サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 独創的なデザインは評価できるのに何かかが物足りない、マツダのクロスオーバーSUV「MX-30 EV」

ここから本文です

連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 2020年に発表されたマツダのクロスオーバーSUV「MX-30」のEV(電気自動車)版として、新たに発売されたのが「MX-30 EV MODEL」だ。「MX-30」には外観上の特徴となっている観音開きドアをはじめ、近年のマツダが標榜してきた「魂動デザイン」とは、少しスタンスを横にずらした新しい造形が施され、存在感を示している。

高光沢カーボンファイバーでスポーティーに磨きをかけたベントレーのスポーツセダン「フライングスパー」の新スタイリングスペック



 背も少し高めで、実用面でも目配せが効いている。もっと背の高いSUVだと立体駐車場に収まらなかったり、乗り降りが大変だと感じるような人にとっては、ちょうどいいサイズ感だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン