現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい

ここから本文です

今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい

掲載 30
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい

 先日、アメリカのオークションでR34GT-Rが数千万円で落札されたネットニュースを見掛けた。R34の超高額価格には今更驚きはないが、その落札個体のグレードがN1だったことにはちょっと驚いた。そういえばN1というグレードもあったなぁと、懐かしく思い出した。今現在、R34の話題と言えば、暴騰を続ける価格についての話ばかり。たまにはそれ以外もということで、再びR34GT-Rを振り返ってみたい。

文/奥津匡倫(Team Gori) 写真/日産自動車

今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい

■R34GT-Rは1999年にギリ500万円を下回る価格で登場

18インチのタイヤが標準装着されていることも、カーボン製のリアディフューザーもデビュー当時は驚きの装備だった。純正ホイールはBBS製

 R34GT-Rは1999年(平成11年)1月、ベースモデルのR34から約半年遅れでデビューを果たした。イメージカラーは鮮やかなベイサイドブルーメタリック。

 18インチのホイール、前後のディフューザー、より大型化されたリアウイングなど、先代モデルのR33からも大きくイメージを変更。

 大きすぎると言われ続けたR33時代の反省からか、全長で75mmサイズダウンされ、好評をもって受け入れられていたような記憶がある。

 発売当初は標準車とVスペック、モータースポーツベースのN1の3グレード。

 R34はしばしば価格の高さが指摘されていたが、初期型の標準車は499万8000円とギリギリ500万円を下回っており、Vスペックでも559万8000円と、近年の流通価格を考えると安く見えてしまう値段だったのだ。

 ちなみに、標準車とVスペックは前後ディフューザーの有無、リアデフが機械式かアクティブLSDか、などの違いがあった。

■R34は第二世代GT-Rで最も売れなかったモデル……そのワケはというと

第二世代GT-Rの象徴ともいうべきRB26DETT。高性能と引き換えにした燃費の悪さがタマにキズ。環境性能はモデルライフにも影響を及ぼした

 第二世代のGT-Rとしては、もっとも高額で取引されているR34GT-Rだが、その生産台数は1万1344台とR32GT-Rの約1/4ほど。

 現役当時不人気とされていたR33でさえ16422台なので、それだけ見ると歴代No.1の不人気モデルということになるが、実情はちょっと違う。

 R32の販売期間は1989~1994年。つまり、バブル期である。一方、R34は1999年から2002年と、就職氷河期と言われていたような時代である。

 そんな時代に、高いと言われ、燃費も悪い実用性の低いクルマを買える人は残念ながら多くなかった。

 また、スカイライン自体の人気が凋落していた影響や、ミニバンなどが人気の中心となっていた時代背景もあったのだろう。

 大ヒットしたR32とは打って変わりR33は人気を落とした。その後に続いたR34も人気復権とはならず、さらに人気を落とすことに。

 GT-Rとはいえ、不人気モデルの最上級モデルでは憧れの存在になりにくかったのかもしれない。

 しかし、その台数の少なさが、今になって価格を押し上げる大きな要因となっているのは間違いない。何が起こるか分からないものである。

■意外と多かったR34GT-Rの限定車は今や不動産級のプライス

R34の最終限定モデル、ニュル。VスペックとMスペック、1000台の限定。最終ということもあってか、瞬間的に完売。今では5000万円級の超高額車になっている

 販売された台数こそ少なかったものの、R34GT-Rには限定モデルも多く存在した。

 前期モデル時代に販売されたミッドナイトパープルは色味の異なるIIとIIIがあったが、いずれも台数限定。

 また、不人気だったことから途中でカタログ落ちしたが、初期モデルには黄色や赤のボディカラーの設定も。

 限定ではなかったものの、いずれもきわめてレアな存在。その希少性が価格を押し上げる要素になっているかもしれない。

 後期型のVスペックIIやMスペックは限定モデルではなかったが、VスペックIIはカーボンボンネットを採用。

 乗り心地のよさにこだわったMスペックは専用色のシリカブレスを始め、本革シートなど専用装備も多い特別仕様。現在は限定車級の評価を受ける2モデルである。

 そして最終限定車のニュルだ。N1エンジンが搭載された1000台限定モデル。

 MスペックとVスペックIIが選べ、専用色のミレニアムジェイドも設定された。

 販売終了直後からプレミア価格となり、現在、数千万円級の超高額で取引されているのはこのニュルであることが多い。なお、ニュルスペックと呼ぶ人もいるが、公式には「ニュル」であり、スペックは付かない。

 現役時代は一番人気のR32と何かと比べられることが多かったR34。不遇の現役時代から絶版後は第二世代GT-Rを締めくくる栄光のモデルへ。重ね重ね数奇な運命である。

こんな記事も読まれています

新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
[厳選]どのグレードも素晴らしいけど 世界一のロードスター究極のグレード選び
[厳選]どのグレードも素晴らしいけど 世界一のロードスター究極のグレード選び
ベストカーWeb
ポルシェを抜いた伝説のスカイライン! 「技術の日産」の源流はプリンス自動車にアリ? 日本中が夢中になったS50系スカイラインの軌跡
ポルシェを抜いた伝説のスカイライン! 「技術の日産」の源流はプリンス自動車にアリ? 日本中が夢中になったS50系スカイラインの軌跡
ベストカーWeb
アルテッツァって名車? それとも迷車? トヨタ渾身の力作ミッドサイズセダンはなぜ1代で消えてしまった?
アルテッツァって名車? それとも迷車? トヨタ渾身の力作ミッドサイズセダンはなぜ1代で消えてしまった?
ベストカーWeb
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
ベストカーWeb
お尻良ければすべてヨシ!!? スイフト GT-R アヴェンタドール…… 魅惑のバックシャン世界選手権
お尻良ければすべてヨシ!!? スイフト GT-R アヴェンタドール…… 魅惑のバックシャン世界選手権
ベストカーWeb
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!
5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!
ベストカーWeb
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
ベストカーWeb
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
ベストカーWeb
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
ベストカーWeb
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
ベストカーWeb
コロナはオッサングルマなんかじゃない! むしろセリカより上? GT-TRを名乗った7代目がスパルタン過ぎた!
コロナはオッサングルマなんかじゃない! むしろセリカより上? GT-TRを名乗った7代目がスパルタン過ぎた!
ベストカーWeb
ヴェゼルサイズなのに3列ってマジか!! 早すぎた2代目クロスロードこそ今ホンダに欲しい車種じゃね!?!?
ヴェゼルサイズなのに3列ってマジか!! 早すぎた2代目クロスロードこそ今ホンダに欲しい車種じゃね!?!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

30件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村