災サステナブルアワード」で最優秀賞 リーフの再生バッテリー使ったポータブル電源
日産「減災サステナブルアワード」で最優秀賞 リーフの再生バッテリー使ったポータブル電源
グーネット
もしもの備えに!HV・EVの電力で家電が使える蓄電システム「エネレッツァプラス」 京セラ
もしもの備えに!HV・EVの電力で家電が使える蓄電システム「エネレッツァプラス」 京セラ
グーネット
VW 新型EVワゴン「ID.7 ツアラー」世界初公開!航続距離は最大685km
VW 新型EVワゴン「ID.7 ツアラー」世界初公開!航続距離は最大685km
グーネット

みんなのコメント

39件
  • iju********
    もしも日本で発売されたなら、、、って、相変わらず東南アジアで発売する車をさも国内で発売するかの記事。ウンザリ。
  • けいのじ
    出た!くるまのニュースのバカの一つ覚え、謎シリーズ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村